Article

        

渋谷凛「長女」 大石泉「次女」 橘ありす「三女……なんですかこれ」

2019/ 01/ 14
  • タグ:渋谷凛 橘ありす 大石泉 佐城雪美 ◆C2VTzcV58A

  •                  
    シンデレラガールズ 目次

    1 : ◆C2VTzcV58A : 2015/12/09(水) 21:20:32.38 ID:294vVOGJ0

    前作 モバP「凛っていい匂いするよな」

    の続きですが、特にそちらを読まなくても話はほぼ理解できると思います

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1449663632

    3 : ◆C2VTzcV58A : 2015/12/09(水) 21:24:10.56 ID:294vVOGJ0

    ベテトレ「大石! 同じところでステップが遅れているぞー!」

    泉「は、はいっ!」



    P「泉、だいぶきつく言われてたけど大丈夫か?」

    泉「大丈夫。ダンスがウィークポイントなのは前からわかってる」

    泉「少しつまづくことくらい、計算のうちよ」

    P「そうか、頼もしいな。信じてるぞ」

    泉「うん。期待に応えられるよう、頑張るわ」



    ありす「………」


    5 : ◆C2VTzcV58A : 2015/12/09(水) 21:28:53.57 ID:294vVOGJ0

    翌日


    ベテトレ「橘! 足に気を取られすぎて上半身が硬いぞ!」

    ありす「は、はいっ」




    P「ありす。今度のダンスの振りつけ、苦戦してるみたいだな」

    ありす「はい、少し。でも心配いりません」

    ありす「この程度は……計算のうちです」キリッ

    P「ははは、そーかそーか頑張れ」ナデナデ

    ありす「………」

    P「あれ、どうかしたか? 頭撫でられるのは嫌か」

    ありす「いえ、それは正直まんざらでもないというか……じゃなくて」


    ありす「おかしくないですか?」

    P「おかしい? 何が」

    ありす「態度が全然違うじゃないですか」

    ありす「泉さんが同じようなことを言ったら『頼もしい』なのに、どうして私が言ったら微笑ましい視線を向けるんですか」

                
    PICK UP!

