Article

        

北条加蓮「夢物語と諦めないで」

2018/ 09/ 14
  • タグ:北条加蓮 ◆6RLd267PvQ

  •                  
    目次
    1 : ◆6RLd267PvQ : 2018/09/05(水)00:30:40 ID:cbM

    加蓮、誕生日おめでとう。

    拙作で良ければお付き合いを。

    2 : ◆6RLd267PvQ : 2018/09/05(水)00:31:08 ID:cbM

    ーーーーーー

    P「キミ…ちょっといいかな、時間あるなら…」

    加蓮「ナンパなら、どっか行ってよ。そーゆーの、興味ないから」

    P「ナンパ?いや違うって、俺は…」

    加蓮「……名刺?芸能事務所のスカウト?」

    加蓮「プロデューサー……?」

    ーーーーーー

    3 : ◆6RLd267PvQ : 2018/09/05(水)00:31:40 ID:cbM

    P「だから、な?ひと目見て、ピンと来たんだよ…キミには、アイドルの素質があるって」

    加蓮「ふぅん……アタシが、アイドルねー」

    P「どうかな、よければ一緒に…」

    加蓮「……………アイドル、か」

    P「……あの……?」

    加蓮「ごめん。やっぱいいや。名刺、返すよ」

    P「え……でも」

    4 : ◆6RLd267PvQ : 2018/09/05(水)00:32:03 ID:cbM

    加蓮「アイドルなんて……そんな夢みたいなこと、叶うわけないから」

    加蓮「声かけてくれたのは嬉しいんだけどさ、アタシには無理だから。」

    P「いや、待ってくれ、せめて見学だけでも……」

    加蓮「バイバイ。悪いけど他探して。」スタスタ…

    P「待ってくれ……!話を……」

    加蓮「……無理だから。ホントに」

    P「…あ…」

    加蓮「…じゃあね」タタタタ

    P「………涙……泣いてた……どうして……?」

    5 : ◆6RLd267PvQ : 2018/09/05(水)00:32:21 ID:cbM

    ーーーーー

    加蓮「ハァ…ハァ…っ………ハァ…!」タタタタ…

    加蓮「……もう、ついてきてない、よね」

    加蓮「……ぷっ」

    加蓮「あはははは……アイドル、アイドルだって、アタシが?」

    加蓮「今になって、ホント今更……何で……」

    加蓮「……神様って…どんだけ適当なのよ……」

    加蓮「……ふざけないでよ…!」

    6 : ◆6RLd267PvQ : 2018/09/05(水)00:32:48 ID:cbM

    加蓮「もう……過去に縛られるのは……イヤ…」

    加蓮「アタシは…いい加減自分の人生、向き合って生きてかなきゃいけないのに…」

    加蓮「いつまでも子供みたいな…夢ばっか見て生きてられないでしょ……だから…」

    加蓮「止まってよ……涙……みっともないじゃん………こんなの……」

    7 : ◆6RLd267PvQ : 2018/09/05(水)00:33:06 ID:cbM

    「うそつき」

    加蓮「……っく……うぅ……」

    「本当は、うれしかったくせに」

    加蓮「うるさい」

    「本当は、なりたかったくせに」

    加蓮「うるさい……アンタに何がわかるのよ……!」

    「わかるよ」

    「だって私は……」

    「アイドルになったあなただから」

    加蓮「え……?」

    ーーーーーー

    8 : ◆6RLd267PvQ : 2018/09/05(水)00:33:26 ID:cbM

    加蓮「ここ…どこ…?何でアタシ、こんなところに……」

    ワーワー キャー

    加蓮「あれは…ステージ…?」

    加蓮「嘘……だって、あの子今そこに……」

    「みんなーーー!!盛り上がってるーー!?」

    ワァアアアアア

    9 : ◆6RLd267PvQ : 2018/09/05(水)00:33:52 ID:cbM

    加蓮「……………」スタ…スタ…

    「……どう?凄いでしょ、私のステージ」

    加蓮「ホントに…アンタは…アタシ…なの……?」

    加蓮「これは…夢…?…アタシがどうかしちゃったのかな…?幻とか……」

    「大丈夫、ちゃんと元の世界に返してあげるから」

    「けど……その前に、聴いていってよ」

    加蓮「聴くって…」

    「誰もが憧れるアイドルの、魂を込めた一曲をね」

    「……いくよ!」

    ドウッ?

