Article

        

ミリP「しずかわいい」

2019/ 08/ 03
  • タグ:最上静香 青羽美咲 ◆C2VTzcV58A

  •                  
    ミリオンガールズ(765プロ総合)目次

    1 : ◆C2VTzcV58A : 2018/01/23(火) 22:31:05.60 ID:zAwL45A8O


    P「かわいい」

    最上静香「………」

    P「かわいい」

    静香「………」

    P「しずかわ」

    静香「仕事してください」

    P「はい」


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1516714265


    2 : ◆C2VTzcV58A : 2018/01/23(火) 22:33:51.04 ID:zAwL45A8O


    静香「まったく! 真剣な顔で向かい側に座ってくるから何かと思えば……」

    P「真剣にかわいいと思っている」

    静香「なっ……! だ、だから! そういうこと言う前にやるべき仕事を」

    P「超かわいい」カタカタカタカタ

    静香「ものすごい速度でタイピングを!? 仕事をしながらじゃ文句が言えないじゃないですか!」

    P「文句言わなければいいんじゃないかわいい」

    静香「しれっと語尾に『かわいい』って付けないでください!」

    静香「どうしたんですか今日は……普段から変なところはありますけど、一層変ですよ」

    P「たまには抱えている感情を隠さず言葉にしたほうがいいと思ったんだ」

    静香「……それはつまり、日常的に私がかわいいと思っているということですか?」

    P「そうだ」

    静香「かわいくてかわいくて仕方がないと?」

    P「そうだ」

    静香「せ、世界一かわいいと?」

    P「それは世界をめぐってみないとわからないな」

    静香「なんでそういうところだけ常識的な答えなんですか」イラッ




    3 : ◆C2VTzcV58A : 2018/01/23(火) 22:34:24.85 ID:zAwL45A8O



    P「とにかく、静香はかわいい。しずかわいい」

    静香「ま、またそんなことを! もう反応しませんから!」

    P「べつに反応してくれとは言ってないぞ」

    静香「じゃあ反応しません!」

    P「うん」

    静香「本当に反応しませんよ! いいんですか!」

    P「うん」

    静香「わかりました! はい、反応しません! 一切反応しません! 好きなだけかわいいとかなんとか言えばいいですけど私は反応しませんから!」

    静香「はい、スタート!」

    P「………」

    静香「………」

    P「………」

    静香「………」



    静香「どうして何も言わないんですか!!」

    P「そういうところがかわいいから」


                
    PICK UP!

    4 : ◆C2VTzcV58A : 2018/01/23(火) 22:35:05.16 ID:zAwL45A8O


    静香「だ、だいたいですね。かわいいって言葉は、もっと他の子に言うべきです。未来とか」

    P「確かに未来もかわいいが、静香もかわいいぞ」

    静香「む~……つ、翼とか!」

    P「翼はエロい」

    静香「は?」

    P「口が滑った」

    静香「ふーーーん……翼のこと、そういうふうに思っていたんですね。へえ……」

    P「し、仕方ないだろう。あの豊満なボディーで無防備なスキンシップをとってくるんだぞ」

    静香「まあ、確かに翼はプロデューサーに対する距離感が近いとは思いますけど……」

    P「だから仕方ないんだ。男の性なんだ」

    静香「でも、14歳にそういう気持ちを抱くのはどうかと思います。不純です」

    P「すまない」

    静香「はい、反省してください」

    P「今後は男の性を押さえつけるようにするよ」

    静香「そうしてください」

    静香「………ちなみに。私はどうですか」

    P「え?」

    静香「ですから! 私に、翼と同じような、そういう……女性らしい魅力を感じたことがありますか」

    P「女性としての魅力は何度も感じているよ」

    静香「え、エッチだとも?」

    P「それはどうかなあ。静香はまだ14歳だし……」

    静香「翼も14歳ですけど」

    P「あ、あはは。そこを突かれると痛い」

    静香「やっぱり、私が子どもだからですか……?」

    P「そういうわけじゃない。確かに静香はまだ子どもだけど、ここに来てから心も体も成長したと思う。時々、俺のほうがはっとさせられるくらいのことを言ってくれるようになった」

