Article

        

モバP「なっちゃんと梅雨」

2019/ 06/ 15
  • タグ:鷹富士茄子 渋谷凛 南条光 安部菜々 ◆C2VTzcV58A

  •                  
    シンデレラガールズ 目次

    1 : ◆C2VTzcV58A : 2016/06/25(土) 23:19:38.79 ID:WSK+7JZIO


    ザーザー


    茄子「今日も雨ですねー」

    凛「梅雨だからね」

    光「雨だと、外で遊べないのがいやだなあ」

    菜々「ナナは、髪が湿っぽくなるのが嫌ですねえ」

    茄子「髪は女の子の命ですからね」

    菜々「そう、女の子の命なんです!」

    菜々「女の子のっ!」

    凛「なんでそこ強調するの」


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1466864378


    2 : ◆C2VTzcV58A : 2016/06/25(土) 23:21:22.12 ID:WSK+7JZIO


    光「髪かあ。今日は朝急いでたから、ちょっとぼさぼさかも」

    茄子「たしかに、いつものくせっ毛以外にもぴょこぴょこはねてます」

    菜々「光ちゃん、こっち。直してあげますよ」

    光「いいの? ありがとう」

    菜々「いえいえ、このくらいは」ニコ

    茄子「………」

    茄子(本人に言ったら微妙な顔させちゃうかもしれないけど。やっぱり安部先生は大人だなぁ)

    茄子(私も、いつかはあんなふうに……)



    想像の中の茄子『ナースミン、キャハッ☆』



    茄子「いやいや、そっちはそんなふうにならなくていいですから」

    凛「茄子さん? どうしたの、ぶつぶつ言ってるけど」

    茄子「い、いえいえっ! ナスじゃなくてカコですよ!」

    凛「知ってるけど……」


    3 : ◆C2VTzcV58A : 2016/06/25(土) 23:23:02.21 ID:WSK+7JZIO


    凛「私も、毎日雨だと気分が沈んでくるのはあるかも。そこはちょっと好きじゃないかな」

    菜々「ブルーな気分になりがちですよね」

    光「そういう時こそ落ち込んじゃダメだ! 辛い時でも前を向くのがヒーローだから!」

    凛「あ、髪直ってる」

    光「ありがとう菜々さん! なんだか力が湧いてきた!」

    茄子「髪型をばっちり決めるとやる気が出るの、よくわかります♪」

    凛「私達、そんなに髪型をいじってるほうじゃないけどね。菜々さんがポニーテールにしてるくらいだし」

    光「とにかく、梅雨のじめじめに負けないように頑張ろうっ」

    茄子「梅雨に負けるなキャンペーンですね♪ なにかP君からもらえませんかね?」

    凛「梅雨に入っただけでプレゼントくれるわけないと思うけど」

    菜々「そんな人がいたら、相当のお人よしですねー。一生ついて行っちゃうかも」

    茄子「いやいやー、わかりませんよ? P君はなんだかんだで期待を裏切らない男ですから」

    茄子「今は営業に出てますけど、きっとお土産に、駅前のお店でケーキを買ってきてくれるはずです♪」

    凛「駅前の店って、結構値段高くなかった? さすがにそれを買っては」

    茄子「信じないんですか?」

    茄子「この『私』が言うんですよ?」ゴゴゴ

    凛「な、なんかすごい威圧感」

    菜々「幸運の女神が言うと説得力あります」

    光「悪の組織の首領みたいだ……」


    4 : ◆C2VTzcV58A : 2016/06/25(土) 23:27:30.20 ID:WSK+7JZIO


    あ、忘れてた

    1作目 モバP「なっちゃんという同級生」

    2作目 モバP「なっちゃんという担当アイドル」

    3作目 モバP「ナナ先生のメルヘンデビュー」

    4作目 モバP「なっちゃんと恋人ごっこ」

    5作目 モバP「なっちゃんと後輩アイドル」

    6作目 モバP「なっちゃん達のガールズトーク」

    7作目 モバP「なっちゃんと俺」

    8作目 モバP「なっちゃんとその後」

    9作目 モバP「なっちゃんと年越し」 鷹富士茄子「思い出話、追加注文です♪」

    10作目 モバP「なっちゃんと春休み」

    の、続きです


                
    PICK UP!