    6 : ◆C2VTzcV58A : 2015/12/09(水) 21:31:52.64 ID:294vVOGJ0

    P「いや、そんなことを言われてもな。泉の『計算内』と、ありすの『計算内』じゃ……うん」

    ありす「ひとりで納得しないでください。異議ありですっ、異議あり!」ビシイッ

    P「俺相手に裁判を挑もうというのか」

    ありす「その通りです。Pさんなんて簡単に論破してあげます」

    P「いいだろう。そっちがその気なら俺も」


    ガチャリ


    凛「ただいま」

    泉「撮影、無事に終わりました」


    P「俺も……俺も泉を弁護士として迎え入れよう」

    ありす「とっさのアドリブでずるいことしないでください!」

    P「仲間を増やすことの何がずるいと言うんだ。それとも、ありすは泉を論破する自信がないからそんなことを言うのか?」

    ありす「正直言ってありません。Pさんや凛さんならともかく」

    凛「事情はわからないけど、なんか私馬鹿にされてない?」

    泉「いったい何を言い争っているの……?」

    7 : ◆C2VTzcV58A : 2015/12/09(水) 21:34:28.60 ID:294vVOGJ0

    P「――というわけだ」

    泉「なるほど、そういうことだったのね」

    凛「ありすとしては、もっと自分もしっかり者に思われたかったってことだね」

    ありす「思われたかった……ま、まあ、だいたいそんな感じです」

    P「まだありすは小学生だ。泉くらいの歳になったら、『計算内』っていうセリフが映える子になれるさ」

    凛「そうだね。背も伸びるし、これからもっといろんなことを勉強していくんだから」

    ありす「……わかりました。今はそれで納得しておきます」

    泉「すぐに理解できるところは、ありすちゃんの賢いところだと思うわ」

    8 : ◆C2VTzcV58A : 2015/12/09(水) 21:38:21.52 ID:294vVOGJ0

    P「ところで凛。今度出演するドラマの役、演技に苦労してるみたいだな」

    凛「あ……うん。結構大変かな。なんかいろいろ難しいことを考えている人物だから、それっぽい振る舞いがイメージしづらくて」

    P「そうか。なんとかなるといいんだが」

    凛「心配しないでよ。演技の経験とか、そういうのはこれから磨いていく時間もあるし」

    凛「最初に少しつまづくくらい、計算のうちだよ」

    P「………」

    P「そっかーなら大丈夫そうだなー」

    凛「なんで今視線逸らしたの」

    泉「声に力が伴っていないけど」

    P「そ、そんなことはないぞ?」

    凛「誤魔化さないでよ、逃げないでよ」

    ありす「凛さん、凛さん」トントン

    凛「なに」

    ありす「仲間です」b

    凛「小学生のありすと同レベル……」ズーン

    泉「ま、まあ、人には似あう言葉、似あわない言葉というものがありますから」

    泉「というかプロデューサー、ちゃんとフォローして」

    P「おっと、おしゃべりしている間にもうこんな時間か。悪いけどこれから会議だから、あとは頼んだ泉」

    泉「ええっ!?」

    P「信頼してるぞ!」ササッ

    泉「そんな信頼はいらないってば!」

    9 : ◆C2VTzcV58A : 2015/12/09(水) 21:41:56.40 ID:294vVOGJ0

    凛「泉はいいよね……頼もしいとか頭いいとか言われて」

    ありす「私たちには眩しすぎます……」

    泉「な、なに……二人とも、まるで地獄を見てきたかのような暗いオーラ……なんでそんな下向いてるんですか!?」




    泉「そんな感じで、悪乗りした地獄姉妹の気が収まるまで10分ほどかかったわ」

    亜子「いずみはどこにおってもそんな立ち回りやね」

    さくら「そういうイメージついてるもんね!」

    泉「そのイメージがついたのは主にあなた達のせいだけどね」

    10 : ◆C2VTzcV58A : 2015/12/09(水) 21:45:51.00 ID:294vVOGJ0

    数日後、日曜日


    P「今日は休みだ」

    P「が、いつもの癖で早めに目が覚めてしまった」

    P「二度寝する気にもなれなかったので、朝早いが外に出ることにした」

    P「少し足を伸ばして、朝食はどこかの店のモーニングでもいただこうかと考えたのだ」




    P「ふう、食った食った。朝から贅沢するのもたまにはいいな」

    P「腹ごなしに、少し歩いて帰ろうかな……ん?」

    11 : ◆C2VTzcV58A : 2015/12/09(水) 21:47:49.83 ID:294vVOGJ0

