Article

        

渋谷凛「スポーツ選手を」本田未央「目指したい?」

2018/ 11/ 10
  • タグ:本田未央 渋谷凛 島村卯月 ◆5AkoLefT7E ◆i/Ay6sgovU

  •                  
    シンデレラガールズ 目次

    1 : ◆i/Ay6sgovU : 2016/09/25(日) 23:18:50.18 ID:Na62B/fJ0


    前作
    渋谷凛「テストで赤点を」本田未央「回避したい?」
    http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1469260446/




    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1474813129


    2 : ◆i/Ay6sgovU : 2016/09/25(日) 23:19:14.12 ID:Na62B/fJ0


    --------------------事務所--------------------

    ガチャ
    本田未央「おはよー……、最近は雨ばっかりでイヤだねー……」

    渋谷凛「はい、そうですね、前のバッターの美城さんが繋いでくれたんでね、はい、自分も繋ぐバッティングを心がけて……。それが良い結果になってくれましたね」

    未央「どうしたの」

    凛「はい、そうですね、相手の本田選手もいいピッチャーなので、振り負けないように全力で、はい、その結果だと思います」

    未央「あ、打たれたの私なんだ?」

    凛「あれじゃ正直2軍レベルですね(笑)」

    未央「おい! 敬意を持ってよ!!!」

    凛「はい、私の後ろを打つ島村選手も、今日は4安打16打点と当たってましたし、自分がダメでも……という気持ちでしたね」

    未央「グランドスラム4連発!? なんでインタビュー呼ばれてないの!?」

    凛「……そうですね、病気で療養中の北条監督と、服役中の神谷コーチにも……、良い知らせを……したかったので」

    未央「チーム事情がろくでもないな! かみやん服役中!?」

    凛「まさか……、あの眉毛が……、銃刀法違反になるとは……」

    未央「眉毛は銃にも刀にもカテゴライズされないから!!!」


                
    PICK UP!

    3 : ◆i/Ay6sgovU : 2016/09/25(日) 23:19:50.02 ID:Na62B/fJ0


    凛「この前さ、ふとテレビを見たら、バスケのプロリーグが始まったってニュースがやってたんだ」

    未央「何でそんな自然に通常会話へ移れるの? 1レス飛ばしたかと思ったよ」

    凛「これだ!!!! って」

    未央「どれだよ」

    凛「スポーツ選手になってちやほやされたいんだよ!」

    未央「この世のスポーツ選手に今すぐ謝罪してよ」

    凛「それで、とりあえずこの日本で稼ぐなら、まずは野球かな……って」

    未央「で、ヒーローインタビュー?」

    凛「やっぱり、いざあの場に立った時に話せないと恥ずかしいからね」

    未央「事務所で1人で練習してる方がよっぽど恥ずかしいからね? 見つかったのが私でよかったよ……」

    凛「いや、さっき乃々が来たんだけど、私をみて「ひうっ!」って言いながらどこかへ行ったよ。忘れ物かな?」

    未央「ドン引きされてるじゃん!」


    4 : ◆i/Ay6sgovU : 2016/09/25(日) 23:20:20.65 ID:Na62B/fJ0


    凛「えっ……」

    未央「そんな今さら気づいても……」

    凛「乃々……引いてたんだ……」ズーン

    未央「え? え? そんなに?」

    凛「ポエム仲間として……仲良くなりたいと思ってたのにな……」

    未央「うわ、こんなガチ凹みしてるしぶりん初めて見た!」

    凛「ねえ、どうすればいいの!? ねぇ!!!」

    未央「ちょ、落ち着いて! らしくないよ! いや、1人ヒーローインタビューの時点ですでにらしくないけども!」


    5 : ◆i/Ay6sgovU : 2016/09/25(日) 23:21:07.54 ID:Na62B/fJ0


    未央「いやいや、でも、この前のラジオの時、(普段の頭がおかしそうな言動からはかけ離れて)ちゃんとお姉さんしてたじゃん! 乃々ちゃんも"頼りになった"って言ってたし!」

