Article

        

【デレマスSS】関裕美「机の下から一歩踏み出しましょう」乃々「おんざですく」

2018/ 09/ 20
  • タグ:森久保乃々 関裕美 佐久間まゆ 星輝子 千川ちひろ 浅利七海

  •                  
    目次
    1 : 名無しさん@おーぷん : 2017/10/09(月)05:11:22 ID:2A6

    この乃々の流れです。

    【デレマスSS】乃々「もりくぼ、Pさんに騙されたいみたいなんです」
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1460499710/l50

    【デレマスSS】乃々「最近Pさんがひどいんです」奈緒「はぁ……」
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1466625202/l50

    2 : 名無しさん@おーぷん : 2017/10/09(月)05:11:33 ID:2A6

    森久保乃々「そんなわけで今からもりくぼはソロくぼ。オンザデスクなんですけど……」

    P「いや、トイレから戻ってきてみれば……人の机の上に三角座りで……どういうことよ?」

    乃々「話せば長くなるのですが……追い出されました」

    P「みじけぇ。追い出されたって……誰に?」ヒョイ

    関裕美「はぁはぁ……まゆさん……まゆさん……」クンカクンカ

    まゆ「Pさん……た、助け……」

    P「…………」

    3 : 名無しさん@おーぷん : 2017/10/09(月)05:12:34 ID:2A6

    【デレマスSS】関裕美「机の下から一歩踏み出しましょう」乃々「おんざですく」3-1
    【デレマスSS】関裕美「机の下から一歩踏み出しましょう」乃々「おんざですく」3-2

    4 : 名無しさん@おーぷん : 2017/10/09(月)05:13:53 ID:2A6

    【デレマスSS】関裕美「机の下から一歩踏み出しましょう」乃々「おんざですく」4-1
    【デレマスSS】関裕美「机の下から一歩踏み出しましょう」乃々「おんざですく」4-2
    【デレマスSS】関裕美「机の下から一歩踏み出しましょう」乃々「おんざですく」4-3

