Article

        

ありす「柚さんに」杏「ボイス実装!」文香「おめでとうございます…」

2019/ 08/ 20
  • タグ:喜多見柚 双葉杏 鷺沢文香 橘ありす 星輝子 森久保乃々 三村かな子 緒方智絵里 ◆csvpCWbN8Yuv

  •                  
    シンデレラガールズ 目次

    1 : ◆csvpCWbN8Yuv : 2017/09/27(水) 02:12:45.41 ID:aTHkJTtN0


    ※シンデレラガールズSSです。
    ※杏たちがそれとなく祝います。
    ※柚ちゃんボイス記念!

    前々作
    ありす「休憩時間の」文香「フリートーク」杏「差し入れだよー」

    前作
    杏「事務所で」文香「フリートーク」ありす「その2です」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1506445965


    2 : ◆csvpCWbN8Yuv : 2017/09/27(水) 02:15:05.59 ID:aTHkJTtN0


    【事務所】

    柚「おっつかれさまっ……うりゃ!」ギィイィイッ

    パン! パパンッ!

    柚「うわわっ!?」

    杏「柚ちゃんおめでとー」

    文香「おめでとうございます……」

    ありす「おめでとうございます」

    柚「びっくりしたーっ! 杏チャンに文香サン……と、ありすチャン! びっくりだけどアリガトー!!」

    杏「いやーめでたいね。杏もずっと待ってたよ」

    ありす「私からもお祝いさせてください。柚さんとは、何かと縁もありましたからね」

    柚「あー、その話題はお祝いの席に相応しくないんじゃナイカナ」

    杏「柚ちゃんが遠い目に」

    文香「ところで……何がおめでたいのでしょう?」

    ありす「文香さん知らずにクラッカー放ってたんですか」

    杏「何ってそりゃあ、柚ちゃんに声がついたんだよ」

    文香「……? 声は元からありましたよ……?」

    ありす「メタいメタい」

    柚「これアタシのお祝いであってるんだよね?」


    3 : ◆csvpCWbN8Yuv : 2017/09/27(水) 02:20:56.11 ID:aTHkJTtN0


    杏「メタを怖がってたら何もやってらんないよ。杏はなにも恐れない!」

    柚「んーっ、杏チャンのそういうトコいいよねっ! 我が道を行くカンジ!」

    ありす「確かに、杏さんは他を寄せ付けない個性がありますよね」

    杏「そうかな。杏はどこにでもいる普通の女の子だよ」

    文香「そうですね……付け加えるなら、『可愛らしい』女の子です……」

    杏「よせやい照れる」

    ありす「……頭頂部から脚先まで何一つ普通が見当たりませんけど」

    柚「ひゅーっ杏チャンカワイー! アタシももーっと個性を出して行きたいなっ!」

    ありす「柚さんが望むならいいですが……あまり欲しくない個性もありますよね」

    杏「料理スキルとか?」

    ありす「杏さんに言われたくないです」

    柚「あれれ? なにもキコエナーイ」


    4 : ◆csvpCWbN8Yuv : 2017/09/27(水) 02:24:18.17 ID:aTHkJTtN0


    ありす「……そういえば杏さんって、自分にコンプレックスみたいな感情はないんですか?」

    文香「♪Don't stop my love~」

    柚「恋をとめないで~♪」

    杏「んー、あんまりないかな」シレッ

    ありす「……後でスルースキルの指導をお願いします。それはそうと、本当にないんですか?」

    杏「例えば身長もそうだけどさ、大きくて悩む人もいれば、その逆もいるじゃん? 普通で悩む人だっているし。何がベスト、とかないんだよ」

    柚「おっと鮮やかなボケ殺しだっ!」

    文香「真面目な話題に転換することで……私たちをボケ役ではなく、ただの変人に貶める高等テクニックです……鬼畜なんですけど……」

    ありす「もしかして乃々さんに憑依されてます?」

    文香「ふみくぼですけど……」

    ありす「その合成はカワイイの基準値を超えるので駄目です」ハナヂ

    ??「ボクのカワイイはカンストですけどね! フフーン!」


                
    PICK UP!

