Article

        

モバP「へえ、授業参観か」 二宮飛鳥「あぁ」

2019/ 01/ 16
  • タグ:的場梨沙 二宮飛鳥 佐藤心 ◆C2VTzcV58A ヴァリアスハートシリーズ

  •                  
    シンデレラガールズ 目次

    1 : ◆C2VTzcV58A : 2015/10/23(金) 19:05:03.25 ID:4MhN/84P0

    P「懐かしいなあ。俺も子どもの頃は、親にだらしない姿を見せないように気合いを入れて臨んだもんだ」

    飛鳥「だらしない、ね。居眠りしたりしなければ、普通にしているだけで何も問題はないと思うけど」

    P「そうなんだけどさ。俺の母さん、結構厳しいから。お小言を言われないように念には念を入れる必要があったんだよ」

    飛鳥「キミの母親か……いつかはご挨拶したいな。ボクのプロデューサーがどんな親の元で育ったのか、いくらか興味がある」

    P「会ったらなんて話すつもりなんだ?」

    飛鳥「あなたの息子さんはとても面白おかしい人ですね、と」

    P「俺が母さんに睨まれそうだからやめてくれ」


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1445594703

    2 : ◆C2VTzcV58A : 2015/10/23(金) 19:08:32.11 ID:4MhN/84P0

    P「ところで……飛鳥のご両親は、授業参観には」

    飛鳥「二人とも静岡にいるし、仕事もある。無理に来る必要はないさ」

    飛鳥「中学ともなれば、親が授業参観に来ない生徒も一定数はいることだしね。それに、親が来ない方がいつも通りに授業を受けられるというのもある。問題なしだよ」

    P「そうか」

    飛鳥「気にすることはない。……さて、そろそろレッスンに行ってくる」

    P「ああ、頑張ってな」


    ガチャ、バタン


    P「……ふむ」


    3 : ◆C2VTzcV58A : 2015/10/23(金) 19:09:52.31 ID:4MhN/84P0

    心「へえ、授業参観かぁ♪懐かしい響き☆」

    梨沙「アタシはいつもパパかママが来てくれるから、カッコいいとこ見せようって頑張ってるわ」

    心「でも、飛鳥ちゃんは親元を離れて寮暮らしだから、お父さんもお母さんも来られないのかあ」

    P「飛鳥は特に気にしていないようなことを言ってましたけどね」

    心「ふーん、ならいいけど♪」

    梨沙「フン、甘いわねハートさん。砂糖のように甘いわ!」

    心「はぁとはいつでもスウィーティーだぞ☆」

    梨沙「いやそういう意味じゃなくて。飛鳥の言葉を簡単に信じていいのかってことよ」

    心「?」

    梨沙「プロデューサーもわかってるんじゃないの? 飛鳥検定1級なんだし」

    P「やっぱり梨沙もそう思うか」

    心「ちょいちょいちょい! はぁとを置いて話を進めんな☆というか飛鳥検定ってなに?」

    梨沙「ひねくれ者の飛鳥の言うことをどれだけ正しく理解できるかっていう検定よ」

    梨沙「アタシはこの前3級になったわ」

    心「昇級の基準がよくわかんないけど……ま、いっか♪」

    4 : ◆C2VTzcV58A : 2015/10/23(金) 19:15:04.78 ID:4MhN/84P0

    梨沙「授業参観の話って、どういう流れで出てきたの?」

    P「最近学校で何かあったかどうか聞いたら、近いうちにそれがあるって言われたんだ」

    梨沙「それでわざわざそのことを話したってことは、ほんとは誰かに来てほしいってことなんじゃないの?」

    心「うーん、そうなの?」

    P「あの子の性格上、来てほしくても素直にそう言わないのは確かですね」

    P「ご両親の話を出したらいつもより饒舌になってたし、本心を隠してる可能性は十分あると睨んでいます」

    梨沙「じょーぜつ?」

    心「饒舌。べらべらたくさんしゃべってたってこと♪」

    梨沙「へえ」

    5 : ◆C2VTzcV58A : 2015/10/23(金) 19:15:43.83 ID:4MhN/84P0

    心「つまり、飛鳥ちゃんはたまには授業参観に誰か来てくれないかなーって思ってるわけだね☆」

    P「かもしれない、ですけどね」

    梨沙「じゃあプロデューサーが行ってあげなさいよ。保護者みたいなもんなんだし」

    P「そうしたいのはやまやまなんだけど、あいにくその日はいろいろと予定が詰まっていて。暇を作れそうにないんだ」

    梨沙「あー、そうなんだ」

    心「授業参観っていつなの?」

    P「来週の金曜です」

    心「ふーん……あっ、その日、はぁと休みじゃん」

    P「え? ……ええと、確かにそうですけど」

    梨沙「……まさか」

    心「おう♪かわいい妹分のために、しゅがーはぁとが一肌脱いじゃうぞ☆」

    P・梨沙「(大丈夫かな……)」

                
    PICK UP!