    5 : ◆C2VTzcV58A : 2016/06/25(土) 23:28:00.39 ID:WSK+7JZIO


    ※結局、Pが買ってきたのは袋入りのキャンディーでした


    茄子「予想が外れたので、P君に飴玉をあーんしてもらうことで我慢します♪」

    P「わけがわからん」ホイ

    茄子「はむはむ♪」


    凛「予想が外れたら外れたで、無理やり幸運な展開に持っていったね」

    菜々「本当、強い子になりました……」ホロリ

    凛「感動するところなの?」

    光「もぐもぐ♪」


    6 : ◆C2VTzcV58A : 2016/06/25(土) 23:28:47.69 ID:WSK+7JZIO


    別の日


    ザーザー


    茄子「P君P君」

    P「なに」

    茄子「暇です」

    P「そうか」

    茄子「ちゅーしていいですか?」

    P「ダメ」

    茄子「むむ、相変わらずそこの一線は守ってきますね」

    P「なっちゃんだって同じだろう。冗談ばかりで、本気でキスを迫ってきたことは今まで一度もないし」

    茄子「ふふ、まあそうなんですけど」エヘヘ

    茄子「でも、たまにはハメを外したくなる時だってあるんですよ?」

    P「ほう」

    茄子「というわけで、ごっこ遊びしましょう♪」

    P「ごっこ遊び? この前やった『恋人ごっこ』みたいなやつか」

    茄子「はい♪」

    P「まあ、少しくらいならいいぞ。俺も一息いれようと思ってたところだし」

    P「それで、今日はなにごっこをやるんだ?」

    茄子「友情ごっこ」

    P「すっげえシビアなごっこ遊びになりそうだ」

    茄子「というのは冗談で、本当にやりたいのは――」


    7 : ◆C2VTzcV58A : 2016/06/25(土) 23:29:56.06 ID:WSK+7JZIO


    凛「はあ、今日も結構濡れちゃったな……服」

    凛「雨が本降りだと、傘だけじゃカバーしきれないんだよね……」

    凛「おはようございます」ガチャ



    P「なっちゃんは今日もかわいいな」

    茄子「もう、P君たら。照れちゃいます♪」

    P「俺は事実を言ってるだけだよ」

    茄子「んもう♡ そういうP君も、かっこいいですよ?」

    P「昔はもうちょっとイケメンがいいとか言ってなかったか」

    茄子「恋をすると、女の子は変わってしまうんですよ。今はあなたの顔にめろめろです♪」ホッペツンツン

    P「ははは、照れるなあ」

    P「今日のなっちゃんは猫みたいに甘えん坊だ」

    茄子「ネコじゃなくてカコですよ~」


    いちゃいちゃ らぶらぶ


    凛「………」

    凛「……なにこれ。いつもより砂糖5割増し?」

    光「バカップル? ごっこらしいよ」

    凛「子どもがいる前で何してるんだか……」ハア


    8 : ◆C2VTzcV58A : 2016/06/25(土) 23:31:08.84 ID:WSK+7JZIO


    光「あとでヒーローごっこもやってくれるらしいから、アタシは別に大丈夫だけど」

    凛「けど?」




    菜々「ううう……バカップルの甘さ、胃に重いい」

    光「菜々さんが大ダメージで」

    凛「子どもより大人に効果抜群だった」

    菜々「ナナはアイドル、ファンのみんなが支えてくれます……」ブツブツ



    茄子「P君P君」

    P「ん?」

    茄子「私が今、何を考えているかわかりますか?」

    P「んー……」

    P「俺と同じこと」

    茄子「……ふふ、正解です♪」

    P「なっちゃん……」

    茄子「P君……」トロン



    菜々「ウサミンウサミングルコサミン……ウサミンウサミンプロビタミン……うっ」

    凛「ふたりともストップ! 菜々さんがこれ以上耐えられそうにないから!」

    光「よくわからないけど、バカップルってすごい技なんだな……」


    9 : ◆C2VTzcV58A : 2016/06/25(土) 23:32:43.96 ID:WSK+7JZIO


    その後


    光「罪のない人々を苦しめたこと……許さないぞ、カコ!」

    茄子「許さない? 理解できませんね。私はただ、全人類が幸福になれる未来へ舵をとっているだけなのに」

