Article

        

麗奈「小春へのイタズラを今度こそ成功させるわ!」

2018/ 08/ 21
  • タグ:古賀小春 小関麗奈 成宮由愛 ◆6QdCQg5S.DlH

  •                  
    目次
    1 : ◆6QdCQg5S.DlH : 2016/12/09(金) 00:18:11.30 ID:MLAQz7FT0

    由愛「えっと……それをなんで私に……?」

    麗奈「アンタにも手伝ってもらうからよ」

    由愛「えっ……?」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1481210290

    2 : ◆6QdCQg5S.DlH : 2016/12/09(金) 00:19:04.85 ID:MLAQz7FT0

    麗奈「この前は事務所にいっぱい人が来てできなかったし……」

    麗奈「その前も千夏のせいで結局できなかったし……」

    麗奈「それ以外の時もなんかいつもうまくいかなくって」

    麗奈「アタシ、全っ然小春へのイタズラができてないのよ!」

    由愛「う、うん……」

    麗奈「だから、由愛にも協力してもらうわ」

    由愛「……なんで私がなんですか……?」

    麗奈「アタシ見たのよ。アンタがこの前小春にイタズラしてるところ」

    由愛「そんなことしてたかな……?」

    麗奈「してたわよ……えーっと、一昨日だったかしら――」

    3 : ◆6QdCQg5S.DlH : 2016/12/09(金) 00:19:30.06 ID:MLAQz7FT0

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    由愛(……あっ、小春ちゃんだ)

    小春「~♪」

    由愛(……)

    由愛(……ふふっ)

    小春「~♪」

    由愛(そーっと近づいて……)

    由愛(指を用意して……)

    由愛「……小春ちゃん」ポンポン

    小春「あ、由愛ちゃ――」プニ

    小春「ひゃっ!」

    由愛「ふふっ……ひっかかった……♪」

    小春「わぁ~、ひっかかっちゃいました~」

    小春「小春もおかえしですぅ~、えいっえい~っ♪」

    由愛「ひゃっ……くっ、くすぐった……ひっ」

    小春「つんつ~ん♪」

    由愛「やっ、やりすぎですっ……ふふっ!」

    由愛「うぅ……わ、私もお返し……えいっ!」

    小春「ひゃぁ~♪」

    4 : ◆6QdCQg5S.DlH : 2016/12/09(金) 00:22:13.94 ID:MLAQz7FT0

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    麗奈「――ってことを5分くらいずっとやってたわね」

    由愛(確かにやってました……)

    由愛「……見てたんですか?」

    麗奈「たまたまね」

    由愛「あぅ……恥ずかしい……」

    麗奈「……そう思うなら、事務所内であんなのやらなきゃよかったのに」

    由愛「あの時は……」

    由愛「……ちょ、ちょっとやってみたくなっちゃって……えへ」

    麗奈「ちょっとイタズラしてみたいなんて……いい心がけじゃない」

    麗奈「やっぱりアンタを選んだアタシの目に狂いはなかったわ」

    麗奈「素質もありそうだし」

    由愛「素質……」

    由愛(……ちょっとだけうれしいかも)

    麗奈「アンタはイタズラ界の銀メダルを狙えるわ」

    由愛「……一番じゃないんだ」

    麗奈「一番はこのレイナサマに決まってるじゃない」

    5 : ◆6QdCQg5S.DlH : 2016/12/09(金) 00:23:49.60 ID:MLAQz7FT0

    麗奈「それで、どう? 協力してくれる?」

    由愛「えっと……」

    麗奈「アンタも小春がイタズラで『きゃっ!』って驚いてるとこ見たいと思わない?」

    麗奈「いつもふわふわ笑ってるアイツがビックリしてるとこ見たいと思わない?」

    由愛「……」

    由愛(……見てみたいかも)

