Article

        

織斑一夏「はあ、男が欲しい……」

2019/ 08/ 01
  • タグ:織斑一夏 凰鈴音 ラウラ・ボーデヴィッヒ ◆C2VTzcV58A

  •                  
    二次創作総合 目次

    1 : ◆C2VTzcV58A : 2017/10/10(火) 23:35:21.81 ID:IyMoB4KNO


    鈴音「………ホモ?」

    一夏「違う」

    鈴音「え、だって急に男が欲しいとか言い出すから……大丈夫? 弾呼ぼうか?」

    一夏「お前、仮に俺がホモだとして弾を生贄に捧げていいのか」

    鈴音「んー………そうねえ……」

    一夏「迷ってる時点で鈴と弾の友情が疑われるんだが」

    鈴音「いや、ほら。一夏がホモだとすれば、もう弾もホモでいいと思うのよ」

    一夏「よくないだろ!」

    鈴音「あはは、冗談よ~。中学の時に女子の間でひそかに『一夏×弾』のカップリングが盛り上がってたからってさすがに暴論よね。じゃあ気を取り直して」

    一夏「ちょっと待て。気を取り直す前にちょっと待て」

    鈴音「え?」

    一夏「聞き捨てならない部分があったんだが」

    鈴音「心配しなくても、一夏がホモだって本気では思ってないわよ? 思ってたらアンタの頭叩きなおしてでもノーマルにするし」

    一夏「いや、そっちじゃなくてだな。いやそっちも大事ではあるんだが……え、なに? 俺と弾が、カップリング?」

    鈴音「あ、そのこと? だってアンタたちいっつも一緒にいたじゃない。数馬もいたにはいたけど、あっちは女っ気が結構あったしね~」

    鈴音「なまじ顔がいいから、そういう妄想が捗るんだって。クラスの子が言ってたわ」

    一夏「知りたくなかったぞ、そんなおぞましい事実……」

    鈴音「いいじゃない、中学の頃の話なんだから」

    一夏「俺も弾も普通に女の子が好きなのに……」

    鈴音「24時間365日彼女募集中?」

    一夏「おう」

    鈴音「にぶちん」

    一夏「え? なにが」

    鈴音「そういうところが! まあ、はっきり言えないあたしにも責任はあるけどさ……」

    一夏「?」

    鈴音「なんでもない!」




    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1507646121


    2 : ◆C2VTzcV58A : 2017/10/10(火) 23:36:55.26 ID:IyMoB4KNO


    鈴音「それで? 男が欲しいってどういうことよ」

    一夏「ほら、知っての通りIS学園は俺以外女子しかいないだろ? 職員の人を入れても、男が少なすぎる」

    鈴音「今さらではあるわね」

    一夏「俺だって女の子は好きだけど、それでも近くに何人かは男が欲しいんだよ。気軽にあれこれ言い合える男友達が」

    鈴音「あー……そうよね。同性の友達って、やっぱり大事よね」

    一夏「だからさ、シャルが転入した時ってすげえうれしかったんだよな。あいつ、最初は男として振舞ってたから。ようやく待ち望んでいた存在がやってきてくれたって。もちろん、今の女の子らしいシャルもかわいくて好きなんだけどさ」

    鈴音「確かに、あの時の一夏ってぶっちゃけマジでホモ臭かったわね……よっぽどうれしかったってことでしょうけど」

    一夏「え、そんなにか?」

    鈴音「そんなによ。あたしと箒とセシリアで緊急会議を開いたくらいには」

    一夏「なんか心配かけたみたいで悪いな……」

    鈴音「セシリアが『わたくしの愛の料理で一夏さんの心を取り戻すというのはどうでしょう』って言いだしたときは全力で止めたけど」

    一夏「グッジョブ」

    鈴音「でしょ? あとで売店の高級アイス奢りなさい」

    一夏「128円アイスでいいか?」

    鈴音「ケチ。でも許す」

    一夏「よし」




    3 : ◆C2VTzcV58A : 2017/10/10(火) 23:37:28.89 ID:IyMoB4KNO


    一夏「でも、あれだな。そういう意味では、鈴がこの学園に転入してきてくれて本当にありがたいな」

    鈴音「え?」

    一夏「鈴は女だけど、サバサバしてて気軽に話せるし。付き合い長いぶん、男友達と同じように接することができる貴重な存在だから」

    鈴音「………」

    一夏「どうしたんだ?」

    鈴音「特別扱いをされている事実に喜びつつも『男友達と同じ』というフレーズにため息をつきたくなってる複雑な気持ちなのよ」

    一夏「よくわからないけど、そのせいで顔の左半分がにやけてて右半分がムスッてなってるんだな」

    鈴音「今のあたしそんな面白いことになってるの?」

    一夏「忘年会で出したら大うけ間違いなしだ」

    鈴音「鏡で見たくなってきたわ」

    一夏「でもアレだな。鈴も一年見ないうちに女の子らしくなってたし、気軽に話せはするけど、男友達とはやっぱり違うんだよな」

    鈴音「気軽に話せるけど女の子扱いされてる……?」ニヘラ

    一夏「お、右半分もにやけ顔になった」





                
    PICK UP!

