Article

        

モバP「心さんって、涙腺緩いですよね」

2019/ 04/ 25
  • タグ:佐藤心 速水奏 ◆C2VTzcV58A

  •                  
    シンデレラガールズ 目次

    1 : ◆C2VTzcV58A : 2016/05/08(日) 17:12:33.46 ID:LXUYg8uWO


    心「え、そうだっけ?」

    P「そうですよ」

    心「んー……まあ、年取ると涙もろくなっちゃうからなぁ」

    P「もう26ですからねえ」

    心「だねえ」

    P「………」

    心「………」

    心「女の前で歳の話はするなあっ!!」バンバンッ

    P「いまさら!?」


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1462695153


    2 : ◆C2VTzcV58A : 2016/05/08(日) 17:13:43.70 ID:LXUYg8uWO


    P「実は子どものころからよく泣いてた……とかではないんですか?」

    P「意外と泣き虫だったとか」

    心「あははっ! はぁとが泣き虫~? そんなわけないじゃん☆」

    心「小さいころはねえ、それこそ男子とよく喧嘩もしたし、そのたびあつーい友情を積み上げてきたもんよ♪」

    心「みんなも『はぁとちゃんつよーい!』って言ってくれてたし、超スウィーティーだったな☆」

    P「スウィーティーの欠片も感じないんですが」

    心「え? なんで」

    P「だって、喧嘩って叩いたり蹴ったりもしたんじゃないんですか?」

    心「いや、勝負方法はお菓子作り」

    P「超スウィーティーだ!!」

    P「え、男子も全員ノってくれたんですか?」

    心「料理ができない場合はカラオケでもよかったぞ♪」

    P「それ本当に喧嘩だったんですか?」



    3 : ◆C2VTzcV58A : 2016/05/08(日) 17:15:19.78 ID:LXUYg8uWO


    P「なんか、少女時代から濃ゆい人生送って来たんですね」

    心「まーね☆はぁとってばみんなのエンジェルだから、自然といろんな人や物が集まってくるってゆーか☆」

    心「いやあ、人気者は辛いわ☆」

    P「ところで、最近涙腺が緩くなったというお話ですが」

    心「スルーが雑!」

    P「これを一緒に見てほしいんですよ」

    心「ん? ……映画のDVD?」

    P「奏から借りたんですけど、あの子がお勧めしてくるにしては珍しく感動系の物語だそうで」

    P「どうせ見るなら思い切り感動したいので、隣に涙もろい人がいてくれたらいいなと」

    心「なるほどー。隣が泣いてると自分も涙がじわーっと出てくるアレかぁ♪」

    心「でもはぁと、そこまでオンオン泣くわけじゃないけどねー♪」

    P「ダメですか」

    心「んー……でも、奏ちゃんおススメの映画は興味あるし♪ とりあえず観る☆」

    P「お、観てくれますか」

    心「うん♪」


    4 : ◆C2VTzcV58A : 2016/05/08(日) 17:16:40.15 ID:LXUYg8uWO


    P「じゃあ、今から準備しますね」ゴソゴソ

    心「………」




    心「……ほんとは、あなたと一緒に映画を観たいだけなんだけどね」ボソッ

    P「………」ゴソゴソ

    心「………」


    心「ほんとはっ!! あなたと一緒に映画を観たいだけなんだけどねっ!!!」

    P「耳元で叫ばないでくださいっ!」キーーン

    心「いや聞こえてないのかと思って」

    P「めっちゃ小声で言ってたじゃないですか。あれ聞こえないように言ったんじゃないんですか」

    心「ああいうのはボソッと言ったほうが奥ゆかしさがあるだろ☆ や~ん、はぁとってば大和撫子☆」

    P「その後耳を破壊せんとばかりに叫んだら、奥ゆかしさの欠片もないですよね」

    心「それはそれ♪ これはこれ♪」

    P「いや全然別の話じゃないと思いますが……準備できたんで、映画観ましょうか」

    心「よーし、ばっちり感動するぞー☆」



                
    PICK UP!

    5 : ◆C2VTzcV58A : 2016/05/08(日) 17:17:26.46 ID:LXUYg8uWO


    上映開始5分


    『じゃあ、いってきます!』


    P(この男子学生が主人公かな。家には母親しかいないみたいだけど……)チラ


    心「ぐすん」

    P(え、もう泣いてる?)

    心「うぅ……こういう雰囲気ダメ……」グスグス

    P(まだ家から出て登校してるだけなのに!? どこに泣くポイントが……)



    6 : ◆C2VTzcV58A : 2016/05/08(日) 17:18:27.20 ID:LXUYg8uWO


    上映開始50分


    心「うううぅぅ」ズビビビ

    心「うっ……ぐすっ……」チーン

    心「がんばったね……がんばったね……ううぅ」

    P「………」

    P(感動のシーンなんだが……隣が号泣しすぎて逆に涙が引っ込んでしまった)

    心「しくしくしくしく……」

    P(周りが泣きすぎると、そっちに気を取られすぎて感情が収まるものなんだな……初めて実感した)