    凛「何か含みがなかった?」

    未央「ちょっとビックリしちゃっただけだよ! ちゃんと話せば平気だって!」

    凛「未央……。そうだね、うん、ありがとう」

    未央「少し臆病なんだから、優しく接してあげなきゃダメだよ?」

    凛「そっか……、じゃあ次は、ポエムを詠唱しながら近づこうかな」

    未央「ポエムの動詞に"詠唱する"を採用してる時点で救いようがないよ」

    凛「春はあけぼのの!!!」

    未央「ポエムって枕草子!? そもそもあけぼののって何だ!!! あと声が大きい!!!」

    凛「ツッコミがくどい」

    未央「誰のためにやってると……!!!」


    6 : ◆i/Ay6sgovU : 2016/09/25(日) 23:21:55.05 ID:Na62B/fJ0


    未央「話を戻そうよ……」

    凛「そうだね。相撲の話だっけ?」

    未央「なんで曙に引っ張られてるのさ。スポーツ選手になりたいって話だよ」

    凛「そうそう、で、野球をやりたいなって」

    未央「そんなこと言って、しぶりん、野球なんてしたことないでしょ?」

    凛『四番・ピッチャー・渋谷凛』ワーワーパチパチパチ

    未央「シュミレーションに入るのが早いんだよ!!! 会話をしてよ!!!」


    7 : ◆i/Ay6sgovU : 2016/09/25(日) 23:22:43.75 ID:Na62B/fJ0


    凛「野球選手になるなら、まずは入場曲を決めなきゃね」

    未央「外堀の外堀から埋めるよね。まず野球してよ」

    凛「とは言っても、nevaa sei nevaaは歌詞も前向きだし、採用していいかも」

    未央「発音変じゃなかった?」

    凛「逆に、薄荷とかはなんか引退試合みたいな雰囲気になっちゃうよね(笑)」

    未央「加蓮に恨みでもあるの?」

    凛「未央も気を付けなよ? 2連敗してる時にミツボシを流されても、ファンのみんなはイライラしちゃうから」

    未央「余計なお世話だよ!!!」


    8 : ◆i/Ay6sgovU : 2016/09/25(日) 23:24:02.88 ID:Na62B/fJ0


    凛「あと野球選手になる時に必要なものってあるかな?」

    未央「実力だよ実力」

    凛「あ! 決め球の名前!」

    未央「聞けよ!!!」

    凛「わかってるよ、"変化球なんて投げれるのか"って言いたいんでしょ?」

    未央「言ってるんだよ最初から!」

    凛「未央には見せたことないんだけど、実は七色の変化球を投げられるんだよ」ドヤァ

    未央「えー? うっそだー!」

    凛「ストレートを中心に、落ちないフォーク、曲がらないカーブ、速いチェンジアップ、消えない魔球を投げれるんだから」

    未央「ストレートだらけじゃん!!! 消えない魔球? ただの棒球だよ!!!」


    12 : ◆i/Ay6sgovU : 2016/09/25(日) 23:26:09.13 ID:Na62B/fJ0


    凛「……もしかして、私、野球向いてない?」

    未央「逆によく向いてると思ったね!?」

    凛「そっか……、じゃあサッカー選手になるね」

    未央「鞍替えが軽すぎる」

    凛「アルゼンチンのリオネル・メッシと呼ばれた実力を見せてあげるよ」

    未央「アルゼンチンのリオネル・メッシってそれはもうメッシ本人だからね!?」


    14 : ◆i/Ay6sgovU : 2016/09/25(日) 23:26:53.20 ID:Na62B/fJ0


    凛「もし私がサッカーやるとしたら、どのポジションが向いてるかな?」

    未央「強いて言うならベンチだよ」

    凛「やっぱり目立つなら点取り屋のFWだよね」

    未央「聞き入れないならどうして質問するの?」

    凛「でも、中盤の底でゲームメイクするボランチもかっこいいよね。迷うな……」

    未央「ねえ、帰っていい?」

    凛「そんなこと言わないでよ。未央は私とダブルボランチを組むんだから!」

    未央「うわあ普通に巻き込まれてる!」


    17 : ◆i/Ay6sgovU : 2016/09/25(日) 23:27:38.54 ID:Na62B/fJ0


    未央「というか、しぶりんなら"トップ下がやりたい!"とか言いそうなものなのに」

    凛「トップ下の卯月は日本代表だよ!? 私には挑めないよ!」

    未央「しまむーはちょくちょく現れてゲームバランスを崩していくね!?」

    凛「せっかくだから、他のポジションも決めていこうか?」

