Article

        

モバP「俺はプロデューサーですから」

2018/ 12/ 31
  • タグ:渋谷凛 佐久間まゆ 城ヶ崎美嘉 片桐早苗 前川みく 千川ちひろ

  •                  
    シンデレラガールズ 目次

    1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします : 2018/12/02(日) 17:06:59.18 ID:1PD0/cpP0

    ・ホラーssになったら嬉しい。
    ・誤字脱字とかあるかもしんない。
    ・キャラ崩壊が起きてる。もう止められへん。
    ・森久保のののが一発で漢字変換できないんですけど? どゆこと?

    凛「……どう思う?」

    まゆ「……正直、分かりませんね」

    美嘉「プロデューサーがするわけ無いでしょ? 凛の勘違いだって」

    早苗「私、一回警察に電話したかったのよね~。前職警察だけど」

    みく「元交通課が何か言ってるにゃ……」

    ちひろ「さて、何故私達が一つの扉の前で見張りを続けているのか! その理由は少しばかり時間を遡る必要があります!」

    2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします : 2018/12/02(日) 17:10:15.94 ID:1PD0/cpP0

    ~ 十分前 ~

    みく「ていう、幸子ちゃん闇堕ちエンドなんだけど」

    まゆ「……その話だと、まゆが最後どうなったかが」

    バタンッ

    凛「プロデューサーが小学生組を連れて部屋に立て籠もっているっていうタレコミが!」

    四人「……えっ!?」

    3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします : 2018/12/02(日) 17:16:30.78 ID:1PD0/cpP0

    ~ 現在 ~

    ちひろ「そして今に至ります」

    みく「ちひろさんはなにしてるにゃあ」

    凛「このままじゃ埒が開かない。私は事態を好転させるために早苗さんにその部屋に行ってもらいたいと思う」

    早苗「え、一人で?」

    凛「一人で」

    まゆ「良かったですね。通報チャンスですよぉ?」

    早苗「いや、まゆちゃんはそれで良いの!?」

    まゆ「はい♪ でも、そうなったら「そうなったら、アイドルすっぽかして毎日面会に行きそうだにゃあ」

    美嘉「……はぁー。じゃあ、私が行くよ」

    凛「美嘉はダメ。年少組が危ない」

    まゆ「同感ですねえ」

    みく「え、ひどくない?」

    凛「だって美嘉が行ったら」

     扉に向かう
     ↓
     扉を開ける
     ↓

                
    PICK UP!

    4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします : 2018/12/02(日) 17:23:40.57 ID:1PD0/cpP0

     扉を開け、美嘉の視界に入ったのは、正しい意味での桃源郷だった。
     小さな体の、本来であれば洋服で隠されていた肌色が所々露わになり、全裸とは違うその姿に美嘉が興奮を覚えるのは仕方が無かった。
     しかし、美嘉はそれ以上に目を引かれた人物がいた。
     プロデューサーだった。
     日本の平均身長よりも大きなその体全身を使い、興奮を覚える原因の少女達を貪っていた。
     少女達は皆、拒絶や痛みを訴えるためにプロデューサーに僅かばかりの抵抗をするが、お構いなしと言ったようにプロデューサーは少女達を貪り続ける。
     美嘉が感じた感情。
     それは、少女達に対する羨望だった。
     私が、プロデューサーにあられもない恰好で迫ったら、あのように、求めてくれるだろうか?

    「ねえ、プロデューサー」

     気が付けば、声を出していた。
     上着を脱ぎ棄て、ボタンを半分程開け肩を出すように器用に脱ぐ。
     緊張で、乾いた唇を誤魔化すように舌を這わす。

    「私は……どう、かな?」

     そう言った瞬間、心臓の高鳴りが最高潮に達した。
     プロデューサーが、声に呼応するかのように此方に向って動き始める。
     美嘉は喉がからからと乾く、そんな感覚を味わいながら浅い呼吸を繰り返す。
     だが、呼吸のせいでほんの少し口が開いてしまったことに美嘉は気が付けなかった。
     プロデューサーはさながら、誘われる虫のように、美香の唇に



    美嘉「ストップ! ストップ! ストップ!!!!!」

    5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします : 2018/12/02(日) 17:34:17.11 ID:1PD0/cpP0

    凛「……何? こっからがいい所なのに」

    ちひろ「タイトルにr-18と書かれていないのに、r-18を書くのはいただけませんね。それに、板を間違えてはいけない」

    凛「分かった。ちひろさんがそこまで言うなら、止めるよ」

    みく「若干アウトな気もするにゃあ」

    まゆ「早苗さぁん」

    早苗「いや、あたし交通課だし」

    凛「ともかく、美香はダメ」

    美嘉「じゃあ、誰が行くの?」

    まゆ「それじゃ、まゆが」

    美嘉「まゆちゃんはダメ!」

    まゆ「……どうしてか、教えて欲しいですねぇ」

    みく「みくとしては問題ないと思うけど」

    早苗「あたしも、大丈夫だと思うけど」

    美嘉「いやいや、まゆが行ったら」

    6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします : 2018/12/02(日) 17:47:16.13 ID:1PD0/cpP0

     まゆちゃんが、扉を開けると、すぐそこにはプロデューサー達が居ると思う。
     そ、それで、年少組の子たちと、その、い、いろいろしてると思うの!