    麗奈「でしょ?」

    由愛「!」

    由愛「わ、私声に出してました……?」

    麗奈「いや、顔に出てたわ」

    由愛「あう……」

    6 : ◆6QdCQg5S.DlH : 2016/12/09(金) 00:26:50.04 ID:MLAQz7FT0

    麗奈「じゃ、これで決まりね」

    由愛「え、えっ……!?」

    麗奈「何よ、見たいんでしょ?」

    由愛「それは……まあ……」

    由愛「ちょっとだけ……ですけど……」

    麗奈「ちょっとでもあるなら一緒にイタズラするわよ!」

    由愛「う、うん……」

    麗奈「……まあ、どっちの答えでも手伝ってもらうつもりだったけどね」

    由愛「えっ……」

    麗奈「もともと拒否権なんてあるわけないじゃない」

    麗奈「むしろ、このアタシの手伝いができるんだから光栄に思うべきよ、アーッハッハ!」

    麗奈「……ゲホゲホッ」

    由愛「わ……大丈夫ですか……?」サスサス

    麗奈「背中さすらなくても大丈夫よッ!」

    7 : ◆6QdCQg5S.DlH : 2016/12/09(金) 00:28:54.78 ID:MLAQz7FT0

    麗奈「ふぅ……落ちついたわ」

    由愛「あ、よかった……」

    麗奈「……一応礼を言っとくわね。ありがと」

    由愛「えへへ……」

    由愛「……あの、麗奈さん」

    麗奈「何?」

    由愛「さっきの質問の意味は……?」

    麗奈「意味なんてないわよ」

    麗奈「あ、アンタに何をやらせるかってのには関係するけどね」

    麗奈「乗り気か乗り気じゃないかで、変えるつもりだったのよ」

    由愛「そうだったんだ……」

    麗奈「……さて。じゃあ次にするイタズラの説明するわね」

    由愛「もう決まってるんですか?」

    麗奈「そりゃそうよ。小春をぎゃふんって言わせるためにずーっと考えてたんだから!」

    麗奈「で、その小春なんだけど今この部屋で寝てるのよ」

    由愛「そうなんですか……?」

    麗奈「そうよ」

    麗奈「中には誰もいなかったし、アタシがずっとここに立って見張ってたから中は小春だけのはずよ」

    由愛「ずっと立ってたんだ……」

    麗奈「って言っても、アタシが外に出てからすぐ由愛が来たから待つことはほとんどなかったけどね」

    麗奈「呼ぼうと思ってたから助かったわ」

    由愛「……イタズラのお手伝いに……ですよね」

    麗奈「もちろん」

    8 : ◆6QdCQg5S.DlH : 2016/12/09(金) 00:31:56.66 ID:MLAQz7FT0

    麗奈「今この中には小春がぐっすり寝てるわ」

    麗奈「だから、この二つのレイナサマバズーカを思いっきりぶっ放して目覚めさせてやるのッ!」

    由愛「……二つ?」

    麗奈「一個はアンタの分よ。はい」

    由愛「あ、ありがとうございます……」

    由愛「わぁ……こんな感じなんだ」

    由愛「……この引き金を引くんですよね?」

    麗奈「そうよ」

    由愛「えっと……こうやって……えいっ!」

    由愛「……なんちゃって、ふふっ」

    麗奈「……構えるのはいいけど、アタシに誤射しないでよ?」

    由愛「あ、はいっ」

    由愛「……」

    由愛「ゆ、ユメサマバズーカ……なんて」

    麗奈「……アンタが名前変えたいなら別にいいわよ」

    由愛「ひゃっ!」

    由愛「……また顔に……?」

    麗奈「今度は声に出てた」

    由愛「あうぅ……」

    麗奈「……なんだかんだノリノリよね、あんた」

    由愛「……」

    由愛「ちょっとだけ……麗奈さんみたいなイタズラやってみたかったので……えへ」

    麗奈「……ふふ、やっぱアタシの目に狂いはなかったわ」

    麗奈「よしっ! それじゃあ、小春を今度こそビビラせてやるわよッ!」

    麗奈「アーッハッハッ……ゲホゲホッ!」

    由愛「あ、また……」サスサス

    麗奈「だから背中さすらなくても大丈夫よッ!」

    9 : ◆6QdCQg5S.DlH : 2016/12/09(金) 00:32:50.00 ID:MLAQz7FT0

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    麗奈「そーっと開けなさい、そーっと」

    由愛「う、うん……そーっ」

    由愛「……あ、あそこに寝てるのが……?」

    麗奈「そ、小春よ……ってすごい毛布かぶってるわね……髪の毛すら見えないじゃない」

    麗奈「さっきまではそんなことなかったんだけど……今そんなに寒い?」

    由愛「私はそんなに……暖房もちゃんと付いてますし」

    由愛「小春ちゃん寒がりだったのかな……?」

    麗奈「本人は暖かそうなのにね……変なの」

    由愛「あ……確かに暖かそうかも」

    由愛「ぎゅってしたら気持ちよさそう……えへへ」

    麗奈「ゆたんぽ小春ね」

    麗奈「……何かイタズラに使えたりしないかしら?」ボソッ

    由愛(……どう使うんだろう)