    凛「こら、ハナコ。あんまり走りすぎると危ないよ」

    ハナコ「ワン! ワン!」


    P「あっちも散歩中か……おーい、凛!」

    凛「え……ああ、なんだ。プロデューサーか」

    凛「こんな朝早くに誰が声かけてきたのかと思ったよ。どうしたの?」

    P「ちょっとリッチな朝食を楽しんできたところで、偶然君とハナコを見かけたんだ」

    凛「ふーん、そうなんだ。こっちは見ての通り、朝の散歩」

    ハナコ「ワン!」

    P「まだ9時前だよな……いつもこの時間にしてるのか」

    凛「休みの日はね。さすがにこの季節は寒いけど、この子が外に出たがるから」

    P「偉いな。俺だったら絶対にサボるようになる」

    凛「プロデューサーはペットとか飼っちゃダメなタイプだね」

    12 : ◆C2VTzcV58A : 2015/12/09(水) 21:49:46.94 ID:294vVOGJ0

    P「だろうな。こうやって、人のペットを見てかわいがるくらいがちょうどいい」ナデナデ

    ハナコ「くぅーん」

    P「この反応は喜んでるのか?」

    凛「多分ね」

    P「ならよかった。散歩、付き合ってもいいか」

    凛「いいよ。その辺歩くだけで、特別なことなんて何もないけど」

    P「それが散歩だろう」

    凛「ふふ、それもそうだね。じゃあ、行こうか」

    13 : ◆C2VTzcV58A : 2015/12/09(水) 21:51:25.00 ID:294vVOGJ0

    ハナコ「ワン! ワンッ!」

    P「朝から元気だな、ハナコは」

    凛「本当にね。ちょっとわけてほしいくらい」

    P「俺なんて、もう足が疲れてきたよ」

    凛「私も少し……ちょうど近くに公園あるし、休んでいく?」

    P「そうしようか」



    P「よっこらしょっと……あー、ベンチに座るだけで安らぐな」

    凛「ふふっ……なんか今の、おじさん臭いよ?」

    P「なにっ! まだ20代半ばだというのに、もう老いが進行してるのか……はあ」

    凛「そんな本気で落ちこまなくても……私の個人的な感想なんだから」

    P「ま、それもそうか」

    凛「切り替え早いね」

    P「そのほうがストレス溜めずに長生きできるしな」

    14 : ◆C2VTzcV58A : 2015/12/09(水) 21:52:47.11 ID:294vVOGJ0

    凛「今日は晴れだね」

    P「予報通りだな。雲がほとんどない」

    凛「………」

    P「………」

    P「なんか、かき氷食べたくなってきたな」

    凛「急にどうしたの」

    P「いや、本当になんとなくだけど」

    凛「今、冬だよ?」

    P「冬だからこそ恋しくなったのかもしれない。かき氷は夏しか食べないし」

    凛「わかるようなわからないような……私は夏に食べるだけでいいかな」

    P「やっぱりハワイアンブルーか?」

    凛「なんで」

    P「蒼いから」

    凛「色の好みと味の好みは一致しないよ」

    P「じゃあ何味が好きなんだ」

    凛「んー……メロンとか?」

    15 : ◆C2VTzcV58A : 2015/12/09(水) 21:55:26.54 ID:294vVOGJ0

    P「じゃあ緑色のシロップ(メロン味)と蒼色のシロップ(メロン味)があったとしたら、その時はどっちを選ぶ?」

    凛「……どっちでもいい」

    P「……だよなあ」

    凛「かなり中身のない会話だったね」

    P「ははは、まったくだ」

    P「凛とプライベートで会うことはあんまりないから、どんな話すればいいのか、いまいちつかみづらい」

    凛「そっか。ほとんど事務所とかで会うだけだもんね」

    凛「………」

    ハナコ「わう?」

    P「どうしたんだ、急にぼーっとして」

    凛「……考えてみれば、私、仕事以外であんまり付き合いのない人と、これだけ自然に話せてるんだなって」

    凛「つまり、それだけ事務所に入り浸ってることになって」

    凛「……私、アイドルなんだなあって思った」

    P「……今さらだな」

    凛「うん。本当に、今さら」

    16 : ◆C2VTzcV58A : 2015/12/09(水) 21:58:50.19 ID:294vVOGJ0

    凛「今でもたまに不思議に思うんだ。自分の置かれてる状況が」

    凛「私、特に取り柄があるわけでもなかったし」

    凛「……そりゃ、見た目はいい方なのかなとは思ってたけどさ。周りにも言われてたし。でもそれだって、男子から大人気だとか、告白されまくるとか、そういうレベルじゃなかった」