    「……ナニ、してるんですかぁ?」

     ……それで、まゆちゃんはプロデューサーに怒ると思うんだ。
     凄い、剣幕で。
     まゆちゃんは、たぶん、プロデューサーが小さい子を襲ってるってことと、何で自分の方に欲望を流さなかったのかって、そんな感じで怒ると思う。
     ……それで、

     …………えっと、

    8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします : 2018/12/02(日) 18:09:17.99 ID:1PD0/cpP0

    凛「美嘉、それだけ?」

    美嘉「いや……ここからは不確定要素が多いから、何とも」

    早苗「例えばどんな?」

    美嘉「例えば……まゆちゃんに向って、そんな目で見れなかった。とか」

    みく「自分より小さい子に、色気で負けてるって真正面から言われたら、そりゃ……」

    まゆ「……ううぅ」

    美嘉「た、例えばだからね! 例えば!」

    みく「ああ、もう! みく行ってくるにゃあ!」

    まゆ「みくちゃんはダメですよぉ……」

    みく「えっ、何でニャ」

    まゆ「みくちゃんが行ったら……」

    9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします : 2018/12/02(日) 18:18:49.64 ID:1PD0/cpP0

    「にゃっ!? ぷ、プロデューサー、ほ、本気で襲ってるなんて思いもしなかったにゃ!」

    「……心底見損なったニャ! さっさと自首して清い心を取り戻すにゃ!」

    「……えっ、ちょ!? 何で迫ってくるの!? ちょ、ヤダ、そんなのくっ付け――」

    10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします : 2018/12/02(日) 18:26:19.41 ID:1PD0/cpP0

    まゆ「と、一時間が経過した後、そこには淫らな姿でプロデューサーさんに陶酔しきったみくちゃんの姿が!」

    みく「ちょっと雑過ぎじゃないかニャ?」

    まゆ「えっちぃのは駄目ですから♪」

    早苗「あーもう。あたしが大人を代表して行くわよ。それでいいんでしょ?」

    みく「早苗さんはにゃぁ……」

    早苗「ちょっと、不満でもあるの?」

    みく「早苗さんが行ったら」

    11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします : 2018/12/02(日) 18:30:38.72 ID:1PD0/cpP0

     早苗さんは扉を回して、扉を開けた瞬間に、覚悟を決めるにゃ。
     ――同僚を、手にかける覚悟を

    早苗「ちょっと待って」

    12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします : 2018/12/02(日) 18:42:25.88 ID:1PD0/cpP0

    早苗「えっ、ひどくない? かなり酷くない?」

    みく「ちょっと! 途中で止めるとは何事にゃ!」

    早苗「いや止めるよ? 殺害予告は洒落にならないでしょ?」

    凛「でも勢い余ってやってしまいそうだよね」

    早苗「あたしそんなに信用無いかな!?」

    まゆ「いつもの見ていると、心配になってくるんですよ」

    美嘉「……出しちゃいけない音、頭から出してるもんね」

    凛「しょうがない。真打の登場だね」

    ちひろ「凛ちゃんはだめです」

    早苗「あれ、流れ的にあたしなのでは?」

    ちひろ「後で奢りますので、勘弁を。凛ちゃんが行ってしまうと――」

    13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします : 2018/12/02(日) 19:00:05.19 ID:1PD0/cpP0

     凛は後ろから期待のような眼差しを受けながら、目の前の扉を見る。
     何処にでもある、不審な点は見当たらない、普通の扉だ。
     凛は、この話を、今でも懐疑的に思っている。

     あのプロデューサーだ。
     此方が告白しても、引退まで好きでいてくれたら、なんて先延ばしをするような人間がアイドルを、しかも小学生組に何て有りえない。
     だが、疑ってしまった自分も居た。