    5 : 名無しさん@おーぷん : 2017/10/09(月)05:14:24 ID:2A6

    P「…………」

    乃々「…………」

    P「……机の下に掛けるカーテンでも買ってこようかな」

    乃々「もりくぼがいくらおねだりしても買ってくれなかったのにぃ……」

    まゆ「蓋をしないで下さい……!」

    P「遠くでまゆの声が聞こえる気がする」

    乃々「ですねぇ……」

    まゆ「すぐ近くです!足もとです!」

    裕美「まゆさん……まゆさん……」ハスハス

    まゆ「ああああ……」

    6 : 名無しさん@おーぷん : 2017/10/09(月)05:14:55 ID:2A6

    P「……なんでこんな事になってんの?」

    乃々「もりくぼに聞かれても……。
    ここに来た時から何か様子がおかしくて。
    志希さんや晶葉ちゃんのお薬でも飲んだんじゃないですか?」

    P「あー、いつものパターンか……」

    乃々「安直なんですけど……」

    まゆ「ん。あっ。ちょ、そこはっ!?」

    P「!!」バッ

    乃々「食いついてるんじゃないんですけどっ!」

    P「…………」

    P「…………」

    P「いやいかんね。眼福もとい目の毒だ。けしからん」

    乃々「堪能してから言っても……説得力ぅ……」

    7 : 名無しさん@おーぷん : 2017/10/09(月)05:15:36 ID:2A6

    P「攻められると弱いまゆっていいと思うんだ」

    乃々「わかります」

    まゆ「乃々ちゃん!? 解り合ってないで助けて下さい……!」

    P「興味本位で聞くんだけど、裕美はなんでまゆにそうなっちゃってるんだ?
    普段はそこまで親しくしてなかったよな?」

    まゆ「興味本位じゃなく状況をどうにかするために聞いて下さい……」

    裕美「まゆさんは神ですから」キリッ

    P「神」

    裕美「普段から馴れ馴れしく接するなんて畏れ多くてとてもとても……」

    まゆ「んっ」

    P「太ももに手を這わせるのは畏れ多くないのかいいぞもっとやれ」

    乃々「ツッコミと本音が同化して訳わかんなくなってるんですけど……」

    8 : 名無しさん@おーぷん : 2017/10/09(月)05:16:03 ID:2A6

    P「細かい事は気にするな乃々の体育座りの太股も眼福オンザデスクだぞ」

    乃々「ひぃっ!?」

    P「乃々尻で温められた俺の机の魅力はさておき、問題は裕美だ」

    乃々「死ねですけど」

    P「問題とは言ってもさほど問題ではないよな。仲良き事は美しき事かな百合最高」

    乃々「本音本音」

    まゆ「問題ですよぉ……」

    裕美「百合なんて言葉で片付けないで下さい。
    この想いはもっと純粋な……。
    そう、私はあくまでファンです。まゆさんのいちファンですから!」

    まゆ「ファンはスカートに手を入れたりしませんよぉ!」

    9 : 名無しさん@おーぷん : 2017/10/09(月)05:16:31 ID:2A6

    裕美「私自身……アイドルになる前からまゆさんのファンだったんです」

    まゆ「そ、そうなんですかぁ……」

    裕美「CDはいつも3枚買ってます」

    まゆ「ありがとうございます……?」

    裕美「写真集も!」

    まゆ「そ、それはそれは……」

    裕美「アイドルになる前の読モ時代の雑誌も全部3冊ずつ買ってるんですよ……自分用保管用布教用実用用……」

    まゆ「4冊買ってますねぇ……実用用には触れないでおきますが……」

    裕美「実用用っていうのはつまり」

    まゆ「ストップストップ聞きたくありません!」

    P「尊い……」

    乃々「尊い……」

    まゆ「そこ! 思考放棄しないでぇ!」

    10 : 名無しさん@おーぷん : 2017/10/09(月)05:16:52 ID:2A6

    P「まゆの横で真っ赤になって失神してる輝子はこっちで預かろうか?」

    まゆ「そういえば居ました!
    輝子ちゃん! 輝子ちゃん!? しっかり!」

    輝子「フ……フヒ……」

    P「はーい。教育上よろしくないから引っ張り出すぞー。
    おーえすおーえす」

    輝子「フヒヒ……まゆさんが……あられもない姿で……フヒ」ズルズル

    まゆ「言わないで!」

    11 : 名無しさん@おーぷん : 2017/10/09(月)05:17:17 ID:2A6

    【デレマスSS】関裕美「机の下から一歩踏み出しましょう」乃々「おんざですく」11

    12 : 名無しさん@おーぷん : 2017/10/09(月)05:18:08 ID:2A6

    P「よし輝子確保。このままお姫様抱っこで連れて行くか。
    ちと早いが外で昼メシでも……」