    未央「せっかくってなにさ」

    凛「いや、まずはフォーメーションからかな」

    未央「……もう止まりそうにないから乗っかるけど、日本代表みたいに4-2-3-1でいいんじゃないの?」

    凛「未央は甘いね。時代は9-0-1だよ」

    未央「攻めろよ!!! みんなでゴール前でだらけてるんじゃないよ!!! あと1人だけ可哀想じゃん!?」

    凛「この1人は卯月だよ。卯月が取った3点をみんなで守るんだ」

    未央「ハットトリック前提!?」


    19 : ◆i/Ay6sgovU : 2016/09/25(日) 23:28:29.02 ID:Na62B/fJ0


    凛「わかったよ……、じゃあ4-2-3-1でいいよ……」ハァ……

    未央「どうして私がワガママみたいになってるのかな!?」

    凛「まずはGK……、守護神……、鉄壁……、絶壁……」

    未央「さっそく雲行きが怪しいけど」

    凛「背番号72……」

    未央「あっちの事務所の圧力でクビになればいいのに」

    凛「まあ、私もそこまで命知らずではないからね。いったん保留にしとこうか」

    未央「明らかな手遅れだからね?」


    22 : ◆i/Ay6sgovU : 2016/09/25(日) 23:29:11.48 ID:Na62B/fJ0


    凛「CB(センターバック)の2人は、背が高めのアイドルを置きたいよね」

    未央「待って、本当に全ポジション決めるの?」

    凛「気に入らないなら読み飛ばせばいいんだよ」

    未央「そういうことを言わない!!!」


    24 : ◆i/Ay6sgovU : 2016/09/25(日) 23:30:08.05 ID:Na62B/fJ0


    凛「というわけで、CBはフレデリカ(164)と朋(163)ね」

    未央「ともともを殺す気!?」

    凛「左右のSB(サイドバック)は前後に走るポジションだから、杏とありすに任せるとして」

    未央「殺意が明確すぎない?」

    凛「ボランチは私と未央でしょ?」

    未央「オファー来ても絶対に蹴るかんね」

    凛「サッカーだけに?」フフッ

    未央「うるさいな!!!」


    25 : ◆i/Ay6sgovU : 2016/09/25(日) 23:30:41.00 ID:Na62B/fJ0


    凛「トップ下の三枚は、中央に卯月、右に智絵里、左にほたる」

    未央「大丈夫? 相手は90分を戦いきれる?」

    凛「ワントップに奈緒!」

    未央「単純に可哀想!!!」

    凛「監督はもちろん!」

    未央「この流れ、常務とか言わないよね?」

    凛「ハリルホジッチ」

    未央「そこはガチなのかよ!!!」


    26 : ◆i/Ay6sgovU : 2016/09/25(日) 23:31:23.10 ID:Na62B/fJ0


    凛「サッカーはダメだね」

    未央「ダメなのはしぶりんだよ?」

    凛「じゃ、ラグビーやろっか?」

    未央「被害がいろんなスポーツに……」

    凛「じゃあ、蹴る時のルーティーンから……」

    未央「だからなんでそういうとこからアプローチを開始しちゃうの!」

    凛「1曲踊ろうか?」

    未央「蹴る度に毎回? 遅延行為で退場だよ?」

    凛「未央はいいよね、ミツボシのポーズがあるからさ」

    未央「あれを連発するのも相当なメンタルじゃない?」

    凛「外す度に"りゅーせー!!!(笑)"って煽られそうだね」

    未央「そこまで自分を傷つけてラグビーしたくないよ!!!」


    27 : ◆i/Ay6sgovU : 2016/09/25(日) 23:31:52.18 ID:Na62B/fJ0


    凛「ごめん、自分で言っておいてダメなんだけど、茜を止められる気がしないからやめよっか」

    未央「あー、茜ちんは勢いがあるもんね……、なんで対決する前提なのかはわからないけど」

    凛「あれを止められるのは、最強のラインバッカ―である卯月の必殺技"トライデントタックル"しかないね」

    未央「ラインバッカ―はアメフトでしょ!? アイシールドで聞きかじっただけの知識を披露しないでよ!」

    凛「卯月については」

    未央「もう触れるのも面倒だよ」


    28 : ◆i/Ay6sgovU : 2016/09/25(日) 23:32:23.31 ID:Na62B/fJ0


    凛「じゃあ何のアスリートになればいいのさ!」

    未央「現実を見なよ! しぶりんじゃ無理だよ!!!」

    ガチャ

