Article

        

高垣楓「肉まん」

2018/ 12/ 27
  • タグ:高垣楓

  •                  
    シンデレラガールズ 目次

    1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2017/04/21(金) 22:55:37.38 ID:0GqaNJLko


     秋の陽は釣瓶落とし、とはよく言ったものです。


    十二月も目前に控えたこの時期は、ほんの少しの間でも空から目を離してしまうと、
    気付いた時には星が輝いていたりします。
    夜は好きじゃないとかお昼が大好きだとか、特にそういった人間でもないのですが、
    気を抜くと逃げて行ってしまう暖かさが、何だか無性に勿体ない気がしてしまって。

    アイドルにとって、またモデルにとって、そもそも女性にとって、寒さは油断ならない大敵です。
    事務所は少々やり過ぎじゃないかしらと心配になる程しっかり加湿されていますし、
    年少アイドルにも分かりやすいよう、壁のあちらこちらに保健機関の喚起ポスターが貼ってあります。
    お陰で今シーズンは未だ病に伏せるアイドルが出ていません。

    コートの裾を直し、ネックウォーマーの位置を整えます。
    ありがたい事に、私はアイドルとして中々の人気が出始めてきました。
    所属当初は特に気を使っていなかった服装も、
    最近はなるべく変装するようにプロデューサーからお願いされてしまって以来、
    街中では帽子や眼鏡を身に着けるようになりました。
    なので夏に比べ、この季節は変装がしやすくて楽なのです。
    夏のマスクやマフラーは大変目立ちますから。

     「ほぉっ……」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1492782937

    2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2017/04/21(金) 23:11:58.19 ID:0GqaNJLko

    どんなものに季節を感じるかというのは、人によって様々な考え方があるかと思います。
    ニュースの冒頭で読み上げられる二十四節気だったり、
    それこそモデルであれば、お仕事で先取りする服に感じたり。

    私が冬の訪れを感じる合図は、
    とてもありきたりかもしれませんが……吐く息が白く、白く色づく事。
    そして合図を確かめると、私は冬を迎える儀式の準備へ入ります。

    儀式、は少し大げさかもしれませんね。
    でも、誰にだって「これといえばこれ」みたいな習慣があるのではないでしょうか。
    縁日と言えば焼きそば、一杯目はビール、といったような。
    私の場合は――


    白い霧となって流れ去る吐息を見送り、私はよしと深く頷きました。
    来たる冬将軍を迎え撃つべく、コート姿の行き交う街中を眺め回します。
    特に贔屓がある訳でもありませんが、やはりここは王道を攻めるべきでしょうか。
    緑色の看板と鎬を削るようにして並ぶ橙色を見つけて、私は歩き出しました。


     「セブンイレブン、いい気ブン♪」


    良いCMですよね、あれ。


    3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2017/04/21(金) 23:12:56.54 ID:0GqaNJLko

    魅惑の柔肌こと高垣楓さんのSSです


    高垣楓「肉まん」

    前作とか
    高垣楓「プロデューサーも私とえっちな事、したいんですか?」 ( http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1492219846/ )
    渋谷凛は背中が弱い


    この冬に頒布した本の一節へ微修正を施したものです

                
    PICK UP!

    6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2017/04/21(金) 23:57:31.04 ID:0GqaNJLko

     ― = ― ≡ ― = ―

    自動ドアをくぐると、思わず吐息の零れてしまうような暖かさに包まれました。
    環境破壊が叫ばれて久しい昨今ですが、
    この安心感を享受する身ではなかなか声を上げにくいのもよく分かります。

    さぁ、どうしましょう。
    目的のモノはもう決まっているけれど、それだけっていうのもちょっと味気無いし。


    まずはブラついてみよう、と右を見たところで、よく知った姿を見つけてしまいました。

     「あれ。ばんわー。か……」

    途中で気付いたように口を噤んだのは、制服姿で立ち読みをしていた加蓮ちゃん。
    変装中の私を見て、悪戯に笑いながら口元へ指を立てました。


    事務所には二種類のアイドルが居ます。
    つまり、変装をするか、しないかで。
    加蓮ちゃんは後者で、何か面倒くさい、と非常に分かりやすい理由を貫いています。

