Article

        

モバP「アイドルの髪の毛を触ってみたい」

2018/ 11/ 24
  • タグ:千川ちひろ 渋谷凛 佐城雪美 橘ありす ◆yz988L0kI

  •                  
    シンデレラガールズ 目次

    1 : ◆yz988L0kIg : 2014/02/14(金) 23:51:49.19 ID:0JhaQdBQO

    モバP「アイドルの髪の毛を触ってみたい」

    ちひろ「はぁ……」

    モバP「髪は女の命って言いますよね?」

    ちひろ「はい」

    モバP「女性アイドルたるもの女の命である髪に気を使って然るべきなんで
    す」
    ちひろ「そうですね」

    モバP「つまり! アイドルがきちんと髪の毛のケアをしているかどうか! チェックする必要があるんです!」

    ちひろ「それならトレーナーさんにお願いしましょう」

    モバP「えっ…あっ……」

    ちひろ「一応連絡入れときますねー」

    モバP「待ってください」ブチィッ

    ちひろ「うわっ! 電話線引きちぎらないでくださいよ!!!!」

    モバP「ただでさえ忙しいトレーナーさん達に迷惑をかけるわけにはいきません! ここは僕が一肌脱ぎましょう!!」

    ちひろ「もう勝手にしてください。 壊れた電話の弁償代、給料からひいときますからね」

    モバP「あっ、はい……」

    ちひろ「それじゃぁ私、用事ででかけますから。 くれぐれもアイドルに変なことしちゃだめですよ!」

    モバP「はーい」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1392389509

    2 : ◆yz988L0kIg : 2014/02/14(金) 23:53:13.52 ID:0JhaQdBQO

    ――――――――――

    モバP「触りたい、とは言ったもののアイドルが居なくてはどうしようもないなぁ」

    モバP「誰か帰ってこないかな~」

    ガチャッ

    モバP「おっ、誰か帰ってきた! おかえり!」

    凛「ただいま。 あれ、ちひろさんは?」

    モバP「あぁ、出かけちゃったよ。 何か用事?」

    凛「ううん。……そっか、じゃぁ今は私とプロデューサーだけなんだね」

    モバP「あぁ」

    モバP(そうか二人っきりか! 今が絶好のチャンスだ!!)

    モバP「凛! 頼みがあるんだ!」

    凛「えっ、なっ、何? そんな急に改まって」

    モバP「髪の毛を触らせてくれ!」

                
    PICK UP!

    3 : ◆yz988L0kIg : 2014/02/14(金) 23:53:48.28 ID:0JhaQdBQO

    凛「えっ、か、髪の毛?」

    モバP「凛の髪の毛さ、さらさらしてるし艶もあるしすっごく綺麗でさ」

    凛「そ、そんなに褒めないでよ///」

    モバP(よし照れてる! これはいけるぞ!!)

    モバP「な? いいだろ?」

    凛「やだ」

    モバP「えっ?」

    凛「ごめんねプロデューサー、それはちょっと」

    モバP「えっ、なんでなん?」

    凛「プロデューサー、動揺し過ぎて大阪弁になってるよ」

    モバP「それは今いいんだ。どうしてなんだ」

    凛「別にプロデューサーに触られたくないとかじゃないんだけど……とにかく頭はだめ!」

    モバP「そうか……なんか済まなかったな……」

    凛「気にしなくていいよ。 私出かけてくるから」タタタッ

    モバP(すごい速さで行ってしまった。もしかしたら嫌われてしまったのか?)