    光「その未来のために、今生きている人たちをないがしろにしていいことにはならない!」

    茄子「……平行線、ですね。あなたと私の意志は、決して交わることはないでしょう」

    光「カコ……アタシはここで、お前を止める!」

    茄子「止める……随分と大きな口を叩くのですね」

    茄子「『奇跡』に愛された私に、ただのヒーローであるあなたが勝てるはずがない」キッ

    光「……いや、そうでもないさっ!」

    茄子「なんですって?」

    光「ヒーローっていうのは、いつも『奇跡』を生み出す存在だ! だから、アタシは負けない!」

    茄子「……いいでしょう。叩き潰してあげます」

    光「いくぞ! うおおおおっ!!」


    凛「かつてともに見た夢は遥か彼方。一方は絶望の果てに闇に堕ち、一方は愚直なまでに前へ進み続ける」

    凛「崩れゆく舞台。苦しみもがく人々。カコの計画は最終段階へ」

    凛「立ちはだかるヒカルは、かつての友を止めることができるのか」

    凛「次回『過去と未来、光と闇』。こうご期待」



    凛「……こんな感じでいいの?」

    光「いい! すっごくいい!」キラキラ

    光「次回予告のナレーションまでついたら、さらに燃えてきた!」


    10 : ◆C2VTzcV58A : 2016/06/25(土) 23:33:23.05 ID:WSK+7JZIO


    茄子「ふふ。やってみると結構楽しいですね、ヒーローごっこ」

    凛「茄子さん、相変わらず冷たい演技がうまいよね」

    茄子「これでも昔は、氷の女王としてぶいぶい言わせていましたから♪」

    光「ねえねえ、もうちょっと続きやろう! ね!」

    茄子「はいはい、いいですよー。面白いので♪」

    光「やった!」

    光「ナレーションもよろしくっ」

    凛「二人の演技を見てアドリブで考えるの、なかなか骨が折れるんだけど……まあ、いいか」フフ


    11 : ◆C2VTzcV58A : 2016/06/25(土) 23:34:28.07 ID:WSK+7JZIO


    菜々「楽しそうですね。みんな」

    P「そうだなあ」カタカタ

    菜々「Pくんは、パソコンと格闘中ですか」

    P「さっきまでなっちゃんと遊んでたから、やる気は十二分にある」

    菜々「……そうですか」

    P「どうしたの、先生みたいな優しい視線向けて」

    菜々「うーん、そうですね。今はちょっと、アイドルから先生に戻っているのかも」

    P「ナナ先生に?」

    菜々「はい。教え子の成長を感じていたところです」

    菜々「前から思っていましたけど。Pくん、大人になりましたよ」

    P「それ、なっちゃんにも言われた」

    菜々「あ、やっぱり」


    12 : ◆C2VTzcV58A : 2016/06/25(土) 23:35:22.81 ID:WSK+7JZIO


    菜々「昔のPくんは怠け者でしたから。遊んだら遊んだ分だけ、そっちに意識が向いて勉強しなくなるタイプだったし」

    菜々「その点、今はオンオフついてるから立派です」

    P「社畜根性がついてしまっただけじゃ」

    菜々「もう、そんなこと言うんじゃありません」

    菜々「ちゃんと4人のアイドルをプロデュースできてるんですから、もっと自分に自信を持つこと!」

    P「おお、久しぶりにナナ先生の先生っぽい言葉が聞けた」

    P「ありがとう」

    菜々「またすぐにアイドルナナに戻りますけどね。ふふっ」



    13 : ◆C2VTzcV58A : 2016/06/25(土) 23:36:58.23 ID:WSK+7JZIO



    菜々「茄子さんのほうも、初めて会った時に比べたら変わりましたね」

    P「本当、元気になったよなあ。たまにゲスいこと言うようにもなったけど」

    菜々「それは、高校時代から一緒にいる誰かさんの影響じゃ?」

    P「さてさて誰のことだろうか」



    菜々「………」

    菜々「みんな、楽しそうですよね」

    P「うん? まあ、そうだな。しんどいこともあるけど、基本的には笑顔の絶えない職場だから。いろいろと」

    菜々「いい場所ですね、それは」

    P「面白いのが一番だからな」

    菜々(そういうところが、茄子さんに影響を与えたんでしょうね)