    一方で、最近になって変装する派になった卯月ちゃんのような娘も居ます。
    理由を訊ねてみると、

     「えへへ……何となーく、アイドルっぽいかなぁ、なんて♪」

    と、はにかむものですから、思わず私が頭を撫でてしまうのも無理はありません。

    10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2017/04/22(土) 10:15:26.49 ID:X+nI9OZKo

     「これからお仕事?」
     「ううん、奈緒たちと夕飯食べようって話になって、事務所待ち合わせの時間までヒマ潰しをね」
     「なるほど……あら? その雑誌」
     「昨日が発売日だったの思い出したから」

    私へ見せてくれた雑誌の表紙を飾っていたのは、またしても見覚えのある顔。
    『速水奏、冬コーデに迫る!』の文字の横に、素敵な微笑みが並んでいました。

     「奏って私服も結構パリっとしてるんだなー」
     「あ。多分それ、大半は私服じゃなくて借り物だと思いますよ」
     「へ? そなの?」
     「経験がありますから」
     「なーるほど、納得」

    名目上は私服となっていてもその実、
    ちゃんとスタイリストさんがセレクトしたものである事は珍しくありません。
    やっぱり着る側にも色々な事情がありますし、
    何より私の見立てでは、奏ちゃんの私服には少女趣味の物も多数含まれている筈です。

     「ん、そろそろちょうどいい時間かな。一冊お買い上げー」
     「では、私も一冊。まとめて払っちゃいましょう」

    私達は確かにユニットのメンバーでもありますが、同時に一人のファンでもあるのです。
    アイドルを応援する為の、これはいわば健全なる支出なのです。


    そう、俗に言う応援課金です。


    11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2017/04/22(土) 11:03:46.98 ID:X+nI9OZKo


     「あっ」
     「えっ?」

    店外へ一歩踏み出し、加蓮ちゃんがか細い肩を震わせた瞬間。
    私は雑誌に気を取られ、すっかり本来の目的を忘れていた事に気が付きました。
    思わず立ち止まった私を加蓮ちゃんが不思議そうに見つめています。

     「どしたの? 買い忘れとか?」
     「……」

    うーん、どうしましょう。
    今から頷いて買いに戻るというのも、何だかとても食いしん坊なように思われて、
    少々気恥ずかしいような感じがします。
    食欲に従うべきか、オトナとしての尊厳を守るべきか。


     「いえ、何でもありません。風邪を引かないうちに事務所へ行きましょうか」
     「はーい。あったかルームが待っている~♪」

    私はオトナの尊厳を選びました。


    まぁ、いつだって食べられますからね。肉まんなんて。


    12 : 以下、名無しにかわりまして後援会がお送りします : 2017/04/22(土) 12:05:13.67 ID:X+nI9OZKo


     ― = ― ≡ ― = ―


     高垣楓さんには、お姫様のようなドレスが一番映えると思いませんか?


     ― = ― ≡ ― = ―


    13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2017/04/22(土) 12:31:09.57 ID:X+nI9OZKo

     ― = ― ≡ ― = ―

    これは一体どうした事でしょう。
    悪い魔法や呪いでも掛けられてしまったのでしょうか。


    私が冬を迎えるにあたって、これまで欠かさず行ってきた準備。
    ――つまり、コンビニで肉まんを買い食いするという、何気ない一幕。

    その何気ない行動を起こせないままに、
    いよいよ秋と言い張るには厳しい時期になってしまいました。
    あと二日でめでたく十二月へ突入してしまいます。
    私の中で十二月はもう、それは容赦の無い冬なのです。


    その、私だって何度も肉まんを食べようと思ったんです。
    ですがその度に用事が入ったり、
    あるいはたまたまお腹がいっぱいだったり、
    近くにコンビニが見当たらなかったりして。

    いえ、分かっています。本気で肉まんを食べようとすれば何の問題も無い事くらい。
    でも、何だか少し悔しいじゃないですか。

    14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2017/04/22(土) 13:22:14.70 ID:X+nI9OZKo


    もう夕方か。うーん、何となく小腹が空いたなぁ。
    あら、ちょうどいい所にコンビニが。
    そうね、そろそろ冬になるし、一丁ここは肉まんでも食べちゃおうかしら――