    10 : ◆6RLd267PvQ : 2018/09/05(水)00:34:07 ID:cbM

    加蓮「……きゃっ……!」ビリビリビリ……

    「ーーーーー♪」

    加蓮「……肌が焼け付くような熱気……唇が乾いて………胸がドキドキして……」

    加蓮「何、これ……凄く……」

    加蓮「……楽しい……!」



    ーーーーーーー

    11 : ◆6RLd267PvQ : 2018/09/05(水)00:34:31 ID:cbM

    「アンコール、ありがとう!今日のライブ、どうだったかな…」

    「本当はもっと歌いたいんだけど…でも、きっとまた逢えるって信じてるから、じゃあねなんて言わないよ」

    「アイドルの北条加蓮でした!またね♪」

    ワアアアア カレエエエン サイコーー ヒューヒュー

    加蓮「待って!」

    「…もう時間だから、行かなきゃ」

    加蓮「待って……アタシ……」

    加蓮「アタシも!!……本当に輝ける……?」

    12 : ◆6RLd267PvQ : 2018/09/05(水)00:34:53 ID:cbM

    「あなたが輝きたいって思うなら、諦めないでチャレンジしてみて」

    「大丈夫、だって…まだあなたは、自分を、夢を捨てきれてないんだもん」

    加蓮「……いいのかな……夢、見ても……」

    「まだ16歳じゃん、人生諦めるには早すぎでしょ」

    「素直にならなくちゃね?自分にも…夢にも、周りの人にもさ」

    加蓮「……アタシ……諦めてたよ……勝手に、悟った気になってさ……」

    加蓮「でも……いいんだよね、夢見ても……」

    加蓮「アイドルの夢、目指してもいいんだ……!」

    13 : ◆6RLd267PvQ : 2018/09/05(水)00:35:13 ID:cbM

    「……ふふっ。この分だと私もうかうかしていられない、かな」スウ…ッ

    「あなたに……過去のアタシに追いつかれないように、もっともっと未来で待ってなくちゃ」

    加蓮「絶対すぐ追いついてあげる」

    加蓮「私………諦めないから」

    「うん。……知ってるよ」

    「それとね……もし、一人で走るのが苦しくなっても……あなたには………」

    14 : ◆6RLd267PvQ : 2018/09/05(水)00:35:28 ID:cbM

    ーーーーーー

    P「おーーい!!」

    加蓮「あ…さっきの……」

    加蓮「ここ……ステージじゃ……ない…?」

    P「え、す、ステージ?」

    加蓮「ううん、何でもないの」

    加蓮「あの……アイドル……」

    P「ん?」

    15 : ◆6RLd267PvQ : 2018/09/05(水)00:35:49 ID:cbM

    加蓮「あ……アイドルになるなんて、テレビの中だけの夢物語だよね」

    P「そうかな…俺は、キミなら……」

    加蓮「アタシ、本当に何もないよ?」

    加蓮「それとも、アンタがそんなアタシをアイドルにしてくれるの?」

    加蓮「できるって、言うの?」

    P「…確かに、一人で全部抱えようとしたら、すぐに潰れてしまうかもな」

    加蓮「うん…」

    P「でも、俺が支えるよ。俺だけじゃない、同じ夢を目指す仲間達だって、きっと力になってくれるさ」

    P「それじゃ、ダメかな」

    16 : ◆6RLd267PvQ : 2018/09/05(水)00:36:09 ID:cbM

    加蓮「……一人で抱えてたら、苦しくなる……」

    加蓮「……一緒なら、できる?」

    P「そのためのプロデューサーだよ」

    加蓮「……うん、わかった……じゃなくて」

    加蓮「じゃあ……私を……北条加蓮を…アイドルに…」

    P「加蓮をトップアイドルにする。約束だ。」

    加蓮「うん。やるからには…絶対…!」