     自分の告白を受けなかったのは、特殊性癖だったからなのではないだろうか?
     そうなると――。

    「ッ!」

     頭を大きく横に振り、嫌な考えを打ち消す。
     その勢いのまま、凛は扉を開けた。

    「……」

     部屋は、暗い。
     廊下から射しこまれる光以外では部屋の様子が全くわからない程に。

     疑問に思ったが、それ以上に自分の不安を消すために進みたかった凛は、暗闇に足を踏み入れ扉を、閉めた。

     途端、真っ暗になる部屋。
     先程までにあった、光の安心感は消え失せ、暗闇で一人迷子になったような不安感が沸き上がる。

    「ハァー……すぅー……」

     ゆっくり、深い深呼吸をした。
     幾分か不安感が和らぎ、一歩を踏み出した凛の耳に信じがたいことが聞こえた。

     それは、鞭で何かを叩いた音。
     次の瞬間、龍崎薫の悲痛の叫びが響いた。

    「えっ?」

     しかもそれは一回では終わらなかった。
     二回、三回と数が増え、悲鳴がどんどん弱弱しいものに変わっていく。

    「えっえっ?」

     気が付くと、悲鳴は止んでいた。
     しかし、それは始まりに過ぎなかった。

     凛の視線から、やや低い所に蝋燭の火が灯った。
     食い入るように見つめていると、やがてその蝋燭の蝋が溶け始めた。
     高い粘度製を目の前で見せられながら、蝋は何かの上に垂れた。

     また、甲高い悲鳴が響く。
     それは、聞き違いなく市原仁奈の叫びだった。

    「や、やめて……」

     何処からともなく、嘲るような笑い声が響く。
     先程までに反響していた声より低く、男性の物であると分かる。

    「……プロデューサー?」

     凛が疑問の声を上げた次の瞬間には、新たる悲鳴がこの部屋を支配して
    「ちひろさん、面白そうなお話をしていますわね?」

    14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします : 2018/12/02(日) 19:10:57.08 ID:1PD0/cpP0

    ちひろ「あら、桃華ちゃん。それに、みんなも」

     プロデューサーさんを囲むように、彼女達は部屋から出てきました。
     ちらりと、凛ちゃんたちの方を見ると、プロデューサーさんよりも年少組のアイドルたちに目を奪われているようでした。

    みく「ちょ、ちょっと! 薫ちゃんと仁奈ちゃんは何ともないかニャ!?」

    まゆ「千枝ちゃんも大丈夫かしら?」

    凛「桃華と雪美は……問題なさそうだね」

    美嘉「……はぁ~。特に問題なさそうでよかった。全くちひろさん冗談でもする話がちがうでしょ」

    早苗「ちょ~っとP君に聞きたいことが出来ちゃったかしら?」

     プロデューサーさんをそう言って捕まえようとする、早苗さんの前に立ち、チョットした提案を出す。

    ちひろ「そんなことより、みんなをプロジェクトルームに連れて行ってくれませんか?」

     たぶん今、とても不気味な顔をしていると思う。
     顔が引き攣らないように、笑みを作る。

    早苗「……分かったわ。P君の事は任せるわね」

     そのおかげか、早苗さんは皆を連れて行った。

    15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします : 2018/12/02(日) 19:26:03.63 ID:1PD0/cpP0

     去っていく後ろ姿が、完全に消えた時、ようやくちひろさんが肩の力を抜いた。
     そして、俺の顔を見直してスタドリを押し付けるように渡された。

    P「ありがとうございます」

    ちひろ「……本当に、ごめんなさい」

     ちひろさんは思いつめた顔で、俺に対して頭を下げた。
     悔しそうに、涙を流しながら。

     そんなちひろさんの、頭を撫でながら俺はスタドリを流し込んだ。
     ……ほんと、クスリみたいだ。

    ちひろ「どうして、そんな、優しく、するんですか……」

     涙をぬぐいながら、そう聞いてきたちひろさんに対して俺は笑顔を貼り付けながら呟いた。
     ああ、ほんと、この表情上手くなったな。

    P「俺はプロデューサーですから」

    16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします : 2018/12/02(日) 19:26:39.47 ID:1PD0/cpP0
     ここで終わりです!
     正直意味が解らないと思う。
     てことでヒントです!

    ・ちひろさんは部屋で何が行われていたか知っていた。
    ・ちひろさんは流れをぶった切ってまで、早苗さんを奢ってまでして語りたいと言った。
    ・凛の視点から見て低い位置にあった蝋燭。
    ・クスリみたい。
    ・ツクリワライ。

     以上です!
     因みに、SSはファイルを整理してて、見直したら(個人的に)意外と面白かったので投稿してみました。
     何でのの一発変換できないんだよぉ!

    19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします : 2018/12/02(日) 20:35:16.72 ID:az2hDKfgo
    なるほどわからん
    おつおつ




    おすすめ記事
    アイドルマスターシンデレラガールズの関連記事
                
                                      

    コメント

            

            

     

    ブログパーツ

    最新記事