    6 : ◆C2VTzcV58A : 2015/10/23(金) 19:18:25.82 ID:4MhN/84P0

    授業参観当日


    クラスメイトA「あ、うちのお母さん来てる」

    クラスメイトB「うちも来るって言ってたなあ。あたし的には来てほしくないんだけど」

    クラスメイトA「わかる」


    飛鳥「………」

    飛鳥「(今回もたくさんの親が教室の後ろに立っている)」

    飛鳥「(ボクの両親の姿は、当然ながらない)」

    飛鳥「………」

    飛鳥「(ボクはPに授業参観のことを話した。その行動に、何か意味はあったのだろうか)」

    飛鳥「(もしかすると、知らず知らずのうちに、彼に何かを期待していたのかも――)」



    ガラッ

    心「こんにちはー♪」

    飛鳥「」


    7 : ◆C2VTzcV58A : 2015/10/23(金) 19:22:10.94 ID:4MhN/84P0

    心「あ、どうもどうも。こんにちは♪」ペコリ

    親御さんたち「こんにちは」


    クラスメイトA「ねー、あれ誰のお母さん?」

    クラスメイトB「サングラスかけてるけど……なんか若くない?」

    クラスメイトC「お母さんというより、お姉さんっぽいかも」


    飛鳥「」

    飛鳥「(な、なぜ心さんがここに!? このクラスに妹がいたりするのか――)」

    心「♪」ヒラヒラ

    飛鳥「(真っ先にボクに向かって手を振っている……間違いない、彼女はボクを見に来たんだ)」

    飛鳥「(た、確かに深層心理で誰かが来ることを願っていたのかもしれないが、この未来は予想していなかった……)」

    クラスメイトA「二宮さん? どうかした?」

    クラスメイトB「なんか汗かいてるみたいだけど」

    飛鳥「い、いや。なんでもない」

    飛鳥「(サングラスをかけていて髪型もいつもと違うから、アイドルだということはバレていないようだけど……おとなしくしていてくれるのだろうか)」

    先生「よーし。それでは授業を始めます」

    先生「ご両親が来て緊張している子もいるかもしれませんが、いつも通りにやっていきましょう」

    飛鳥「(無理だ、後ろが気になりすぎる!)」

    9 : ◆C2VTzcV58A : 2015/10/23(金) 19:25:09.20 ID:4MhN/84P0

    先生「この問題については、まずは図を書いてみることから始めます」

    飛鳥「………」チラ


    心「………」フムフム


    飛鳥「(真面目に授業を聞いている……?)」

    先生「ここまで説明すれば、あとは公式を当てはめるだけです。それでは続きは……二宮さん。前に出て書いてください」

    飛鳥「えっ? あ、はい」ガタッ

    心「!」ワクワク



    飛鳥「………」カキカキ

    飛鳥「書けました」

    先生「はい……うん、正解です。よくできました」

    飛鳥「(まともに話を聞いていなかったけど、途中まで式を書いてくれていたからなんとかなった)」

    心「☆」パチパチ

    飛鳥「っ!」プイッ

    飛鳥「(思わず目を背けてしまった……でも、あれくらい控えめな拍手なら特に問題はない、か)」


    クラスメイトA「なんか、今日の二宮さんそわそわしてるね」ヒソヒソ

    クラスメイトB「いつもクールに落ち着いてるイメージだから、なんか新鮮」ヒソヒソ


    10 : ◆C2VTzcV58A : 2015/10/23(金) 19:28:31.76 ID:4MhN/84P0

    キーンコーンカーンコーン


    先生「では、今日はここまでです。宿題はちゃんとやってくるように」


    日直「起立、礼」



    飛鳥「……ふう、終わったか」

    心「つんつん♪お疲れ、飛鳥ちゃん☆」

    心「学校じゃエクステつけてないんだ?」

    飛鳥「校則違反だから……それで、どうしてあなたがここに?」

    心「うーん、この前ご飯作ってもらったお礼とか?」

    飛鳥「なぜ疑問形なんだ……」

    心「まあまあ、その辺は別にいいじゃん♪ちゃんと授業中は静かにしてたんだし、ね?」

    飛鳥「騒いだりはしゃいだりしないだろうかというボクの懸念が杞憂に終わったことをうれしく思う」

    心「これでも一般常識はちゃーんと兼ね備えているんだぞ☆」

    飛鳥「そうだね。じゃあボクはお手洗いに行ってくるから」

    心「うん♪」

    11 : ◆C2VTzcV58A : 2015/10/23(金) 19:31:24.06 ID:4MhN/84P0

    飛鳥「………」

    飛鳥「(学校の授業で、あれほど期待の眼差しを向けられたのは久々だったな)」

    飛鳥「たまには、悪くないのかもしれない」フッ

    飛鳥「……教室に戻ろう」


    ガラッ


    心「やっぱり学校での飛鳥ちゃんってクールな感じ?」