    加蓮「これから、よろしくね。プロデューサーさん」

    17 : ◆6RLd267PvQ : 2018/09/05(水)00:36:38 ID:cbM

    ーーーーーー

    「…ん……」パチパチ

    P「お、起きたか?」

    「私…眠って…?」

    P「ぐっすりだったなあ、まぁ春だし、無理もないんだろうけど……ふぁあ…」

    P「もうすぐ家につくけど、ご飯、どうする?」

    「お母さんには連絡してるし…うん、軽くポテトとか食べて帰りたいな」

    P「ポテトはダメ、ちゃんとした晩飯な」

    「ぶーぶーっ」

    18 : ◆6RLd267PvQ : 2018/09/05(水)00:36:58 ID:cbM

    P「ごねるなって。…わかったわかった、少しだけな、ただし、晩ご飯もちゃんと食べること」

    「やった~、そうこなくちゃね♪」

    P「ったく、現金な奴…」

    P「あ、そういやお前……さっきな」

    「んー?」

    P「寝ながら何歌ってたんだ?」

    「へっ」

    19 : ◆6RLd267PvQ : 2018/09/05(水)00:37:23 ID:cbM

    P「いや、ついさっきな…おねシンなのかゴキゲンPartynightなのか、なんか愉快な感じで口ずさんで……」

    「わ、忘れて!って言うか歌ってないから!気のせいだから!!」

    P「そうかぁ?なんか色々混ざってたような……気のせいかなあアレ……」

    「昔のアタシめ……こんな恥ずかしい事してあげたんだから…さっさと追いつかないと許さないんだから……」

    P「加蓮?」

    加蓮「なんでもなーい!早くポテトポテトっ!」

    20 : ◆6RLd267PvQ : 2018/09/05(水)00:37:41 ID:cbM

    P「わかったって、そう急かすなっての」

    加蓮「ポテトー!ふふふっ」

    P「全く…勢いでごまかしてないか?」

    加蓮「いいから行くの!プロデューサーさんの奢りだからね」

    P「おう俺の奢り……えぇ!?」

    加蓮「当たり前でしょ~、ほら急いだ急いだっ」

    P「トホホ…給料日前なのになぁ…ま、仕方ないか…」

    21 : ◆6RLd267PvQ : 2018/09/05(水)00:38:03 ID:cbM

    ーーーーーー



    加蓮「これからも私、頑張るからね、プロデューサーさん」

    加蓮「私を見つけてくれた…たった一人の人のためにも」

    加蓮「アタシを信じてくれた、もう一人の私のためにもね」

    加蓮「いくよ。これが私のステージっ!!」

    ワアアアアアアアアア…!

    22 : ◆6RLd267PvQ : 2018/09/05(水)00:38:20 ID:cbM
    おしまい。

    23 : ◆6RLd267PvQ : 2018/09/05(水)00:40:17 ID:cbM
    加蓮へ。
    出逢ってくれてありがとう。

    これからも、一緒に頑張ろうな。


    よかったら、彼女の誕生日を、祝ってあげて下さい。

    きっと、絶対、喜ぶと思いますので。


    では、お目汚し、失礼をば。

    25 : ◆K7qLUv4H.Lbp : 2018/09/05(水)18:20:50 ID:ls0


    白黒映画にして、ムービー風に流したくなりますね。かれおめ



    北条加蓮「夢物語と諦めないで」
    http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1536075040/
                             
                                      

    コメント

            

            

     

    ブログパーツ

    最新記事