    4 : ◆yz988L0kIg : 2014/02/14(金) 23:55:01.51 ID:0JhaQdBQO

    雪美「モバP……大丈夫だよ……」ナデナデ

    モバP「うわっ、雪美。 いつから居たんだ?」

    雪美「……さっき…から」

    モバP「俺、凛に嫌われちゃったかなぁ……」

    雪美「ううん……………私も……凛の気持ち……わかる………」

    モバP「やっぱ髪の毛触られるのは嫌か」

    雪美「うん……でも……モバP……嫌いじゃない……」

    モバP「それならいいんだけど」

    雪美「髪……いたずら……ね………?」

    モバP「ま、よくわかんないけど髪の毛のことは忘れよう!」

    雪美「………ふふっ………いいこ……」ナデナデ

    モバP「雪美、頭撫でてくれるのは嬉しいけど机の上に立っちゃダメだぞ」

    雪美「…………」コクッ

    モバP「もうそろそろ仕事の時間だな、いくぞ雪美」

    雪美「………うん」




    5 : ◆yz988L0kIg : 2014/02/14(金) 23:55:30.24 ID:0JhaQdBQO

    ――――――――――楽屋

    凛「……ってことがあってさぁ、危うく触られるところだったよ」

    ありす「それは大変でしたね」

    凛「うん、ただあれからプロデューサーに会いづらくてさ」

    ありす「仕方ありませんよ、嫌われたと思うのが自然ですから」

    雪美「大丈夫………私が………言っておいたから……」

    凛「えっ? まさかあのこと言っちゃったの?」

    雪美「かくかく……じかじか……」

    凛「あ、そこは伏せておいてくれたんだ。 ありがと雪美」

    雪美「……」ブイッ




    6 : ◆yz988L0kIg : 2014/02/14(金) 23:56:09.68 ID:0JhaQdBQO

    ――――――――――事務所

    モバP「クシュンッ」

    ちひろ「風邪ですか?」

    モバP「いえ健康ですよ! もしかしたら誰かが噂してるのかも」

    ちひろ「今頃アイドルたちがモバPさんをセクハラで訴える準備をしてるんでしょうね」

    モバP「えっ……えぇ……」シュン

    ちひろ(おかしい、普段ならもっと激しく反論するのに)

    ちひろ「ど、どうしちゃったんですか?」

    モバP「実は先日凛に髪の毛を触らせてくれって頼んだら断られまして……」

    ちひろ「えっ、頼んだんですか……」

    モバP「はい、どうしても欲求が抑えられなくて……」

    7 : ◆yz988L0kIg : 2014/02/14(金) 23:56:50.79 ID:0JhaQdBQO

    ちひろ「はぁ……」

    モバP「あれ以来凛とはたまたまスケジュールの都合上顔を合わせてませんがどうにも顔を合わせづらくて」

    ちひろ「ん~、別に凛ちゃんはモバPさんのこと嫌ってるわけじゃないと思いますよ」

    モバP「そうだといいんですけど……」

    ちひろ「ほら、頭が敏感な人とかは気を許している間柄でも触られるの嫌がりますし!」

    モバP「えっ?今なんて?」

    ちひろ「だから、頭が敏k……あっ……」

    モバP「なるほど」

    ちひろ「いや、今のは冗談ですよ?ちゃんとセットした髪を誰かに触られるのが嫌なだけだと思います!!」

    モバP「なるほどなるほどなるほどなるほどなるほどなるほどなるほど」

    ちひろ(うわぁ……目が完全にイッてるよ……)

    モバP「なるほどなるほどなるほどなるほどなるほどなるほどなるほどなるほど」

    ちひろ(凛ちゃんごめん、逃げて)