    14 : ◆C2VTzcV58A : 2016/06/25(土) 23:37:35.57 ID:WSK+7JZIO


    P「ナナ先生も、楽しんでくれてる?」

    菜々「もちろん」

    P「そっか。それ聞いて安心した」

    菜々「アイドルナナは、みんなと一緒にガンガン走っていきますよ!」

    菜々「それと……『ナナ先生』も、こっそりみんなを見守っていますからね」

    P「おお、それは怖いな。サボってたら怒られそうだ」

    菜々「がんばってくださいね♪」

    P「はーい」



    菜々「あと。バカップルごっこは胃に穴が開きそうになるからNGです」

    P「あ、はい」



    15 : ◆C2VTzcV58A : 2016/06/25(土) 23:38:36.69 ID:WSK+7JZIO


    その後


    P「うーん。このへんに置くかな。邪魔にならないし」

    茄子「P君? なにして……あっ。それ、七夕の笹ですか?」

    P「当たり。もうすぐだから、そろそろ出しておこうかと思って」

    茄子「いいですねー。たーなーばーたーさーらさらー♪」

    P「こういう季節を感じさせるものを置いておくと、みんな喜ぶからな」

    茄子「もちろん短冊もあるんですよね」

    P「そりゃそうさ。ほら」

    茄子「用意がいいですねえ」

    P「まだ早いから、書くのはもう少し経ってからだけどな」

    茄子「わかってます♪」


    16 : ◆C2VTzcV58A : 2016/06/25(土) 23:39:44.91 ID:WSK+7JZIO


    茄子「ところで、P君は何をお願いするつもりなんですか?」

    P「サマージャンボで3億円」

    茄子「うっわあ」

    P「俗にまみれた願いで何が悪い。誰だって思ってるはずだ」

    茄子「まあ、それはそうかもしれませんけどね」

    P「そういうなっちゃんはどうなんだ? 願い事、決まってたりするの?」

    茄子「私ですか? 私は……」

    P「宝くじ?」

    茄子「P君と一緒にしないでください」ジトーー



    17 : ◆C2VTzcV58A : 2016/06/25(土) 23:41:17.19 ID:WSK+7JZIO


    茄子「そうですね……私は、今の日々が続いてくれることですかね」

    P「些細なようで難しい願い事だ」

    茄子「わかっていますよ。だからお願いするんです」

    茄子「なにも変わらないなんてことはありえないけれど……たくさんのものが変わっていく中で、大事なものだけは変わってほしくないかなあって」

    茄子「月並みですけど、そう思います」

    茄子「私にとっては、宝くじが当たることよりも、P君やみんなに出会えたことのほうが幸運ですから」

    P「なっちゃん、たまに平気な顔してすごいこと言うよなあ」

    茄子「ふふ。これでも照れてるんですよ?」



    18 : ◆C2VTzcV58A : 2016/06/25(土) 23:42:24.23 ID:WSK+7JZIO


    茄子「考えてみるとですね」

    P「うん」

    茄子「P君が最初にプロデュースしたアイドルは凛ちゃんですけど。その前から、プロデュース自体はやっていたのかもしれません」

    P「誰を?」

    茄子「言わなくてもわかりません?」

    P「……なっちゃんをプロデュースしてたってこと?」

    茄子「当たり♪」

    茄子「昔はあれこれ面倒な人間だったのに、今ではすっかり単細胞なP君色に染められちゃいました」

    P「さらっと毒を混ぜてくるよね」

    茄子「そこのところもP君の影響を」

    P「なんでも俺のせいにすれば許されるわけじゃないからな」

    茄子「あ、ばれました?」

    P「ったく」



    20 : ◆C2VTzcV58A : 2016/06/25(土) 23:42:54.20 ID:WSK+7JZIO