    5 : ◆csvpCWbN8Yuv : 2017/09/27(水) 02:29:14.52 ID:aTHkJTtN0


    杏「何の話だっけ。吉川晃司?」

    ありす「違います。コンプレックスです。……なんですかこの会話は」

    文香「♪今すべての思い出を投げ捨てて」

    柚「そもそもはアタシのお祝いじゃなかったっけ? アタシ主役なのに影薄いよ!」

    杏「まあ、杏はこんな見てくれだけどさ。それが個性になって、武器になって、印税になるなら何だっていいよ」

    ありす「杏さんはブレませんね……」

    文香「……」クスン

    柚「あーっ! ノっておくべきだったゴメン!」

    文香「心に致命傷を負いました……」

    ありす「ここでボケ続けられるだけでも相当タフネスですよ」

    杏「それに……杏が小さいこと気にしてたら、逆の立場の人はいい思いしないんじゃないかな。小さい杏がいて、大きい人もいれば……ほら、プラマイゼロで丸く収まるでしょ」

    文香「仲がよろしいんですね……」

    柚「ベストパートナーだよネっ! うらやましー!」

    ありす「杏さんは意外と優しいところありますよね」

    杏「な、なにさ……誰とは言ってないじゃん」

    柚「ひゅーひゅーっ♪」


    6 : ◆csvpCWbN8Yuv : 2017/09/27(水) 02:41:58.34 ID:aTHkJTtN0


    ありす「それはそうと、柚さんのお祝いもしなければいけませんね。……事務所の冷蔵庫にイチゴがあったはずです」

    柚「え゛」

    文香「お料理でお祝い……私にもお手伝いしたいです」

    柚「いやあホラ、アタシのことは気にしなくていいからっ!」バタバタ

    杏「あー、台所は今かな子ちゃんと智絵里ちゃんが使ってるよ。冷蔵庫に余ってたイチゴ全部使って、お祝いのケーキ焼くんだって」

    ありす「そうですか……それなら仕方ありませんね……」

    柚「ホント!? かな子チャンのケーキっ!?」

    文香「折角、柚さんのためなら……ユニットの3人で作れば良かったのでは?」

    杏「杏じゃ手伝えないし……二人も、杏がめんどくさがるの分かってるから声かけてこなかったからね」

    杏「杏はただ、かな子ちゃんに『冷蔵庫に余ってるイチゴをどうにか今日までに使い切って』って頼んでおいただけだよ」

    柚「……杏チャン、あとでなんかオゴらせて」グッ

    杏「いいから祝われてなよ」


    7 : ◆csvpCWbN8Yuv : 2017/09/27(水) 02:59:00.13 ID:aTHkJTtN0


    【机の下】

    輝子「ボノノちゃん……お祝い、決まった……?」

    乃々「もりくぼには……あんな、キラキラした柚さんに渡せるものなんて、何一つないんですけど……太陽と見間違えましたけど……」

    輝子「確かに……直視できない、な……まぶしい」

    乃々「日陰者には刺激が強すぎるぅ……もりくぼはもう灰になります……」

    輝子「フヒ、灰になる、ヴァンパイアは……私の役、だよ……灰に……ハイ、に……ッ、……ハイにィ! なってやるゼェエェェッ!!!」ヒャッハ-!

    乃々「輝子ちゃんも……充分眩しすぎますけど……うぅ」

    ??「あっ、輝子ちゃんと乃々ちゃん、ここにいたんだ」

    輝子「誰だァッ!……っ、あ、……かな子さん……フヒ」

    かな子「今、柚ちゃんのお祝いにケーキ焼いたんだけど……イチゴを使い切ろうとしたら作りすぎちゃって、いっぱいあるから一緒にどう?」

    智絵里「私もちょっとだけ、手伝ったけど……作ったのは、ほとんどかな子ちゃんだから」

    乃々「甘い匂いが……もりくぼはおびきよせられますけど……」

    輝子「キノコとデザートは別腹だから、ね……」

    かな子「良かった! 向こうのテーブルでみんなで食べよう」

    乃々「あぅぅ……いとも簡単に連れ出されてしまいました……最近のもりくぼはちょろいです……ちょろくぼですけど……」


    8 : ◆csvpCWbN8Yuv : 2017/09/27(水) 03:02:07.97 ID:aTHkJTtN0


    【事務所】

    杏「やっぱりかな子ちゃんのケーキはハイレベルだね」モグ

    文香「美味しいです……イチゴもたっぷりで贅沢感がありますね」

    ありす「かな子さんもかなりのイチゴ使いと見ました」キリッ

    智絵里「おいしい……♪」パァァ

    かな子「みんな美味しそうに食べてくれて嬉しいなっ」

    柚「……イチゴってこんなに美味しかったっけ……シアワセってこういうことなんだね」

    かな子「もしかしてイチゴ苦手だった……?」

    柚「ううん、大丈夫だよ……アタシはもう救われたからっ……!」キボウノヒカリ!

    ありす「柚さんもイチゴが好きで良かったです。近いうちにリベンジしますね」

    柚「ンフッ」ゲホゲホ

    杏「やっぱりこうなるかー」

    輝子「ベニテングタケクン……じゃなかった、……イチゴが、丸ごと一個……」

    乃々「もりくぼはもう消えてもいいです……それくらい美味しいです……もう消えますね……」

    輝子「ボノノちゃん、まだクリームが……残ってるよ?」

    乃々「まだ消えるわけにはいかないんですけど!……はむっ」


    9 : ◆csvpCWbN8Yuv : 2017/09/27(水) 03:08:35.09 ID:aTHkJTtN0


    短いですが、これで終わります。
    私が初めてデレステに課金したのはスカチケで柚ちゃんをお迎えするためでした。思えばそれが人生初のソシャゲ課金です。はじめては柚ちゃんです。

    書いてる途中に2回くらい『あれ、ボイス実装って私の勘違いじゃないよね? 夢じゃないよね?』となったので筆が遅くなりました。夢だったら教えてください。

    最後まで読んでくださった方、ありがとうございます。長々と失礼しました。


    10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2017/09/27(水) 08:37:45.06 ID:emXAqqso0

    また一派閥、幻聴から解放されたP達が増えたか
    11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2017/09/27(水) 09:52:58.59 ID:h9sbytRcO

    ありすのイチゴ料理は絶品じゃぞ
    12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2017/09/27(水) 12:16:11.89 ID:4POzqU/SO
    橘乙




    おすすめ記事
    アイドルマスターシンデレラガールズの関連記事
                
                                      

    コメント

            

            

     

    ブログパーツ

    最新記事