    私が求めているのはこういう一連の流れなのです。
    季節というのは朧気に感じるから風流なのであって、
    全力でそれを求めに向かうのは、何だか粋じゃないと言うか、
    いえ、別に江戸っ子ではないんですけど。

    だから私はスーパーで冷凍の肉まんを見かけても買う事無く、
    今か今かとタイミングを測っていたのです。
    肉まんを求める私のお腹は寂しがって、
    お陰で昨日の晩酌も清酒が二合しか進みませんでした。


     「おはようございます」
     「ん……ああ、楓さん。おはようございます」


    曇っていた空模様が一気に晴れ渡るような、そんな心地でした。


    16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2017/04/22(土) 14:20:40.12 ID:X+nI9OZKo

    今日のお仕事はラジオ番組のゲスト出演なので、事務所の扉を開けたのは夕暮れ。
    プロデューサーを探せば、その姿は隅の休憩スペースにありました。

     「……楓さん? あの、大丈夫ですか?」


    あぁ、ああ――


    プロデューサーの前、テーブルの上に乗った白い袋は、
    一片の疑いようも無く、恋い焦がれていた魅惑の柔肌。
    湯呑みを啜る彼の食べさしの他に、もう一つの確かな影が見え隠れします。

    プロデューサー、私は信じていました。
    貴方ならきっと、必ず、私の事を全部全部分かってくれると。
    以心伝心、魚心水心。
    やはりアイドルとプロデューサーという関係は、期せずしてこうも鮮やかに繋がってしまうものなのですね。

     「あのー、楓さん? 聞こえてます?」
     「プロデューサー」
     「あ、はい」
     「大好きです」
     「ぇごほっぅぐ」

    17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2017/04/22(土) 14:57:51.38 ID:X+nI9OZKo

    不思議な声で咽せるプロデューサーが、慌てて湯呑みの中身を口元へぶち撒けました。
    丈夫な備前焼に守られた温度へ悶える彼をよそに、
    私の視線はただ一つの、甘美なる誘いへと釘付けにされてしまいます。

     「ごほっ……っふ、は……あの、あの楓さん」
     「プロデューサー」
     「は、はい」
     「それ、頂いてもいいでしょうか」
     「……は?」


    肉まん。あぁ肉まん。


    もう食べたくて食べたくて仕方が無くて、肉まん以外の事は考えられないのです。
    プロデューサーの瞳をじっと見つめると、彼の視線は私と袋とを何往復かして、
    その袋をそっと私に差し出してくれました。

     「ええと、まぁ……どうぞ」
     「ありがとうございます」

    既に湯気こそ立ってはいません。
    ですが掌に伝わるこの確かな熱は、決して夢や幻などでもありません。
    微かに震えているような気もする両手を更に奮い立たせて、
    えいやとばかりに牙を突き立ててやります。

    18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2017/04/22(土) 17:55:18.36 ID:X+nI9OZKo


    唇に感じる温かさ。
    顎に伝わる柔らかさ。
    舌で踊る甘さ。
    あんまんでした。


    19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2017/04/22(土) 18:12:51.12 ID:X+nI9OZKo


     「……」
     「ええと、あのですね楓さん。先程の」
     「プロデューサーなんて、きらいです」
     「えっ」
     「でも、その肉まんをくれたら好きになります」

    残り三口ほどになった肉まんを指差せば、プロデューサーはしばらく固まりました。
    そして肉まんと私の顔とを再び何度も見比べると、えいやと口の中へ放り込みます。
    もぐもぐとよく噛んで、少し咽せて、お茶を飲んで、やっぱり少し咽せて、手を払いました。


     「さーて、仕事仕事」
     「この後、私の送迎ですよね?」


    プロデューサーの口笛は、下手っぴでした。


    20 : 以下、名無しにかわりまして後援会がお送りします : 2017/04/22(土) 19:12:04.40 ID:X+nI9OZKo


     ― = ― ≡ ― = ―


     高垣楓さんには、煌めくティアラが一番似合うと思いませんか?