    凛「そんな私がアイドルになって、だんだん人気もついてきて……なんでだろうって」

    P「………」

    P「……確かに、凛は頭がいいわけでもないし、愛想も正直悪かった」

    P「けど、一番大事なものを持っていた」

    凛「一番大事なもの?」

    P「ああ。それは……輝きだ。俺は君にそれを見出したから、スカウトを決めた」

    P「凛は輝ける子だ。俺はそう信じている」

    P「それで十分だろう」

    凛「プロデューサー……」



    凛「……ごめん、クサくて軽く引いた」

    P「なんでだよ! 結構いいこと言ったのに」

    凛「時と場合によるというか……朝っぱらからそこまで真面目な話は求めてないというか」

    17 : ◆C2VTzcV58A : 2015/12/09(水) 22:01:25.47 ID:294vVOGJ0

    P「なんだよ。自分だって結構クサいこと言うくせに」

    P「この前ライブで『翼を広げて!』とか言ってただろ。奈緒が微妙についていけてなかったぞ」

    凛「あ、あれはライブだったからで……とにかく、プロデューサーよりはマシだから!」

    P「いやそんなことはない。凛のほうがイタい!」

    凛「プロデューサー」

    P「凛」

    凛「………」

    P「………」


    凛「ねえハナコ、どっちがマシだと思う?」

    ハナコ「ワン!」←凛にすり寄る

    凛「はい、私の勝ち」

    P「せこいぞ飼い犬使うなんて」

    凛「勝ちは勝ちだよ。不正はなかっ――」



    泉「朝からにぎやかですね……喧嘩の種はなんですか」

    P「ん?」

    凛「泉……どうしたの、こんなところで」

    18 : ◆C2VTzcV58A : 2015/12/09(水) 22:03:50.09 ID:294vVOGJ0

    泉「早くに目が覚めてしまって、暇だったからその辺をぶらついていたんです」

    泉「でも……思いのほか、収穫はありました」

    泉「こうして朝の静かな空気に触れていると、なんだか落ち着いて……頭も整理されて、いいアイデアが浮かんできそう」

    泉「早起きは三文の徳って言いますけど、本当ですね」

    凛「………」

    P「………」

    泉「……どうか、したの?」


    凛「プロデューサー……私たち、なんか小さいね」

    P「胸が?」

    凛「110番してあげようか」

    P「冗談だ」

    凛「はあ……器だよ、器」

    泉「あの、夫婦漫才ならよそでやってもらえると」

    19 : ◆C2VTzcV58A : 2015/12/09(水) 22:06:13.95 ID:294vVOGJ0

    ハナコ「ワン! ワン!」

    泉「かわいいですね。ハナコちゃん」

    ハナコ「クゥーン」スリスリ

    P「なんか俺に対してよりも懐いてないか。ハナコ」

    凛「ハナコにだって選ぶ権利はあるし」

    P「おっさんよりはJCか。まあ、俺がハナコでもそうするな」

    凛「実際、犬ってどんなこと考えてるんだろうね。ねえ泉、科学が進歩したら、犬の言葉がわかる翻訳機みたいな物も作れるの?」

    泉「翻訳機、ですか……言葉はともかくとして、思考を正確に分析して表示する機械とかなら、そのうち普及する可能性はあると思います」ソロソロ

    凛「そんなに臆病にならなくても、普通に撫でてあげて大丈夫だよ」

    泉「あ、はい……なでなで」

    ハナコ「わうわう」

    泉「ふふっ、喜んでいるのかな……」

    20 : ◆C2VTzcV58A : 2015/12/09(水) 22:09:37.40 ID:294vVOGJ0

    P「でも翻訳機なんてない方がいいのかもしれないぞ。もしかしたら飼い主の悪口を言ってたりして」

    凛「そ、そんなことはないよ。多分」

    ハナコ「わん!(あー散歩だりー)」

    凛「鳴き声に勝手にセリフ被せないでよっ」

    P「はは、ごめんごめん」

    泉「………」

    ハナコ「わんっ」

    泉「……なでなでされて気持ちいいワン♪」ボソッ

    泉「とか、思っていてくれたらいいな……」


    凛「………」

    P「……今のは、キュンときたな」

    凛「……同感」

    泉「……はっ! 今の、声に出てた!?」

    P「出てなかったワン」

    凛「大丈夫だワン」

    泉「わ、忘れて、忘れてくださいっ!」ブンブン

    22 : ◆C2VTzcV58A : 2015/12/09(水) 22:17:59.69 ID:294vVOGJ0