    乃々「もりくぼも……!もりくぼも連れていって下さい!お姫様抱っこ!」

    P「物理的に2人は無理だな。背中ならいいぞ?」

    乃々「くぼっ!」

    P「ぐはっ!? 飛びつくな飛びつくな。
    ……なんか久々だな。この感覚」

    乃々「…………」

    13 : 名無しさん@おーぷん : 2017/10/09(月)05:18:44 ID:2A6

    輝子「…………」

    P「…………」

    乃々「……では」

    輝子「……じゃ…邪魔者は」

    P「……おいとまするか」

    まゆ「待って。気を遣わないで!」

    裕美「やっと二人きりになれましたね……」

    まゆ「なってませんよぉ!?」

    P「……避妊はしろよ」

    まゆ「必要ないです!」

    乃々「過激……!」

    まゆ「そうじゃなくて!」

    輝子「?」

    P「よく分かってないらしい輝子には後で俺が教育してあげるとして……」

    乃々「却下です」

    14 : 名無しさん@おーぷん : 2017/10/09(月)05:19:13 ID:2A6

    輝子「……あれ?」

    P「うん? どうした輝子」

    輝子「裕美さんが……うずくまって……」

    乃々「えっ!?」

    裕美「う、うう……」

    P「ちょ、ツラそうじゃないか。どうした? 大丈夫かっ!?」

    まゆ「えっ? えっ?」

    裕美「う……う……うっ……!
    ……ううん? う? えっ?」

    P「お。落ち着いた…か?」

    裕美「……えっと……ここは……? つ、机?」

    輝子「あっ……」

    乃々「正気に戻ったっぽいんですけど……」

    15 : 名無しさん@おーぷん : 2017/10/09(月)05:19:38 ID:2A6

    裕美「えっ? えっ? え、ええええっ!? な、なんで私、まゆさんの服に手を入れて胸を揉んでるのっ!?」モミバッ

    まゆ「なんで、もうひと揉みしてから離しましたっ!?」

    裕美「つい……」

    まゆ「ついっ!?」

    乃々「裕美さんは……さっきまでの記憶が無いんですか? その……まゆさんを襲ってた時の」

    裕美「お、襲ってたっ!?」

    輝子「け……結構激しく……」

    P「とても悩ましげに」

    裕美「なっ……!?」

    まゆ「まゆ、もうお嫁に行けません……Pさん以外の」シクシク

    乃々「それは元からなんじゃないですか?」

    16 : 名無しさん@おーぷん : 2017/10/09(月)05:20:31 ID:2A6

    裕美「い、言われてみれば、まゆさんの卑猥な表情が記憶の中、微かに……」

    まゆ「忘れて下さいっ!」

    裕美「わ、わ、私……なんてことを……。
    ち、違う……違うんですっ!
    私……そんなつもりじゃ……!」////

    P「あー、分かってる分かってる。正気じゃなかったんだろう?
    よくある事よくある事」

    裕美「よくある事なんですかっ!?」

    乃々「それもどうかと思いますが……」

    P「大方ウチのギフテットかジーニアスの作った何かに手を出したか手を出されたかしたんじゃないか?」

    17 : 名無しさん@おーぷん : 2017/10/09(月)05:21:08 ID:2A6

    裕美「……えーっと? 疲れてたから冷蔵庫の中のピンク色の瓶に入った栄養ドリンクっぽいのを飲ませて貰った……けど」

    千川ちひろ「げ」

    P「なんかずっと気配を消してデスクワークしてた隣から聞こえたぞ」

    ちひろ「…………」カタカタカタ…ッターン

    ちひろ「…………」カタカタカタ

    P「何もなかったように仕事を続けるなっ!
    ていうか、あんたかっ。 あんたの仕業かっ!
    鬼っ! 悪魔っ! 天使っ! ちひろっ!」

    乃々「なんで微妙に感謝してるんですか……」

    ちひろ「ぐ……。誤魔化せないですか」

    輝子「まぁ……それは……」

    18 : 名無しさん@おーぷん : 2017/10/09(月)05:21:45 ID:2A6

    ちひろ「……そうですよ。大方の予想通り、何のひねりもなく私の仕業ですよ。
    アイドルに飲ませるハートドリンクっていう飲み物の開発をしている時にできた副産物を冷蔵庫に保存してたんですよ!
    捨てるの勿体無くて! 何かに使えるかと思って!
    具体的に言うと今度の飲み会の後、Pさんに飲ませてやろうかなって!」

    P「おいっ!?」

    乃々「崖に追い詰められた2時間ドラマの犯人のごとき自白たーいむ……」

    ちひろ「だってPさんいつもアイドルとばかりイチャイチャして……ちひろ寂しかった!」

    P「媚びて許しを請うなっ!」

    ちひろ「……ちっ」

    輝子(けど……本音っぽい……)