    モバP「……そういうこともあるんですね、ちひろさんありがとうございます!」




    8 : ◆yz988L0kIg : 2014/02/14(金) 23:57:16.64 ID:0JhaQdBQO

    ――――――――――

    凛「クシュンッ」

    雪美「凛……大丈夫……?」

    凛「うん。 でもなんか急に寒気が」

    ありす「最近は冷え込みますからね。 気をつけてください」

    凛「ありがと。 さ、そろそろ出番だね。 いこ!」

    ありす「はい!」

    雪美「……」コクッ

    9 : ◆yz988L0kIg : 2014/02/14(金) 23:58:04.64 ID:0JhaQdBQO

    ――――――――――

    凛「クシュンッ」

    雪美「凛……大丈夫……?」

    凛「うん。 でもなんか急に寒気が」

    ありす「最近は冷え込みますからね。 気をつけてください」

    凛「ありがと。 さ、そろそろ出番だね。 いこ!」

    ありす「はい!」

    雪美「……」コクッ

    10 : ◆yz988L0kIg : 2014/02/14(金) 23:58:51.26 ID:0JhaQdBQO

    ―――――数日後

    モバP「先日の雑誌の完成品が送られてきたぞ」

    ありす「見せてください」

    モバP「ううん、ありすは可愛く写ってるなぁ」

    ありすのその口調とは裏腹な少し明るい黒髪。

    その後ろ髪をまとめている青いリボンが揺れる。

    モバPの右腕は恐る恐る、それでも確実に黒に手を伸ばす。

    リボンをかわし、耳の上あたりからゆっくりと肩にかけて髪を撫でる。

    ありす「あっ、うぁ……」

    モバP「あ、ありす?」

    ありす「す、すみません。 凛さんも雪美ちゃんも、綺麗に写ってますね!」

    モバP(もしかしてありすも”感じる”タイプなのか?)

    凛「……」ジーッ

    モバP(うわ、凛めっちゃこっちみてる)

    11 : ◆yz988L0kIg : 2014/02/14(金) 23:59:17.70 ID:0JhaQdBQO

    ありす「モバPさん?」

    モバP「あ、すまん」

    ありす「すごく難しそうな顔してましたけど。 この写真、何か問題ありましたか?」

    モバP「いや、素晴らしいよ。 やっぱりありすは可愛いなぁ」

    今度は、髪と同じような栗色の目をしっかりと見つめたまま、ゆっくりと髪に手を伸ばす。

    ありすは覚悟したかのようにゆっくりと目をとじる。

    今度は軽く、叩くように、頭に数回、触れる。

    ありす「あぁ…」

    モバP(やっぱりそうだ、なんてったってメスの顔してるもん)

    ありす「モ、モバPさん! 急に変なことしないでください!」

    12 : ◆yz988L0kIg : 2014/02/15(土) 00:00:27.31 ID:NhbXxraiO

    モバP「ごめんごめん、ついついありすが可愛くて」

    ありす「べ、別に構いませんけど……その……あんまりするのはやめてください……」

    凛「じーっ」

    雪美「凛も……されたい……?」ボソッ

    凛「っ!? 雪美、急に後ろから話しかけないでよ」

    雪美「ふふっ……」トコトコ

    モバP「おっ、雪美も見たいか?」

    雪美「………うん」

    モバP「ほらここ、雪美の可愛さがよく出てるよなぁ」

    無邪気に雑誌を覗きこむ宇宙の色をした髪の覗きこむ、だんだん、吸い込まれる。

    その光をも逃さぬ暗黒の超重力に、腕が、吸い込まれる。

    雪美「…………ふふっ」

    モバP(ん? 雪美は別に感じないのかな)

    13 : ◆yz988L0kIg : 2014/02/15(土) 00:01:17.09 ID:NhbXxraiO

    雪美「モバP……もっと……」

    今度は、雪美の瞳に、腕が、吸い込まれる。

    頭頂部に近いところに手を着地させ、徐々に天の川を下る。

    雪美はゆっくりと目を閉じて、手の感覚に身を委ねる。

    手が離れると共に、ゆっくりと、目を開く。

    雪美「モバP……私……これ……いい」ウットリ

    モバP(すごい、10歳でもうこんな表情できるんだ……)

    モバP(それにしても雪美の髪はさらさらで本当に吸い付くみたいだ)

    モバP「宇宙だ……」

    凛「ねぇ、その私にも雑誌見せてくれる?」

    モバP「あぁ、すまん」ヒョイッ

    凛「ま、悪くないかな」




    14 : ◆yz988L0kIg : 2014/02/15(土) 00:02:36.84 ID:NhbXxraiO

    ―――――翌日、事務所にて

    凛「あれ? ちひろさん、プロデューサーは?」

    ちひろ「あぁ、出かけちゃったわよ。 何か用事?」

    凛「ううん」

    ちひろ「凛ちゃん、最近モバPさんに変なことされなかった?」

    凛「えっ? いや、何もされてないよ?」

    ちひろ(よかった、まだ魔の手は伸びてなかったんだ)