     ― = ― ≡ ― = ―


    21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2017/04/22(土) 19:15:28.62 ID:X+nI9OZKo


     ― = ― ≡ ― = ―


    十一月の、三十日。


    遂にこの日がやって来てしまいました。もはや一刻の猶予も残されてはいません。
    憎いあんちくしょうをお腹へと収めなければ、この冬を越せない予感すらしてきました。

    今日は久しぶりの完全オフ。
    いつもであれば十時たっぷりまではお布団にくるまっている時刻ですが、今日の私は本気です。
    起床はなんと、朝七時半。
    いつもであればトースト一枚で済ませてしまう朝ご飯には、
    コーンポタージュとシーザーサラダをサービスしてしまいます。

    食後のコーヒーを済ませたら運動着へ着替え、近所の公園までひとっ走り。
    帰ってシャワーを浴び、全身をほぐすようにストレッチ。

    あれやこれやを済ませると、クローゼットを開きます。
    仕事柄、昔も今も服にはそれなりに気を遣っていますので、文字通りのよりどりみどりです。
    箱へしまい込んだヒールさん達から目を逸らし、冬らしく暖色系のアイテムを選んで。

    袖を通し終わったなら、忘れちゃいけない一仕上げ。
    鏡台の前へ腰を下ろし、ヘアバンドで前髪を上げます。
    ファンデーション。アイライナー……ええい、今日はルージュもおまけに付けちゃいます。

    22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2017/04/22(土) 19:53:01.21 ID:X+nI9OZKo

    いつもよりだいぶ気合いの入った顔を念入りにめかし込んで、
    どこか変な所は無いか念入りにチェックして、
    おまけのおまけに鏡へ向かって投げキッスを見舞ったところで我に返りました。

    空っぽの鞄を何となく肩に掛けて、下ろしたてのローファーを足へ填め込んで、
    軽やかにドアを開けます。
    当然ながら寒くはありますが、今の私には心地良いくらいです。
    お仕事用のきりりとした表情まで浮かべてやります。

    今日、私は肉まんを食べるのです。本気も本気です。


    風流?
    はて。風流とは美味しいのでしょうか。


    24 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2017/04/22(土) 20:01:18.30 ID:X+nI9OZKo

    一切の変装を捨て去った外出は思いのほか爽快で、
    繁華街へ近付くにつれ、道行く方々に声を掛けられる頻度が増えていきました。
    その度に私は笑顔で応じ、握手を交わし、ツーショットにピースサインを返します。

    肉まんを買うだけならご近所のコンビニでも可能ですけれど、
    何となく事務所近くの、行きつけのコンビニで買ってやらなければいけない気がしたのです。


    自動ドアが開くと店内の暖かな空気が外へ逃げ出していきます。
    小さく息を吸って、私は真っ直ぐにレジへと歩き出しました。
    二つある内の、誰も並んでいない方へ立つと、何か作業をしていた店員さんが振り向きます。

     「……い、いらっしゃいませ」

    女子高生らしき店員さんは、どうも、少し気圧されているようでした。
    ひょっとしたら気合いが入り過ぎて、ちょっとこわい顔をしていたのかもしれません。
    お仕事用のにこやかな笑顔を浮かべ直して、さり気なく、ぴんと伸ばした指をレジ脇へ向けます。


     「肉まんを、二つ」
     「はい。二百四十円です」


    呆気ないものでした。
    百円玉を三枚渡せば、六十円のお釣りと共に、ずしりと心地良い重みの入った袋を手渡されます。
    気持ちの良い営業スマイルに見送られて、私は再び寒風吹きすさぶ店外へ足を踏み出しました。


     「買った……勝った」


    万感の言葉でした。


    25 : 以下、名無しにかわりまして後援会がお送りします : 2017/04/22(土) 20:15:20.34 ID:X+nI9OZKo


     ― = ― ≡ ― = ―


     高垣楓さんに、ガラスの靴を履きこなして頂きたいと思いませんか?