    7 : ◆C2VTzcV58A : 2016/05/08(日) 17:21:27.81 ID:LXUYg8uWO


    ガチャリ


    奏「ただいま。レッスン、終わったわ」


    P「おかえり、奏。ちょうど今、貸してもらった映画を観終わったところだよ」

    奏「へえ、そうなの。どう、感想は?」

    P「それが――」

    心「か゛な゛て゛ぢゃあ゛あ゛ん゛!!」ダキッ

    奏「きゃっ」

    心「お゛お゛お゛お゛ん゛」

    奏「え、ちょっと。なに? ニャンちゅう?」

    心「感動したぞこらああ! ずびびび」

    奏「は、はあ……それは、なにより?」

    P「すごいな、あの奏が珍しく戸惑っている」


    9 : ◆C2VTzcV58A : 2016/05/08(日) 17:22:21.74 ID:LXUYg8uWO


    P「大号泣でしたね。奏が対応に困って逃げるくらい」

    心「た、たまたまだからっ! 普段は感動映画観てもこんなに泣かないんだからな☆」

    P「いいじゃないですか。感動できるってことは、登場人物への感情移入ができるってことだろうし、演技系の仕事の素質があるかも」

    心「それはそれでうれしいけど!」

    心「……泣きすぎて、変な顔になってなかった?」

    P「いや、全然」

    心「ほっ」



    11 : ◆C2VTzcV58A : 2016/05/08(日) 17:23:12.69 ID:LXUYg8uWO


    心「とにかく、今回は特別だったの♪ 偶然泣きのスイッチがバシッと入る内容だったから、号泣しただけ!」

    心「一週間分の涙流したから、もう当分は何も出てこないぞ☆」

    P「そうなんですか?」

    心「そう☆ ひょっとして疑ってるの~?」

    心「嘘だと思うなら試してみて♪ また感動映画持ってきてもいいから♪」

    P「はあ、それじゃあ」



    P「総選挙の中間順位、Paで5位です。前回圏外からの大躍進です」

    P「流れに乗れれば3位以内も夢じゃないです」

    心「………」

    心「………」


    心「」ブワッ

    P「さっきより涙出る速度がやばい」


    12 : ◆C2VTzcV58A : 2016/05/08(日) 17:24:28.10 ID:LXUYg8uWO


    心「えぐっ、えぐっ」

    P「はいティッシュ」

    心「ううううぅ」チーン

    心「こ、これは違うから……来週の涙を前借りしてるだけだからぁ」

    P「別に強がらなくてもいいじゃないですか。努力の成果が出たわけなんだし、喜んで泣いたって誰も笑いませんよ」

    心「で、でも、まだ中間だよ? 最終結果が出たわけでもないのに……それに、まだ上には何人もいるんだし。おかしいって……」

    P「かまいません。それに、どうしてもって言うなら」

    P「これからもっと頑張って、次は『おかしくないうれし泣き』をできるようにしましょう」

    心「………」

    心「プロデューサー」

    P「はい」


    心「そのセリフ、ちょっと臭いね……」

    P「えぇ……うまく決めたつもりだったのに」

    心「あははっ……うん、おかげで涙引っ込んだ♪ サンキュ☆」

    P「涙引くのと同時にドン引きされてません? すごい複雑なんですけど」

    心「気にすんな☆ ドン引きまではいってないから☆」

    P「フォローが微妙」


    13 : ◆C2VTzcV58A : 2016/05/08(日) 17:25:24.15 ID:LXUYg8uWO


    心「ま、元気出せよっ!」

    P「いつの間に俺が慰められる側になったんですかね」

    心「世の中ギブ&テイク☆ やられたらやり返せ☆」

    心「はぁとは最後まで全力疾走だから、ちゃーんとついてきてよ?」ニコッ

    P「はいはい、わかってますよ」

    心「……お願いね、プロデューサー」



    心「しっかし、今度こそ涙は出し切った! もう泣かない!」

    P「また言ってる」

    心「今度こそは本当!」

    P「まあ、どっちでもいいですけど……お腹すきましたし、食堂にいきます?」

    P「なんか、今日限定の特別なラーメンがあるとか」

    心「限定メニュー? いくいく♪ はぁと、そういうのはとりあえず食べるタイプ☆」



    14 : ◆C2VTzcV58A : 2016/05/08(日) 17:26:16.56 ID:LXUYg8uWO


    その後


    P「限定ラーメン……超激辛ピリピリラーメン」

    心「辛いぃぃ……スウィーティーじゃなくてスパイシー……」シクシク

    P「まだ涙出るじゃないですか」

    心「辛いもの食べたら出るのは生理現象だろぉ~?」

    P「あはは」

    心「む~……おまえもくえっ!」グイッ

    P「むぐっ! ……辛っ!!」

    心「ふはは☆」





    奏「………」

    奏「お邪魔しないほうがよさそうね、あれは」フフ



    おしまい


    16 : ◆C2VTzcV58A : 2016/05/08(日) 17:29:24.68 ID:LXUYg8uWO


    おわりです。お付き合いいただきありがとうございます

    総選挙もいよいよ明日まで。
    いろんな仕事を楽しみながら、まっすぐ前に進んでいく佐藤心さんにぜひ一票をお願いします
    パッション&スウィーティーで魅力的な人です、はい。実は結構涙もろいらしいです

    過去作もよければどうぞ(今回のSSとは別の世界線です)

    佐藤心「心の休息」

    二宮飛鳥「コンビニは強い」 ライラ「なるほどですねー」

    モバP「しざーはぁと」


    17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/05/08(日) 17:30:50.38 ID:yxPK7skRo

    スウィーティーなSSだった、掛け値なしに
    18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/05/08(日) 18:29:26.56 ID:Mgs2K/DP0
    おっつおっつ
    シュガハさんは本当に素晴らしい女性で
    19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/05/08(日) 19:07:28.62 ID:yESbAKc10

    もうしゅがはさんを応援せずにいられない




    おすすめ記事
    アイドルマスターシンデレラガールズの関連記事
                
                                      

    コメント

            

            

     

    ブログパーツ

    最新記事