    茄子「でも、P君色に染められたのは本当ですよ?」

    茄子「あなたがいなければ、きっと今の私はなかったと思うから」ニコッ

    P「………」

    P「まあ、うれしい……のかな。それは」

    茄子「あー、照れてます?」

    P「べつに」

    茄子「照れてる~♪ 写メ撮って拡散ですね♪」

    P「携帯没収!」

    茄子「あっ! もう、返してくださいよ~」ピョンピョン

    P「ほらほら、ここまで手が届かないだろー」

    茄子「背の高さを使うのはずるいですよー!」



    21 : ◆C2VTzcV58A : 2016/06/25(土) 23:44:15.48 ID:WSK+7JZIO


    茄子「やっと返してもらえました」

    P「なっちゃんを十分弄ったから満足した」

    茄子「………」

    茄子「P君」

    P「なんだ。怒ったのか?」

    茄子「いーえ」


    茄子「これからも、そういうP君でいてくださいね。約束です」

    P「………」

    P「ああ。わかった」

    茄子「はい、よろしい♪」




    茄子「まあ、それはそれとして。最近出費がかさんでいるから、今度サマージャンボ買いましょうか」

    P「おい。さっき俺が宝くじの話してたら引いてなかったか」

    茄子「だって私、わざわざ七夕に願わなくても当てる自信ありますし」ニヤニヤ

    P「うっわあ、こいつめちゃくちゃゲスい顔してるよ」


    22 : ◆C2VTzcV58A : 2016/06/25(土) 23:44:58.85 ID:WSK+7JZIO


    茄子「当たったら、みんなで旅行でもいきましょうか♪」

    P「あ、それは賛成」

    茄子「どこ行きます? 草津? 草津? 草津?」

    P「どんだけ草津行きたいんだよ」

    茄子「いろんなところに行って、たくさん想い出を作りましょうね」ニコニコ

    P「……ま、楽しそうだからいいか」

    茄子「面白いこと、めいっぱい楽しみましょう♪」

    P「楽しむか!」





    菜々「………」ニコニコ

    凛「菜々さん。またうちの担任と同じような顔になってる」

    菜々「はっ! き、気をつけますっ!」

    光「?」



    おしまい


    23 : ◆C2VTzcV58A : 2016/06/25(土) 23:48:06.32 ID:WSK+7JZIO


    おわりです。お付き合いいただきありがとうございます
    今後も不定期にちょろちょろ書いていくと思います

    茄子さんと菜々さんと凛と光と一緒に旅行に行きたい


    他の過去作もよければどうぞ
    モバP「愛媛では水道からみかんジュース出るって本当なのか?」

    的場梨沙「父の日のプレゼントはアタシ!」

    モバP「雪美と梨沙と、それから千秋」


    25 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/06/26(日) 01:07:38.93 ID:jr4rmdKH0


    茄子ちゃんはだだ甘に限る
    26 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/06/26(日) 01:56:37.28 ID:HlP5ysxV0
    なっちゃんシリーズだ!

    27 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/06/26(日) 14:53:01.98 ID:uubUgQvq0
    乙です
    なぜ茄子はここまで甘々が似合うのか




    おすすめ記事
    アイドルマスターシンデレラガールズの関連記事
                
                                      

    コメント

            

            

     

    ブログパーツ

    最新記事