    10 : ◆6QdCQg5S.DlH : 2016/12/09(金) 00:34:04.78 ID:MLAQz7FT0

    麗奈「……よし」

    麗奈「じゃあ、アタシはここで見てるから」

    由愛「う、うん……」

    麗奈「作戦は覚えてるわよね?」

    由愛「大丈夫……えっと、最初に私が小春ちゃんをコレで起こして……」

    麗奈「その後、イタズラが終わったと思って安心してる小春に隠れてるアタシがコレを撃つ!」

    麗奈「くくっ、完璧な計画ねッ!」

    由愛「わっ、そんなに大声だしたら小春ちゃん起きちゃう……!」

    麗奈「大丈夫よ。アイツは茜と恵磨の間で寝てても起きないわ、多分」

    由愛「……コレで起きるんですか?」

    麗奈「……多分」

    11 : ◆6QdCQg5S.DlH : 2016/12/09(金) 00:35:19.06 ID:MLAQz7FT0

    麗奈「とにかくいってきなさい!」

    麗奈「起きなくても……二発あれば多分起きるでしょ!」

    由愛「それなら同時にやった方が起きるんじゃ……」

    麗奈「……」

    麗奈「……」

    麗奈「……いや、予定通りいくわよ!」

    由愛(結構迷いましたね……)

    麗奈「アタシの完璧な計画なんだから、絶対に成功するに決まってるわッ!」

    麗奈「さあ、いってきなさい由愛!」

    由愛「う、うん……」

    12 : ◆6QdCQg5S.DlH : 2016/12/09(金) 00:36:00.94 ID:MLAQz7FT0

    由愛(そーっと……そーっと……)

    由愛(……まさか、私がこんな本格的なイタズラすることになるなんて)

    由愛(えへへっ……すっごくドキドキしてる……)

    由愛(……小春ちゃんにはごめんなさいしないとかもしれないけど……)

    由愛(でも……)

    由愛「……」

    麗奈「よっし、やってやりなさい!」

    麗奈「毛布をめくって、思いっきりぶっ放してやるのよ!」

    由愛「う、うん……!」

    由愛「すーっ……」

    由愛「……よしっ」

    由愛(ごめんね、小春ちゃん……!)

    由愛「え、えいっ!」ガバッ

    由愛「ゆっ、ユメサマバズーカ、ばーん!」バーン!!

    麗奈(本当にノリノリね)

    13 : ◆6QdCQg5S.DlH : 2016/12/09(金) 00:37:13.21 ID:MLAQz7FT0

    由愛「……」

    由愛「……あれ?」

    麗奈「何、やっぱ起きなかった?」

    由愛「ううん、そうじゃなくて……」

    麗奈「はぁ? じゃあ何だって言うのよ」

    ??「……」ソローリ

    麗奈「……怪我させちゃった……って感じでもないわよね」

    麗奈「音はうるさくしたけど、威力はそんな強めてないし……」

    由愛「そうでもなくて……えっと――」

    ??「すーっ……」

    由愛「――ま、丸太が寝てるんです……毛布の中に」

    麗奈「……いや、あんた何を言って――」

    小春「ばぁっ!」ポンッ

    麗奈「きゃあっ!」カチッ

    麗奈「あ、やば――」バーン!!

    由愛「ひゃっ!」

    小春「きゃっ!」

    麗奈「ひゃああっ!」

    14 : ◆6QdCQg5S.DlH : 2016/12/09(金) 00:39:26.80 ID:MLAQz7FT0

    由愛「……び、びっくりしました」

    小春「小春もすごくびっくりしましたぁ……」

    麗奈「あ……アンタが急に後ろから驚かすから!」

    麗奈「つい引き金引いちゃったじゃない!」

    麗奈「……っていうか、なんでアンタそこにいるのよ! 寝てたんじゃないの!?」

    小春「ふふっ、変わり身の術ですぅ~♪」

    麗奈「はぁ? 変わり身の術?」

    小春「はい♪」

    小春「この前あやめちゃんに教わってちょっと驚かせてみたくなったんです~」

    小春「忍法変わり身の術~、えいっ♪」

    由愛「そんなの教わってたんだ……」

    麗奈「なんてもん教わってるのよ……」

    小春「ふふっ、大成功みたいでよかったですぅ~♪」

    麗奈「……」

    麗奈「……いや、失敗よ」

    小春「えぇ~? でもすっごく驚いてましたよ~?」

    麗奈「驚いてないわよ!」

    由愛(……一番驚いてたような)