    裕美「う……う……。うわぁぁぁぁん!」////

    P「ああっ! 真っ赤になって!?」

    乃々「泣きたくもなりますよね……」

    19 : 名無しさん@おーぷん : 2017/10/09(月)05:23:15 ID:2A6

    裕美「わたし……わたしぃ……!何てことをぉ……。
    ごめんなさい。まゆさんごめんなさいぃぃ……」

    まゆ「だ、大丈夫ですっ。大丈夫ですから。
    怒ってませんよぉ!」

    P「そう微笑むとまゆは、おもむろに裕美の口をその唇で塞ぎ…」

    まゆ「ませんよ! なんで今日はそっち方面に誘導しようとするんですかっ!」

    裕美「そ、そんな……私……初めては…さんにって……。
    で、でも……ま……まゆさんになら……」ゴクリ

    まゆ「正気に戻ったんですよねぇ!?」

    P「エモい……」

    乃々「エモい……」

    輝子「わかる」

    まゆ「ちょっと!?」

    20 : 名無しさん@おーぷん : 2017/10/09(月)05:23:43 ID:2A6

    裕美「…………」

    まゆ「目をつむって待機しないで!」

    乃々「もりくぼ、自分とPさん以外の人間はみんな同性で愛し合えばいいと思うんです……」

    まゆ「何を言い出すんですか」

    乃々「その方が……美しくないですか?
    もしこの世に神龍がいたら……きっとそう願うんですけど……」

    輝子「願い事が……と、遠回しの世界滅亡……だな」

    乃々「破滅願望くぼ……略して」

    まゆ「シャラップ! それは言わせません!」

    21 : 名無しさん@おーぷん : 2017/10/09(月)05:24:13 ID:2A6

    裕美「……!! ま、まゆさんが……黙れって……!」

    まゆ「裕美ちゃんには言ってませんよっ!?」

    裕美「ほ……本当?」

    まゆ「は、はい……」

    裕美「怒って……ない?」

    まゆ「怒ってませんよぉ……」

    裕美「嫌ってない?」

    まゆ「嫌ってませんよぉ」

    裕美「……じゃあ……連絡先……交換して欲しい。電話番号以外も」

    まゆ「ああ、そういえばその辺り交換してなかったんですね。それくらいなら、もちろんいいですよ」

    裕美「……やった!」

    22 : 名無しさん@おーぷん : 2017/10/09(月)05:24:46 ID:2A6

    P「雨降って俺得地固まる。解決したみたいだし、しばらくは静かにしておくか。
    このまま向こうの部屋に行っておこう……」

    輝子「し、親友……ずっとお姫様抱っこは……て、照れる」

    P「向こうで降ろすなー。さて……」

    乃々「腕が痺れて来てました……」

    P「降りてもいいんだぞ?」

    乃々「りゅっくぼは自分を曲げないんですけど!」

    P「そーかい」

    乃々「では!」

    P「後は若い者でごゆっくり~」

    輝子「……り~」

    ガチャ バタン

    23 : 名無しさん@おーぷん : 2017/10/09(月)05:25:25 ID:2A6

    まゆ「…………」

    裕美「……えへへ。まゆさんの連絡先……」

    まゆ(普段あまり積極的に広めませんからねぇ……。
    こんなに喜んでくれるならもっと早く教えてあげれば良かったかも……)

    裕美「あ。あのっ。私から連絡しても……」

    まゆ「いいですよぉ。今度私からもしますね♪」

    裕美「はいっ!」

    ちひろ「うんうん。仲良きことは美しきことかな。
    女の子の友情はいいですねー」

    裕美「…………」

    まゆ「……ちひろさん。今回はもう何も言いませんが、今後はこんなことやめて下さいねぇ……」

    ちひろ「い、いえす、まむ!」

    24 : 名無しさん@おーぷん : 2017/10/09(月)05:25:58 ID:2A6

    まゆ「そもそも惚れ薬で人の心をどうこうしようっていうのが間違ってるんですよ」

    裕美「そうですそうです!」

    ちひろ「でもハートドリンク実装は運営の方針だし……」

    まゆ「運営って……」

    ちひろ「あとさっき裕美ちゃんが飲んだのは、あくまでハートドリンク作製の副産物であってそのものじゃないですよ?」

    まゆ「……えっ?」

    ちひろ「惚れ薬ほど強力なものではないですね。
    あれの効果は本能の活性化……つまりは理性のタガを外す作用がある……って感じです。
    だから想いの後押しくらいにしかならいと思いますよ」