    ~散歩再開~


    ハナコ「ワン!」

    泉「わわっ……そんなに走ると、ついていけないよ」

    凛「少しくらいリード引っ張っても、首は締まったりしないから」

    泉「ぶ、物理的にそうなのはわかっていますけど……」

    P「さすがの泉もハナコにはたじたじだな……リード離しちゃだめだぞー」

    泉「それはわかってるわよ……っと。ほら、少し落ち着きなさい」

    ハナコ「ワン」

    凛「ちょっとずつ慣れてきたかな」

    P「みたいだな。……そういえば、三姉妹の末っ子は何してるんだろうな」

    凛「三姉妹? 末っ子?」

    P「ほら、凛と泉とありすで三姉妹」

    凛「まだ言ってたんだ、それ」

    P「雰囲気似てるだろ?」

    泉「ありすちゃん、昨日は遅くまでお仕事で疲れてそうだったから……まだ寝ているんじゃないかな」

    23 : ◆C2VTzcV58A : 2015/12/09(水) 22:23:42.13 ID:294vVOGJ0

    同時刻 ありすの部屋


    ありす「……すぅ……すぅ」


    ありす「ぁ……そんな、あたまなでないで……えへへ」


    ありす「………すぅ」





    P「確かに寝てそうだな」

    凛「そうかも」

    泉「でしょう?」

    ハナコ「ワン!」


    おしまい

    24 : ◆C2VTzcV58A : 2015/12/09(水) 22:24:46.31 ID:294vVOGJ0

    おまけ


    翌週


    P「新しくアイドルが入ることになった」

    雪美「………」

    P「佐城雪美ちゃん、10歳だ」

    凛「かわいい子……」

    ありす「ついに私より年下の子が……」

    泉「先輩風、吹かせるとか?」

    ありす「そ、そんなんじゃありません」

    凛「ところでプロデューサー。その子が抱いてる黒猫は」

    P「ああ。これは彼女の飼い猫だ。どうしても連れて行きたいというから一緒に来てもらった」

    雪美「………ペロ」

    泉「ペロっていうの」

    凛「ふーん。猫、好きなんだ」

    25 : ◆C2VTzcV58A : 2015/12/09(水) 22:26:06.36 ID:294vVOGJ0

    P「凛は犬派だからな」

    雪美「………猫、だめ?」

    凛「いや、別に犬派じゃないとダメとか思ってないから。そんな怯えた目しないで」

    ありす「動物が好きということには変わりありませんからね」

    凛「そう、ありすの言う通り」

    泉「いいこと言ったわね」

    ありす「そ、それほどでもありません。普通のことです、普通のこと」

    P「ま、少しずつ仲良くなっていければいい。これで四姉妹になったことだしな」

    凛「四姉妹って、まさかその子も加えて?」

    P「なんか似てるだろう?」

    雪美「………姉妹?」

    P「いいか雪美ちゃん。四姉妹というのはだな――」

    泉「そんなことより先に説明すべきことがいろいろあるんじゃないの?」

    凛「正論」

    ありす「正論ですね」


    おまけおわり

    28 : ◆C2VTzcV58A : 2015/12/09(水) 22:33:11.88 ID:294vVOGJ0

    終わりです。お付き合いいただきありがとうございます
    泉はトークバトルの時のSRの尻を見て「いいな」と思いました。その後いろいろ見て中身もいい子だなと気づきました
    彼女も地味にチートスペック持ちですね

    てきとうに過去作宣伝
    緒方智絵里「働きたくない」 双葉杏「ど、どうしよう……」

    31 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2015/12/09(水) 22:38:51.09 ID:BK7IM/f3o

    だらけ智絵里書いた人だったのか、あっちも好きだわ
    32 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2015/12/09(水) 22:47:38.76 ID:kGNlzY9Bo

    この姉妹なごむわあ




    おすすめ記事
    アイドルマスターシンデレラガールズの関連記事
                
                                      

    コメント

            

            

     

    ブログパーツ

    最新記事