    凛「なんかあったの?」

    ちひろ「ううん、なんでもないの。 変なこといってごめんね」

    凛「そう……」

    ちひろ「あっ、凛ちゃん私でかけるから留守番頼める?」

    凛「いいよ、どうせ今日は何も予定ないから」

    ちひろ「じゃ、お願いね。 いってきまーす」

    凛「いってらっしゃーい」

    15 : ◆yz988L0kIg : 2014/02/15(土) 00:03:50.51 ID:NhbXxraiO

    ありす「おはようございます」

    雪美「おはよう……ございます……」

    凛「おっ、ありすちゃん雪美ちゃんおはよー」

    ありす「あ、凛さんおはようございます。 他の人は?」

    凛「皆出かけたよ」

    雪美「事務所……静か……」

    凛「うん、だから私が留守番してるんだ」

    ありす「そうだったんですか」

    凛「………………あのさ」

    ありす「はい」

    凛「プロデューサーに頭触られて大丈夫だった?」

    16 : ◆yz988L0kIg : 2014/02/15(土) 00:04:49.82 ID:NhbXxraiO

    ありす「気持ちよかったですよ」

    凛「えっ?」

    ありす「プロデューサーの手つき、最高ですね」テカテカ

    凛「そ、そう……」

    ありす「凛さんも一度体験してみたほうがいいですよ!」テカテカ

    雪美「モバP……撫でるの……気持ちいい……」ウットリ

    凛「いや、私はいいかな……」

    ありす「そんな! もったいないですよ!!」

    凛「あ、ありすちゃんそんな迫ってこないで」

    ありす「あっ、すいませんつい……」

    雪美「でも……凛……前にじっと見てた……」

    凛「えっ、そっ、そうかなっ?」

    ありす「やっぱり、撫でられたいんですか?」

    凛「そんなことないよ」

    ガチャッ

    17 : ◆yz988L0kIg : 2014/02/15(土) 00:05:27.89 ID:NhbXxraiO

    モバP「ただいまー」

    ありす「あっ、おかえりなさーい」トコトコ

    雪美「……おかえりなさい」トコトコ

    モバP「ん? そんなよって来ても仕事だからおみやげはないぞ」

    ありす「そんなもの最初から期待してません。ご安心ください」

    モバP「そうか。 もしかして寂しかったか?」

    ありす「別に、そういうわけでもありません」

    雪美「モバP……頭……撫でて………」

    モバP(うっひょー! まさか向こうから頼まれるなんてプロデューサー冥利に尽きるぜ!!)

    モバP「そうか雪美も寂しかったのかな」ナデナデ

    雪美「モバP、もっと………ふふっ」

    ありす「雪美ちゃんダメですよ! プロデューサーは忙しいんですから!」

    モバP「ん? ありすも撫でて欲しいのか?」ヨシヨシ

    ありす「あうぅ……そ、そんなんじゃありません///」

    凛(いやいやさっき散々言ってたじゃん!!)ジーッ

    モバP「おっ、もうこんな時間か。ありす、雪美、待たせて悪かったな。送って行こう」

    ありす「はい、お願いします!」

    モバP「そういうわけで凛、留守番頼む」

    凛「はーい」




    18 : ◆yz988L0kIg : 2014/02/15(土) 00:06:00.26 ID:NhbXxraiO

    ―――――数十分後

    モバP「ただいまー」

    凛「おかえりー」

    モバP「なぁ凛」

    凛「なっ、何!?」ドキドキ

    モバP「頼みがあるんだけど……」

    凛「いいよ」

    モバP「えっ、まだ何も言ってないよ」

    凛「髪、触りたいんでしょ?」

    モバP「いや、そこのお茶とって」

    凛「……」

    モバP「その、ペットボトルの奴」

    凛「バカ!!!!!!」ヒュンッ

    ドカッ

    モバP「いてっ、何すんだよ!」

    凛「もう知らない!!!!!!!!」

    終わり



    おすすめ記事
    アイドルマスターシンデレラガールズの関連記事
                
                                      

    コメント

            

            

     

    ブログパーツ

    最新記事