    P「俺の14歳の頃と比べたら、それこそ雲泥の差だよ」

    静香「……プロデューサーと比べられても困ります。今でも子どもっぽいんだから」

    P「ははは、それはそうだ」

    静香「……でも、ありがとうございます。プロデューサーは、子どもっぽいけど、大人ですね」

    P「静香は、大人っぽいけど子どもだな」

    静香「……そうですね。今は、そうです」




    5 : ◆C2VTzcV58A : 2018/01/23(火) 22:35:40.79 ID:zAwL45A8O


    静香「ちなみに聞いておきますけど。私のどういうところがかわいいと思うんですか」

    P「気になるのか」

    静香「一応! 一応、聞いておくだけです! 別にすっっっごく気になるとかそういうわけじゃありませんから!」

    P「わかったわかった。言うよ」

    P「まず顔がかわいい」

    静香「はうっ」

    P「一見クールなようで割と頻繁に見せる年相応な表情がかわいい」

    静香「わ、割と頻繁っ!?」

    P「あと服、服がかわいい。お嬢様らしくもかわいらしいファッション」

    静香「あ、ありがとうございます……」

    P「あと、食べている時にすごく幸せそうな顔をするのがすごくかわいい。うどん食べてる時とか、こっちも幸せになる」

    静香「そ、そんなにですか」

    P「あと、星梨花たちと話しているときに見せるお姉ちゃんしてる顔も超かわいい」

    静香「あ、あう」

    P「あと」

    静香「も、もういいですっ! もう十分です、十分わかりました……」

    P「夢に向かって頑張っている姿はすごくかっこいい。限られた時間を一生懸命生きている姿は、本当に輝いている」

    静香「………」

    静香「そういうの、ズルいと思います」

    P「大人はズルいもんだ」

    静香「ふんっ」

    静香「これからも頑張りますから、ちゃんとついてきてくださいね」

    P「ああ」

    静香「返事はしゃきっと!」

    P「はい!」

    静香「それでいいです」フフッ





    6 : ◆C2VTzcV58A : 2018/01/23(火) 22:36:41.00 ID:zAwL45A8O


    P「ああ、でも。ひとつだけ静香のかわいくないところがあった」

    静香「え? いい感じに話が終わりそうだったのに問題提起ですか?」

    P「静香はもっと俺を頼ってほしい。はじめの頃に比べればずっとマシになったけど、もっと頼ってくれていいんだぞ?」

    静香「それは……だって」

    P「だって? 俺のほうに原因があるならなんとかするから」

    静香「だって……」

    静香「プロデューサーだって、私のことをあまり頼ってくれないじゃないですか……」

    P「えっ」

    静香「私はまだ14歳だから、大人の方のほうが頼りやすいのはわかります。でも、あなたは私のプロデューサーで、私はあなたの担当アイドルなんです。対等でいたいんです」

    静香「だから……もっと、頼ってください」

    P「静香……」

    静香「それとも……私じゃ、足りませんか?」

    P「静香……お前……」


    P「本当にかわいいなあ!!」

    静香「え、ええっ!? ちょっと、このタイミングでそれはおかしくないですか!?」

    P「そんなことない! ありがとう! 力になる言葉だ!」

    静香「わ、わかってくれればいいですけど」

    P「しずかわいい!!」

    静香「だ、だからここでかわいいはおかしいですって!」




    7 : ◆C2VTzcV58A : 2018/01/23(火) 22:37:40.77 ID:zAwL45A8O


    翌日


    青羽美咲「おはようございまーす♪ 今日も一日頑張りましょう!」



    P「静香はかわいいなあ」ナデナデ

    静香「も、もうっ。褒めすぎですよ……ほら、腕を動かされると肩もみができないじゃないですか」

    P「ごめんごめん。続き、お願いします」

    静香「任せてください。マッサージには自信があるんです」モミモミ




    美咲「……なんだか、仲良しですね? いつもより距離が近いような……」

    P「ああ、青羽さん。おはようございます」

    静香「おはようございます」

    美咲「おはようございます。肩もみですか?」

    P「はい。もっと頼れと言われたので、もんでもらってます」

    静香「この後私ももんでもらう予定です。頼られたぶん、頼ることにしているので」

    美咲「ギブアンドテイクですね! いいことだと思います♪」

    P「しずかわいい」ナデナデ

    静香「んにゃっ!? だ、だから急に撫でるのはダメですってば!」

    P「静香がかわいいからつい」

    静香「もうっ、お返しです!」ワシャワシャ

    P「うおっ、俺の頭を」

    静香「プロデューサーは子どもっぽいので、頭も入念にもみもみしてあげます♪」ナデナデ

    P「うおお、なんだこのなんとも言えない感覚は……」

    静香「どんどん私を頼ってくれるようにしてあげますからね~」

    P「ぐっ……なら次は、静香を膝の上に乗せさせてくれ!」

    静香「ひ、膝の上……そんなことがしたいんですか?」

    P「きっと元気が出る」

    静香「……もう。仕方ないですね、プロデューサーは」



    美咲「………」

    美咲「な、仲良しの範囲ですよね? これ」



    おしまい


    8 : ◆C2VTzcV58A : 2018/01/23(火) 22:40:46.74 ID:zAwL45A8O


    おわりです。お付き合いいただきありがとうございます
    静香さんかわいいですね

    過去作
    北沢志保「ネコのお考え」

    などもよろしくお願いします


    10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2018/01/26(金) 16:00:42.99 ID:ntqt9GkGO
    娘感つよくてかわいいもがみん

    11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2018/02/16(金) 23:06:53.70 ID:ztRc/R7O0
    乙かわいい




    おすすめ記事
    アイドルマスターミリオンライブ!の関連記事
                
                                      

    コメント

            

            

     

    ブログパーツ

    最新記事