    麗奈「むしろ……そう、作戦よ作戦!」

    麗奈「後ろから驚かせてきた小春を驚かし返すために、あえて引き金を引いたのよ!」

    由愛(さっき、つい引いちゃったって……)

    麗奈「……さっきから顔に出てるわよ、由愛!」

    由愛「ひゃっ……」

    麗奈「……まあ、由愛が思ってるとおり、苦しい言い訳よねコレ」

    麗奈「確かに、アンタの変わり身の術で驚かされたわよ、アタシ」

    小春「わ、やったぁ~♪」

    小春「ふふっ、大成功ですぅ~♪」ピョンピョン

    麗奈「……でもっ、アタシだってアンタを驚かしたんだから!」

    麗奈「アタシの負けじゃないわよ! 引き分けよ引き分け!」

    麗奈「むしろ、驚いた人数はアタシのほうが多かったし、アタシの勝ちよ!」

    麗奈「アーッハッハ……ゲホゴホッ!」

    由愛「わっ、大丈夫ですか……?」サスサス

    小春「よしよし~」サスサス

    麗奈「二人して背中さするんじゃないわよ!」

    15 : ◆6QdCQg5S.DlH : 2016/12/09(金) 00:40:19.68 ID:MLAQz7FT0

    由愛「あの……この丸太もあやめさんからもらったんですか?」

    小春「もらいましたぁ~」

    麗奈「アイツなんてもん渡してるのよ……」

    由愛「よく持ち運べますね……」

    小春「実は結構軽いんです~♪」

    由愛「そうなんですか?」

    小春「はい~。持ってみてもいいですよ~?」

    由愛「じゃあ……わっ、本当……!」ヒョイッ

    麗奈「……ね、アタシにも貸して」

    由愛「あ、うん……」

    由愛「……」

    由愛「……えいっ!」ポイッ

    麗奈「わ……ちょっ、投げんじゃないわよ!」ガシッ

    由愛「えへへ……ごめんなさい……♪」

    16 : ◆6QdCQg5S.DlH : 2016/12/09(金) 00:41:32.00 ID:MLAQz7FT0

    麗奈「……でもホントに軽いわね、コレ」

    由愛「ですよね……! 見た目は普通の丸太なのに……すごい……」

    小春「すごいですよねぇ~」

    麗奈「……」

    麗奈「……ね、これ貸してくれない?」

    小春「え~?」

    麗奈「だめ?」

    小春「何に使うんですかぁ~?」

    麗奈「決まってるじゃない、イタズラよ」

    麗奈「事務所に来た奴にコレを思いっきり投げつけてやるのよ!」

    麗奈「コレが軽いって知らない奴はすっごくビビるはずッ!」

    由愛「そうですね……さっきの麗奈さんみたいに……」

    麗奈「……仕方ないじゃない、見た目は無駄にリアルだし、コレ」

    小春「『気合を入れて作りました!』って言ってました~」

    由愛「そんなの小春ちゃんにあげちゃってよかったんでしょうか……?」

    小春「『気合を入れて作りすぎました!』って言ってました~」

    麗奈「……アタシもあやめに頼めばもらえそうね」

    17 : ◆6QdCQg5S.DlH : 2016/12/09(金) 00:42:22.83 ID:MLAQz7FT0

    麗奈「ところで小春。アンタいつから変わり身してたの?」

    麗奈「アタシが部屋にいたときはまだアンタそこで寝てたわよね」

    小春「えっとぉ~」

    小春「れいなちゃんが『今度こそ小春をぎゃふんって言わせることができるわ! アーッハッハ!』って高笑いしながら部屋を出ていったときに目を覚まして~」

    麗奈「え……アレで起きちゃったの?」

    小春「はい~」

    小春「それで、私イタズラされるんだ……ってわかって~、じゃあ逆にイタズラ仕返しちゃえ~なんて考えちゃって~♪」

    小春「あやめちゃんからもらった丸太もこの部屋に置いてあったので~、これを使って変わり身の術をしようって~♪」

    麗奈「……」

    由愛「じゃあ、麗奈さんが高笑いしなければ……」

    小春「多分起きてなかったと思います~」

    麗奈「……この前はあんなに人がいっぱいいても起きなかったのに、なんでアタシ一人の声で起きるのよ」

    小春「なんででしょうかぁ~?」

    由愛「さ、さぁ……?」

    18 : ◆6QdCQg5S.DlH : 2016/12/09(金) 00:42:59.05 ID:MLAQz7FT0

    麗奈「……ま、この際それはどうでもいいわ」

    麗奈「それよりも、小春!」

    小春「なんですか~?」

    麗奈「アンタもなかなか素質があるじゃない!」

    小春「素質?」

    由愛「……あっ、イタズラの……?」

    麗奈「そうよ!」

    麗奈「イタズラされることをわかってて逃げるんじゃなくイタズラし返すなんて……いいじゃない、アタシ好みのワルい子よ。くくっ」

    小春「わぁ~、小春ワルい子になっちゃいましたぁ~♪」

    麗奈「そして由愛!」

    由愛「ひゃっ!」

    麗奈「アンタもやっぱ素質があるわ!」

    麗奈「イタズラしにいくときのワルい顔……いい顔だったわ」

    由愛「……そんな顔してましたか?」

    麗奈「楽しそうだったわよ、すっごく」

    由愛「そうだったんだ……」

