Article

        

モバP「楓さんのダジャレに全力で笑ってみた結果」

2018/ 12/ 28
  • タグ:高垣楓 千川ちひろ ◆3wmi.HUQIo

  •                  
    シンデレラガールズ 目次

    1 : ◆3wmi.HUQIo : 2018/01/14(日) 14:43:44.74 ID:9Pscy+1I0

    初投稿

    数レスで終わると思う

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1515908624


    2 : ◆3wmi.HUQIo : 2018/01/14(日) 14:44:21.65 ID:9Pscy+1I0

    事務所

    P「あれ、ちひろさん。この予算って―――」 カタカタ

    ちひろ「あぁ、それは昨年度分の―――」

    楓(二人とも忙しそう)ボー

    P「決算案はこんな感じで―――」 カタカタ

    ちひろ「あ、待ってください。こっちの―――_」カタカタ

    楓(ポテチおいしい)モグモグ

    P「じゃあ、これが―――」

    ちひろ「それとこっちも―――」

    楓(……)

    楓「…3歳の山菜…ふふっ」ボソッ

    P「プッ」

    ちひろ「!?」

    楓「!?」

    3 : ◆3wmi.HUQIo : 2018/01/14(日) 14:46:14.99 ID:9Pscy+1I0

    ちひろ「プ、プロデューサーさん、今…」

    P「?どうかしましたか?」

    ちひろ「あ……いえ」

    楓(も、もしかして…)

    楓「……アンデス山脈はどこにあんです?」

    P「ブフォッwww」

    ちひろ「!?!?」

    楓(や、やっぱり…!)

    楓「…スパイスは酸っぱっす」

    P「ちょっwwww」

    楓「パスタのスーパースター」

    P「や、ヤバいってwwwww」

    楓「コーディネートはこーでねーと!」

    P「wwwwwwww」

    ちひろ「!?!?!?!?」

    楓「ふふっ♪」

    楓(やった♪やった♪)

    4 : ◆3wmi.HUQIo : 2018/01/14(日) 14:47:55.74 ID:9Pscy+1I0

    ちひろ「ちょ、ちょっとプロデューサーさん!?どうしたんですか?頭でも打ちましたか!!?」

    P「い、いや、だいじょ…ブフォッwwwヤバいダメだwwwww」

    ちひろ「あ、もうダメだ」

    楓「それじゃあ、プロデューサーさん1番面白いのいきますよ♪」

    P「ヒーッwwwヒーッwww」

    ちひろ「はぁ(諦め)」


    楓「びっくりなクリーナー」


    P「……」

    ちひろ「……」

    楓「……」

    P「…………」

    ちひろ「…………」

    楓「…………」

    P「……………………」

    ちひろ「……………………」

    楓「…………………ふぇ」ジワッ

    P「!?」

    ちひろ「!?」

                
    PICK UP!

    5 : ◆3wmi.HUQIo : 2018/01/14(日) 14:49:35.24 ID:9Pscy+1I0

    P「え、ちょっ!」

    ちひろ「え?え??」

    P「あ、え!これどうしましょう!?」アタフタ

    ちひろ「え、えーと……!と、とりあえず謝ってください!」アタフタ

    楓「………ご、ごめんなさい」グスッ

    P・ちひろ「「楓さんじゃないです!」」

    楓「うぅっ……」ブワッ

    ちひろ「あー!ご、ごめんなさい!!ごめんなさい!!!」

    P「ごめんなさいぃぃぃ!!!!!!」

    楓「………」グスッ……

    ちひろ「ごめんなさい…」ビクビク

    P「ごめんなさい…」ビクビク

    楓「いえ…」

    楓「……私こそ年甲斐も無く泣いてしまい」

    楓「ごめんなさい」

    P「じゃ、じゃあ…許してくれますか…?」

    ちひろ「くれますか…?」

    楓「…はい」コクン

    P「よ…」

    ちひろ「よ…」

    P・ちひろ「よかったああああああ!!」

    6 : ◆3wmi.HUQIo : 2018/01/14(日) 14:51:05.38 ID:9Pscy+1I0

    P「あー!!マジで焦ったあああああ!!」

    ちひろ「楓さんに嫌われたら生きていけないいいいい!!!」

    楓「…ふふっ、お二人とも大袈裟ですよ。私がPさんとちひろさんのこと嫌いになるわけないじゃないですか」

    P「あー、ホントに良かったー」

    ちひろ「えぇ、何はともあれ一件落着ですね」

    P「はい、それじゃあそろそろ仕事に戻り―――」

    楓「ま、待ってください、プロデューサーさん」

    P「?どうしました?」

    楓「あ、あの…」

    楓「…さっきのダジャレ…あんなに笑ってくれて…」

    楓「その…面白かったですか?」ドキドキ

    ちひろ「うふふ♪可愛いですね楓さん。ほら、言ってあげてくださいよ、プロデューサーさん♪」

    ちひろ(正直私は面白くなかったけど)

    P「…」





    P「…………………………ごめんなさい」

    楓「!?」

    ちひろ「!?」




    P「楓さんのダジャレに全力で笑ってみた結果」


    P「楓さん可愛い」


    おわり

    7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2018/01/14(日) 15:33:20.96 ID:DNSv2OIxo
    これはかわいい
    8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2018/01/14(日) 20:51:12.01 ID:SYHdLlHY0
    いいねぇ……
    9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2018/01/15(月) 04:56:39.15 ID:+eHihJDoo
    いい…




    おすすめ記事
    アイドルマスターシンデレラガールズの関連記事
                
                                      

    コメント

            

            

     

    ブログパーツ

    最新記事