    4 : ◆C2VTzcV58A : 2017/10/10(火) 23:39:03.60 ID:IyMoB4KNO


    鈴音「ぐふふふふ」

    一夏「急にうれしそうになったけどどうしたんだ?」

    鈴音「え~~? 別にいつも通りだわよ~~??」

    一夏「すでに語尾がいつも通りじゃないだろ」

    鈴音「ぐへへ……ねえ一夏? 男友達にするような話だけじゃなくてさ、もっといろいろ……その、なんでも話してくれてもいいっていうかさ」

    一夏「え? ごめん、声が小さくて聞こえなかった」

    鈴音「………いつもならイラっと来ちゃうところだけど、今日のあたしは機嫌がいいわ」

    鈴音「一夏、耳掃除してあげましょうか」

    一夏「え、耳掃除?」

    鈴音「そ! ちゃーんとあたしの声が聞こえるように、耳をきれいにしてあげるって言ってるの! ほら、耳かきどこにあるの」

    一夏「お、おう……耳かきなら、そこの」


    ラウラ「そこの引き出しの上から二番目だな」

    一夏「のわあっ!? ら、ラウラ!?」

    鈴「なんで天井裏から出てきてるのよ!」

    ラウラ「すまない、これには深い理由がある」シュタッ

    一夏「理由って?」

    ラウラ「突如私の部屋に女子が押し寄せ、ゴスロリとやらの着せ替えパーティーをさせようとしてきたのだ。あまりに人数が多いのでとっさに天井裏に避難し、静かに息を潜めていた」

    鈴音「いや普通にドアから逃げなさいよ。なんで天井裏にいっちゃうのよ」

    ラウラ「癖だ」

    鈴音「どんな癖よ!」

    一夏「ラウラ、ゴスロリ衣装似合いそうだもんな。みんなが興奮しちゃったのか」

    鈴音「ていうか、シャルロットはいなかったの? 同じ部屋でしょ?」

    ラウラ「シャルロット、か。そうだな」

    ラウラ「奴は、いいルームメイトだった……」

    鈴音(見捨てて置いてきたわねコレ)

    一夏(置いてきたな)


    5 : ◆C2VTzcV58A : 2017/10/10(火) 23:40:20.22 ID:IyMoB4KNO


    ラウラ「そういえば、天井裏にいた時に少し会話が聞こえてきたのだが……私の嫁がホモとはどういうことだ?」

    一夏「何もかも間違っててすでに日本語として成立しないレベルになってるぞ」

    鈴音「まあ、一夏が嫁って時点ですでにおかしいもんね」

    ラウラ「む、違うのか? そもそもホモとはなんのことだ」

    一夏「ホモっていうのは……アレだ。男が好きな男のことだ」

    鈴音「女に興味がないヤツのことよ」

    ラウラ「………なるほど」

    ラウラ「一夏。私はお前のために、女らしさというものを少しずつ学んできたつもりだが……それは逆効果だったのか」

    一夏「待て待て待て! だから俺はホモじゃなくてだな」

    ラウラ「お前のためなら、私はかつて日本で流行ったという亭主関白になろう。カレーパン買ってこい」

    一夏「どこからツッコめばいいのかまったくわからん……」

    鈴音「あたし売店の高級アイス」

    一夏「便乗するな!」



    6 : ◆C2VTzcV58A : 2017/10/10(火) 23:42:11.37 ID:IyMoB4KNO


    ラウラ「嫁よ。私はこれでも『男らしさ』はある程度出せると自覚している。私でよければ、お前の不満を埋めてやるぞ」

    一夏「いや、だからそういうわけじゃなくて」

    鈴音「残念ね。一夏の不満を埋めるのはあたしよ。さっき一夏本人が言ってたわ」

    ラウラ「なんだと……? 確かに鈴も男らしい部分はあるが、私も負けてはいないぞ。嫁、どうなんだ」

    一夏「べつに男らしさを求めてるわけじゃないんだけどな……まあ、確かにふたりとも男らしいところはあるけどさ」

    一夏(体型的にも)