     ― = ― ≡ ― = ―


    26 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2017/04/22(土) 20:30:12.78 ID:X+nI9OZKo

     ― = ― ≡ ― = ―

    事務所がいいかとも思いましたが、この戦いにみんなを巻き込む訳にはいきません。
    英雄とは、常に孤独なものなのです。
    何考えてるんでしょうか、私。何だか気分が上がってきました。

    結局、腰を下ろしたのは事務所から少し離れた公園のベンチ。
    厚手のパンツ越しの冷たさが、今の私には労いの言葉にさえ感じられます。

    躍る心を落ち着かせ、大きく深呼吸を一つ。
    白いビニール袋へ手を突っ込み、あつあつの紙包みを一つ取り出します。


    ごくり。


    自然と喉が鳴って、私は待ちきれずに包みを剥がしました。
    その途端に湯気がふわりと立ち昇って、私はうっかり泣きそうになったのを堪えます。

    長い道のりでした。撮影の際にはアンニュイな表情だと褒められました。
    いえ餡ニュイなんです、とは結局言い出せずじまいでした。
    プロデューサーも褒めてくれたので、あの言葉は墓まで持って行こうかと考えています。
    ちょっと勿体ないかしら。

    いやいや、今はそんな事を考えている場合ではありません。
    据え膳食わぬは乙女の恥と言うではありませんか。言いましたっけ。
    まぁいいです。ともかく――


     「――いただきます」


    27 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2017/04/22(土) 20:47:04.44 ID:X+nI9OZKo



    あむっ。



    28 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2017/04/22(土) 20:47:54.67 ID:X+nI9OZKo

     「……ふふっ」


    はむ。


    もぐ。
    あむっ。
    もぐ、もぐ。
    はむっ。
    もぐもぐもぐもぐ。


    これを幸せと言わずして何と言うのでしょう?

    白く美しい皮はもっちりと柔らかく、かぶりつく口元に楽しい感触で応えてくれます。
    ほかほかと絶え間ない湯気は、きっと眼鏡をよく曇らせるに違いありません。
    そして皮の奥から現れる幾重もの旨味。
    それは豚肉であり、筍であり、葱であり、椎茸であり。

    ほら、寒かっただろう。たんとおあがりよ。
    そう言わんばかりに、舌の上はあっという間にパーティー会場へ様変わり。
    一口囓れば旨く、二口囓れば美味しく、三口囓ればまこと美味なり。


    あぁ……幸せ。


    29 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2017/04/22(土) 21:05:12.97 ID:X+nI9OZKo

     「ほぅ……」

    気付けば肉まんもあと一口。
    指先に残された僅かな秋を口の中へ放り込んで、私の心と身体はすっかり冬支度が整いました。
    恋い焦がれた温度が全身を巡り、
    そろそろお昼になろうかという頃にはちょうどよい具合です。

     「……どうしよう」

    肉まんは思いのほか大きく、もう私のお腹はいっぱいになってしまいました。
    さてどうしようかと考えて、でも結局答えなんて一つしかなくて。


    お尻の部分もすっかり温かくなったベンチから立ち上がり、猫のようにうんと背を伸ばします。
    お腹はいっぱいですが、身体は軽く。
    事務所へ向かう足取りも、放っておくとついスキップへ変わってしまいそうでした。

    私の大好きで私の大嫌いなあの人は、
    きっと今日もまた難しい顔をしてお仕事に取り組んでいるのでしょう。
    でもそろそろお昼ですから、難しい顔も一旦忘れないと。

    お昼時に肉まん一つを携えやって来る私に、彼は一体どんな反応を返してくれるでしょう。
    昨日の事を思い出して謝るでしょうか、それとも呆れたようなあの笑みを浮かべるでしょうか。

    30 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2017/04/22(土) 21:07:37.22 ID:X+nI9OZKo

    私はどっちでも構いません。
    昨日の敵は今日のお供。
    ぎこちない笑顔を浮かべるあの人に、私はまだご機嫌ナナメなフリをして。
    そしてすっかりお友達になった、素敵な素敵な餡ちきしょうを差し出して、こう言ってやるんです。


     「もう、憎まん」


    って。


    31 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2017/04/22(土) 21:08:48.65 ID:X+nI9OZKo
    おしまい。
    楓さんは妙な所で頑固一徹可愛い


    二度目の初任給ってのもいいもんだ
    これでまた気分良く課金が出来る


    ちなみに微課金でもかなりの票を投じられます
    第6回シンデレラガール総選挙はぜひ、高垣楓さんをよろしくお願いします

    33 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2017/04/22(土) 21:47:51.42 ID:2S+tNRWE0
    おっつおっつ




    おすすめ記事
    アイドルマスターシンデレラガールズの関連記事
                
                                      

    コメント

            

            

     

    ブログパーツ

    最新記事