    まゆ「理性のタガを外し……本能を……」

    ススス……

    裕美「何で私から距離を取るんですかっ!?」

    まゆ「い、いいえぇ、なんでもありませんよぉ?
    そろそろ……こう……机の下で寄り添うにも暑い季節だなぁ……と?」

    裕美「秋ですよ! 10月8日! そろそろ人肌恋しいくらいの季節ですよ!?」

    25 : 名無しさん@おーぷん : 2017/10/09(月)05:26:28 ID:2A6

    まゆ「ちょ、だからって無理にそんなにくっ付かなくても……!」

    裕美「嫌なんですか! 私のこと嫌いになったんですかっ!」

    まゆ「お薬抜きで軽く病んでませんかぁ!?」

    ちひろ「まゆちゃんがそれを言いますか……。
    そしてここで残念なお知らせが……」

    まゆ「まだ何かあるんですかっ!?」

    ちひろ「いえね……件のお薬、冷蔵庫に瓶で3本入れておいたはずなんですよ……。
    けど、今見たら一本も残ってなくて……」

    まゆ「……えっ?」

    ちひろ「裕美ちゃん3本共飲んだりした?」

    裕美「いえ、私は一本しか飲んでませんが……」

    まゆ「……えっ?」

    26 : 名無しさん@おーぷん : 2017/10/09(月)05:26:58 ID:2A6

    ちひろ「となると、残りの2本は一体どこにいったのか……みすてりぃ……」

    まゆ「みすてりぃ……じゃないです!
    大変じゃないですかっ! もし誰かが飲んじゃってたりしたら……!」

    ちひろ「そこで心当たりがひとつ」

    まゆ「えっ?」

    ちひろ「今日はPさん、妙に下心全開だったと思いません?」

    まゆ「…………」

    まゆ「えっ?」

    ちひろ「ついでに普段はそんな事ないのに、乃々ちゃんがちょっと腐り気味だったり……」

    まゆ「えっ?」

    ちひろ「消えた2本はあの二人が飲んだんじゃないかなーって。
    確証はないけれど……。
    ほら、Pさんの机のゴミ箱にピンク色の瓶が2本」

    まゆ「確定じゃないですかっ!」

    27 : 名無しさん@おーぷん : 2017/10/09(月)05:27:30 ID:2A6

    ちひろ「どうやら効果の持続時間は人それぞれみたいですねー」

    まゆ「ねー……って、そんな呑気なっ!」

    裕美「あっ!」

    まゆ「今度はなにっ!?」

    裕美「あ、いえ、Pさんが乃々ちゃんと一緒に……その……シラフな輝子ちゃんを抱えて行った部屋……多分……仮眠室っぽかったよなー……って」

    まゆ「…………」

    まゆ「……えっ!?」



    輝子貞操の危機エンド。

    28 : 名無しさん@おーぷん : 2017/10/09(月)05:28:05 ID:2A6

    蛇足。

    事務所 応接間にて

    P「うおー! はなせー! ちひろー!
    俺が何をしたー!
    まだ何もしてないぞー!」ジタバタ

    乃々「縛られたんですけどっ!
    Pさんと一緒に縛られて動けないんですけどっ!」ジタバタ

    P「戻ってこいちひろー! 解けー!
    そして俺に輝子を返せー!」

    乃々「三人で一緒に色々お勉強するんですけどー!」

    ガチャ

    29 : 名無しさん@おーぷん : 2017/10/09(月)05:28:40 ID:2A6

    浅利七海「ふんふふんふふーん。アサナナミ~♪ ……あれ?」

    P「!」

    乃々「!」

    七海「Pと乃々ちゃん……二人揃ってロープでグルグル巻き……何をしているのれすか?」

    P「ちょうどいい所に来たっ! 七海っ!
    これを解いてくれっ! 悪人に縛られて動けないんだっ!
    俺はまだ何もしてないのにっ!」

    乃々「もりくぼのもほどいて欲しいんですけどっ!
    どうせ縛られるならPさんに、もっと肌に食い込むくらいに縛られたかったんですけどっ!」

    P「おう、任せろっ! 自由になったら思う存分縛り上げてやるぞぉ!」

    30 : 名無しさん@おーぷん : 2017/10/09(月)05:30:11 ID:2A6

    【デレマスSS】関裕美「机の下から一歩踏み出しましょう」乃々「おんざですく」30

    31 : 名無しさん@おーぷん : 2017/10/09(月)05:30:57 ID:2A6

    七海「……よく分からないれすが……ほどけばいいんれすよね?
    何かあったらこんな風に縛られるのれすか……」シュルシュル

    P「解っ!」バッ

    乃々「放っ!」バッ

    七海「元気れすねー」

    P「よぉし、これで自由だ。あとは思う存分……!」ギラリ

    七海「……へ?」

    乃々「ターゲット変更……なんですけど!」ニヤリ

    七海「……ほ?」

    P「七海ぃぃぃぃっ!」

    乃々「七海さぁぁぁぁん!」

    七海「なんなんれすか! これは~っ!」

    ガチャ

    佐城雪美「……苺の……ケーキ……買って来……た……?」


    ハッピー(バースデー)エンド。

    32 : 名無しさん@おーぷん : 2017/10/09(月)05:31:16 ID:2A6

    【デレマスSS】関裕美「机の下から一歩踏み出しましょう」乃々「おんざですく」32

    33 : 名無しさん@おーぷん : 2017/10/09(月)05:32:04 ID:2A6

    関裕美ちゃんボイス実装おめでとうございます!

    七海誕生日おめでとう!


    そして申し訳ございません。
    まゆ好きで数年来のまゆPさんだと聞いて嬉しくなってしまいました。
    今後なるべく中の人ネタ的なものは自粛します。

    34 : 名無しさん@おーぷん : 2017/10/09(月)05:32:51 ID:2A6

    【デレマスSS】関裕美「机の下から一歩踏み出しましょう」乃々「おんざですく」34


    【デレマスSS】関裕美「机の下から一歩踏み出しましょう」乃々「おんざですく」
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1507493482/
                             
                                      

    コメント

            

            

     

    ブログパーツ

    最新記事