    鈴音「一夏~? アンタ今、あたし達のどこ見てそれ言った?」

    一夏「えっ? いやいや、べつに胸見て言ったわけじゃ……あ」

    鈴音「ふ~~~~~~ん。へえ~~~~~~~~」

    ラウラ「人の身体的特徴を悪く言うのは感心しないな」

    一夏「す、すまん」

    ラウラ「まあ、私は許すが。そのかわり、今度一対一で訓練に付き合え。みっちりしごいてやろう」

    一夏「うへえ。ラウラのしごき、きついんだよなあ」

    ラウラ「そう言うな。お前だって、最初に比べればついて来れるようになったではないか」

    一夏「だとしたら、うれしいけどな。とりあえず、わかった。頑張る」

    ラウラ「うむ、決まりだな」


    7 : ◆C2VTzcV58A : 2017/10/10(火) 23:42:38.01 ID:IyMoB4KNO


    鈴音「じゃああたしとは、今度のお休みに街に出て買い物ね! ついでに評判いいカフェあるらしいから一緒に行くわよ」

    一夏「買い物か。いいぞ、俺もちょっと欲しいものがあったんだ」

    ラウラ「なっ!? 鈴、それは反則だろう!」

    鈴音「べっつにー? 一夏がいいって言うならいいでしょ」

    ラウラ「ぐぬぅ………一夏! 私ともデートだ!」

    鈴音「こら、要求増やすのはそれこそ反則じゃない」

    ラウラ「しかし!」


    一夏「……はは。なんていうか、にぎやかだな」

    一夏「女だらけの中でぼっちになってないだけ、俺は幸せ者か」






    8 : ◆C2VTzcV58A : 2017/10/10(火) 23:43:32.55 ID:IyMoB4KNO


    その後


    ラウラ「では一夏、鈴。おやすみだ。風邪をひかないようにな」

    一夏「ああ、おやすみ」

    鈴音「おやすみー」

    ラウラ「さて、私の部屋はどうなっているか……シャルロットにどう謝るか」



    鈴音「じゃあ、あたしもそろそろ自分の部屋に戻るわ」

    一夏「ああ。おやすみ」

    鈴音「あー、でもその前に。一個聞いていい?」

    一夏「ん、なんだ?」

    鈴音「さっき、男らしいとか女らしいとか言ってたけど……一夏にとって、結局あたしってどんな存在?」

    一夏「どんな存在って……友達?」

    鈴音「もうちょっと詳しく」

    一夏「えっと、そうだな………うーん」

    鈴音「………」



    9 : ◆C2VTzcV58A : 2017/10/10(火) 23:44:19.95 ID:IyMoB4KNO


    一夏「……鈴は、なんていうか。小学校からの友達で、一緒にバカやれて、でも女の子で」

    鈴音「………」

    一夏「だから………悪い、うまく言えない。鈴は、鈴だから。替えが効かない、鈴っていう友達」

    鈴音「………はあ。そっか」

    一夏「ごめん。これ、鈴が知りたかった答えになってないよな。たぶん」

    鈴音「まあね。なってないわ、煮えきらないし」

    鈴音「でも、それは正直お互い様だから……」

    鈴音「えいっ」デコピン

    一夏「いてっ」

    鈴音「今日はこれで勘弁してあげる! いつかちゃんとした答え、聞かせて」

    鈴音「あたしも、その時までには……ちゃんと、言わなきゃいけないこと、言うから」

    一夏「………ああ。わかった」

    鈴音「よし! じゃあね、おやすみ! なんか困ったことがあったら、本当にホモになっちゃう前に相談しなさいよね!」

    一夏「おう!」


    10 : ◆C2VTzcV58A : 2017/10/10(火) 23:45:18.97 ID:IyMoB4KNO






    鈴音「………替えが効かない、か」

    鈴音「待ってなさいよ、一夏。ふふっ」





    11 : ◆C2VTzcV58A : 2017/10/10(火) 23:45:55.33 ID:IyMoB4KNO


    翌朝


    箒「一夏。お前がホモだというのは本当か」

    セシリア「本当ですの? ホモですの?」

    シャルロット「ホモなの? 僕、もう一回男装しようか?」



    一夏「鈴。お前がゆうべ、廊下で大声出したせいでえらい噂になってしまったんだが」

    鈴音「ごめん。今度酢豚作ってあげるから許して」



    おしまい


    12 : ◆C2VTzcV58A : 2017/10/10(火) 23:51:05.63 ID:IyMoB4KNO


    おわりです。お付き合いいただきありがとうございます。酢豚食べたい

    普段書いてるアイマスのSS
    的場梨沙「オトナの女は黒で決めるの!」

    北沢志保「私は、デレてなんていませんから」


    13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2017/10/11(水) 00:40:26.26 ID:jvVX8+8Xo
    乙ー
    14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2017/10/11(水) 09:45:47.95 ID:WFRHOWf0o
    おつ




    おすすめ記事
    二次創作総合の関連記事
                
                                      

    コメント

            

            

     

    ブログパーツ

    最新記事