    由愛(……確かにドキドキして……ちょっと、ワクワクもしてて)

    由愛「……私もワルい子になっちゃったみたいです……えへ」

    19 : ◆6QdCQg5S.DlH : 2016/12/09(金) 00:44:20.95 ID:MLAQz7FT0

    麗奈「よしっ、由愛! 小春!」

    麗奈「アンタたちをアタシが一人前に育て上げてやるわ!」

    由愛「……私たちを?」

    小春「何のですかぁ~?」

    麗奈「もちろん、イタズラの技術をよ!」

    麗奈「その素質を活かさないのはもったいないじゃない!」

    麗奈「だから、アンタたちがアタシの手下として活躍できるくらいに育ててやるわ!」

    由愛「手下なんですね……」

    麗奈「何よ、下克上する気?」

    由愛「あっ、いえ……そういうわけじゃ……」

    麗奈「……まあそれならそれでいいわよ」

    麗奈「くくっ、どんなイタズラでもかかってきなさい……アタシはそれを全部跳ね除けてやるわ!」

    小春「でも変わり身の術には引っかかりましたよ~?」

    麗奈「あれはノーカンよ!」

    麗奈「とにかく、アタシがアンタたちをどこに出しても恥ずかしくないワルい子にしてやるわ!」

    小春「わぁ~、小春もっとワルい子になっちゃいますぅ~♪」

    由愛「もっとワルい子に……わぁ……」

    麗奈(……これで、小春や由愛をアタシと同じくらいのイタズラっ子に育てて上げたら、アタシをマークしてる奴らも、アタシだけをマークするわけには行かなくなる)

    麗奈(そしたら、もっとドデカいイタズラも簡単にできるようになる……!)

    麗奈(ううん、アタシたち三人で協力したらもっとすごいイタズラだってできるかもしれない)

    麗奈(……いいじゃない、いいじゃない! 楽しくなってきたわ!)

    麗奈「くくっ、アーッハッハ!……ゲホゴホッ!」

    由愛「わっ……」サスサス

    小春「大丈夫ですかぁ~?」サスサス

    麗奈「だから背中さするんじゃないわよッ!」





    おしまい

    20 : ◆6QdCQg5S.DlH : 2016/12/09(金) 00:46:31.43 ID:MLAQz7FT0
    最近気になってる3人。みんなかわいい

    誤字脱字、コレジャナイ感などはすいません。読んでくださった方ありがとうございました。

    21 : ◆6QdCQg5S.DlH : 2016/12/09(金) 00:47:09.85 ID:MLAQz7FT0
    最近書いたの
    喜多見柚「ナイショのお願いゴト」
    https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1480649477/

    文香「机の下は居心地がいいのですか……?」
    http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1480410857/

    文香「カタテ読書」
    http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1480251918/

    朋「スピリチュアルな」芳乃「お悩み相談でしてー」
    http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1479992020/


    よかったらこちらもよろしくお願いします

    23 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/12/09(金) 02:15:03.42 ID:9mbKSzIm0
    自分が一番ビビっちゃう麗奈ほんと可愛い
    25 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/12/09(金) 06:10:25.00 ID:f035O2fmO
    レイナサマー
    26 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/12/09(金) 07:38:41.30 ID:awJDiXPNo
    3人にイタズラされたい
    27 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/12/09(金) 09:57:49.54 ID:Ssq8KYxCO
    乙乙
    かわいいかわいい&かわいい
    28 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/12/09(金) 12:00:12.81 ID:/O2NentGO
    これは……
    可愛い。



    麗奈「小春へのイタズラを今度こそ成功させるわ!」
    https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1481210290/
                             
                                      

    コメント

            

            

     

    ブログパーツ

    最新記事