    クラスメイトA「ですねー。でもたまに笑った時とか可愛くて」

    クラスメイトB「ギャップできゅんと来ちゃいますよね」

    クラスメイトC「この前校庭に野良猫が迷い込んで来たんですけど、その時二宮さんが優しく抱きかかえてあげててー」

    心「なるほどなるほど♪うん、ありがと!」

    心「ついでに佐藤心ことしゅがーはぁとも応援よろしく☆」

    ABC「はーい」



    飛鳥「何をやっているんだあの人は……」ハァ


    12 : ◆C2VTzcV58A : 2015/10/23(金) 19:34:56.41 ID:4MhN/84P0

    帰り道


    心「いやー、久々の学校で懐かしかった♪」

    飛鳥「ボクは冷や冷やした」ジトー

    心「たまにはいいじゃん♪退屈な学校生活にどどーんと刺激を与えてあげたのだ☆」

    飛鳥「確かにこの上ない刺激だったが……貴重な休日を潰してまで、なぜボクの授業参観なんかに」

    心「てへっ☆」

    飛鳥「なんでも『てへ』で誤魔化せるとは思わないことだ」

    心「あははっ、そう? ……まあほんとのこと言えば、ちゃんとした理由はあったりして♪」

    飛鳥「理由? それは」

    心「飛鳥ちゃんのことをもっと知りたかったから☆」

    飛鳥「えっ?」

    心「はぁとはプロダクションに入ったのが遅いから、プロデューサーや梨沙ちゃんほど飛鳥ちゃんのことをわかってないしー」

    心「だから、こーいう機会は積極的に! なんてね♪」

    13 : ◆C2VTzcV58A : 2015/10/23(金) 19:38:32.93 ID:4MhN/84P0

    飛鳥「………」ポカン

    心「飛鳥ちゃん?」

    飛鳥「……そ、そうか」プイ

    飛鳥「でもボクのことなんて知っても、たいして得られるものなんて」

    心「ガキが知ったようなこと言うなっての☆得られるものかあるかどうか、決めるのはこっちだぞ☆」

    飛鳥「それはそうだけど」

    心「それに、今日はぁとが来て実はうれしかったんじゃないのー?」

    飛鳥「う……まあ、誰もいないよりは、刺激という点においては勝っていた部分もないことも」

    心「回りくどい! はっきり言わないひねくれ者にはこうだ♪ うりうり☆」ムギュー

    飛鳥「な、ちょっ、髪が乱れる……!」

    心「髪がダメなら……脇!」コショコショ

    飛鳥「あははっ! や、やめっ……ぷふっ」

    14 : ◆C2VTzcV58A : 2015/10/23(金) 19:42:06.89 ID:4MhN/84P0

    飛鳥「(やはり年上には勝てないな……)」

    飛鳥「理解(わか)った。ボクの負けだ」

    飛鳥「来てくれてうれしかった。……ありがとう」ニコ

    心「……うむ! よろしい☆」

    心「それじゃ、次の参観日もはぁとが行ってあげるね♪」

    飛鳥「いや、次はPに頼むからいい」

    心「おいっ! この流れでそれはないんじゃないかなー?」

    飛鳥「ボクはひねくれ者だからね」

    心「ぶーぶー! まったく、飛鳥ちゃんは飛鳥ちゃんだなあ☆」

    飛鳥「その通りさ。ボクはボクだよ。ふふっ」


    おしまい


    15 : ◆C2VTzcV58A : 2015/10/23(金) 19:45:11.40 ID:4MhN/84P0
    終わりです。お付き合いいただきありがとうございます。
    Pがアイドルの授業参観に行く話は割とあった気がするので、今回はしゅがはさんに行ってもらいました
    ヴァリアスハートシリーズもぼちぼち20作目に到達しそうですが、今後も短いのを思いつきで書いていこうと思います

    16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2015/10/23(金) 19:50:37.34 ID:/cyPdeiDO
    乙乙
    なんかほわほわした
    17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2015/10/23(金) 19:52:10.84 ID:api4nvuAO

    いい雰囲気だなぁ
    18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2015/10/23(金) 23:23:14.74 ID:dQbiUZ5uO
    安定のほんわか
    ヴァリアスハートの謎のバランス取れてる感じが大好きです




    おすすめ記事
    アイドルマスターシンデレラガールズの関連記事
                
                                      

    コメント

            

            

     

    ブログパーツ

    最新記事