    卯月「こんにちは! トライアスロンはどうですか?」

    未央「過酷なの持ってきたねぇ!!!」

    凛「トライアスロン……、確か、パン・スリム・俳句……」

    未央「ラン・スイム・バイクだよ。運動要素ゼロじゃん」


    29 : ◆i/Ay6sgovU : 2016/09/25(日) 23:33:20.35 ID:Na62B/fJ0


    卯月「あとは……、陸上は道具がなくても取り組めるものが多いですね!」

    未央「まあ、確かに、走ったり跳んだりならね」

    凛「そっか! ちなみに卯月、100メートルは何秒くらい?」

    卯月「11秒を切るのが限界です!」

    未央「いやいやいやいや! 日本記録だよ!?」

    凛「流石の卯月も、できないことがあるんだね」フフッ

    未央「誰目線? 神?」

    卯月「100メートルハードルなら9秒台なんですが……」

    未央「なんで障害物で加速するの!? 物理法則は!?」

    凛「やっぱりダンスやってるとね、そういうとこあるよね」

    未央「ないよ!!!」


    30 : ◆i/Ay6sgovU : 2016/09/25(日) 23:34:40.66 ID:Na62B/fJ0


    未央「逆にしまむーにできないスポーツはないの……?」

    卯月「あ、実は、剣道が苦手なんです……」

    未央「え! 意外! 小太刀一本でも勝てそうなのに……」

    凛「どうして?」

    卯月「私、すぐにバンザイしちゃうんですけど、剣道はガッツポーズが禁止で……」

    未央「もうしまむーを封じるにはそういう面で引っ掛けるしかないんだ……」

    卯月「どうせ一本を食らった相手は気絶するので、繰り上りで次戦には進めるんですけどねっ!」ピース

    未央「多分だけどブラックリスト入ってるからね、しまむー」


    31 : ◆i/Ay6sgovU : 2016/09/25(日) 23:35:18.93 ID:Na62B/fJ0


    凛「なんとかして卯月に勝てる種目はないかな……?」

    未央「別にいいけど趣旨が変わってない?」

    卯月「ありますよ!」

    未央「え?」

    凛「え?」

    卯月「……ボクシングでも空手でもテコンドーでも、私は凛ちゃんと未央ちゃんには手を出せませんからっ!」ニコッ

    凛「卯月……」

    卯月「えへへ……」

    未央「……待って、いい雰囲気だけど、そもそも手を出すかどうか考えてる時点でおかしいからね?」


    32 : ◆i/Ay6sgovU : 2016/09/25(日) 23:35:48.27 ID:Na62B/fJ0


    未央「結局、しまむーの凄さを見せつけられただけだったね……」

    凛「目指すべき目標が近くにいるのは、恵まれてることじゃないのかな」

    未央「しぶりんまでヒトの領域を脱するの? 私、死んじゃうよ?」

    卯月「大丈夫です! 未央ちゃんは私が死なせません!」ブイッ

    未央「しまむーに言われると、なんか不老不死の気すらしてきたよ」

    凛「不老不死系アイドルユニット……アリだね!」

    未央「ナシだよ!!!」



    おわり


    34 : ◆i/Ay6sgovU : 2016/09/25(日) 23:36:18.37 ID:Na62B/fJ0


    過去作


    佐城雪美「……第2回」橘ありす「リトル・マーチング・ファンド・ガールズ!」

    橘ありす「教育実習フレデリカ?」

    双葉杏「詳細病」

    野々村そら「がーるず・びー・すまいる!!!」


    などもよろしくお願いします


    35 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/09/25(日) 23:37:58.81 ID:qzWvbRFIO

    相変わらずいいツッコミのキレだ

    詳細病、ツッコミキレてるなと思ったらあなたか…
    36 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/09/25(日) 23:38:23.48 ID:fDGIqpVK0


    卯月に勝てそうなの・・・無いな(諦め)




    おすすめ記事
    アイドルマスターシンデレラガールズの関連記事
                
                                      

    コメント

            

            

     

    ブログパーツ

    最新記事