Article

        

車でGO! 神谷奈緒&北条加蓮編

2018/ 12/ 26
  • タグ:神谷奈緒 北条加蓮 ◆u2ReYOnfZaUs

  •                  
    シンデレラガールズ 目次

    1 : ◆u2ReYOnfZaUs : 2018/06/02(土) 19:53:28.22 ID:46mQRJEn0

    ・デビューして数年後の設定
    ・シリーズにするかは未定
    ・ドライブします
    ・走り屋の話ではありません

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1527936807

    2 : ◆u2ReYOnfZaUs : 2018/06/02(土) 19:54:26.07 ID:46mQRJEn0

    「ドライブ?」

    「う、うん」

    神谷奈緒は、はにかみながら頷いた。

    「免許とってさ、お祓いとか、お守りとか欲しくて…」

    「アタシを誘う理由になってないじゃん」

    ふっ、と笑いながら北条加蓮は言った。

    奈緒はちょうど3ヶ月前に自動車免許を取得した。

    忙しい仕事の合間を縫ってのことだったので、長い道のりだった。

    それから車両を購入したのが、ちょうど先週。

    3 : ◆u2ReYOnfZaUs : 2018/06/02(土) 19:55:07.87 ID:46mQRJEn0

    「それに、まだ死にたくないんだけど」

    「大丈夫だって!

     ……うん、多分」

    奈緒としては初めて選んだ車を誰か、

    いや、加蓮に見て欲しくてしょうがなかった。

    だが、テクニックの方を突かれるとやや痛い。

    「他の子は?」

    「みんな仕事だってさ、凛も」

    「プロデューサーは?」

    「忙しい」

    「結構なことだね」

    4 : ◆u2ReYOnfZaUs : 2018/06/02(土) 19:55:46.97 ID:46mQRJEn0

    神谷奈緒、北条加蓮、渋谷凛が

    トライアド・プリムスとして売り出されて、はや5年。

    ユニットは継続されているものの、仕事はやや少なくなり。

    渋谷凛は個人で活躍する機会が増え、

    奈緒、加蓮2人は中堅アイドルの地位におさまっていた。

    彼女達を担当していたプロデューサーは、

    “手がかからなくなった”ということで、既に他のアイドルの面倒を見ている。

    5 : ◆u2ReYOnfZaUs : 2018/06/02(土) 19:56:19.30 ID:46mQRJEn0

    「ドライブデートかぁ…」

    「うん、デートだ」

    奈緒は照れることもなく、にっこりと頷いた。

    加蓮は、“奈緒も大人になったな”と思った。

    それと同時に、“ちょっとさびしい”とも感じた。

    6 : ◆u2ReYOnfZaUs : 2018/06/02(土) 19:57:10.02 ID:46mQRJEn0

    休日。

    奈緒は女子寮の前に乗りつけた。

    彼女は、プロダクションの駐車場をタダで借りるのは

    “セコい”と考えていて、わざわざ専用のガレージを契約していた。

    「でっか」

    車を見て、加蓮はつぶやいた。

    3列シート採用、深青色の巨大なボディ。

    低い唸り声を上げるエンジン。

    存在感のあるグリル。

    それでも不思議と威圧感はない。

                
    PICK UP!

    7 : ◆u2ReYOnfZaUs : 2018/06/02(土) 19:57:38.15 ID:46mQRJEn0

    「おまたせ」

    奈緒は誇らしげに、だが、

    ちょっと持て余したように降りてきた。

    季節は春だが肌寒い。

    奈緒は薄い白のセーターの上に、モッズコートを羽織っている。

    一方の加蓮は菜の花のような、温かみのある色のワンピースに、

    ピンクのカーディガンを合わせていた。

    「いこっか」

    「お、おう」

    2人は急に気恥ずかしくなり、車に乗り込んだ。

    デートという言葉が、周回遅れで思い起こされた。

    8 : ◆u2ReYOnfZaUs : 2018/06/02(土) 19:58:16.44 ID:46mQRJEn0

    車が動き出して、しばらく落ち着いてから加蓮は尋ねた。

    「どうしてこの車にしたの?」

    「みんなで、どっか行くときに便利だと思ったんだ」

    広い車内に、声が響く。

    あとからやってくる静けさが、少し痛い。

    「……音楽」

    「ん?」

    「音楽、流してもいいかな」

    「あぁ、いいよ。

     Bluetoothでつながるようになってて、設定は…」

    カーナビとスマートフォンを少しいじると、

    車内に軽快なポップソングが流れた。

    美城プロダクションの曲ではない。

    9 : ◆u2ReYOnfZaUs : 2018/06/02(土) 19:58:50.82 ID:46mQRJEn0

    「あと、これを選んだのはさ」

    「うん」

    「いろんな安全機能がついてて…

    あとエンジンが水平対向エンジンで…」

    「うん」

    奈緒が蘊蓄を語る。

    加蓮はその内容に興味はないが、相槌をうつ。

    他愛のない時間。だが、その時間を2人は愛おしく思う。

    10 : ◆u2ReYOnfZaUs : 2018/06/02(土) 19:59:38.57 ID:46mQRJEn0

    車が高速道路に入る。スピードが急に上がる。

    「こわーい」

    「だ、大丈夫!」

    若干上ずった声で、奈緒が答える。

    加蓮は音楽を止めた。

    「このクルマにはいろんな安全機能が」

    “ピーピー”

    「今のは車線をはみだしたときの」

    “ピピッ”

    「これが車間きょ」

    “ピピッピー”

    「………」

    「安全運転でお願いね」

    「うん……」

    11 : ◆u2ReYOnfZaUs : 2018/06/02(土) 20:00:14.95 ID:46mQRJEn0

    それからは言葉少なになり、加蓮は運転手を見つめた。

    指で梳きたくなるような、やわらかな亜麻色の髪。

    くっきりと、意志の強さがあらわれた眉。

    真剣なときの瞳。

    形の良い、小さな鼻。

    弱く噛みしめられた唇。

    加蓮は、過去のことを含めても、自分がとても幸せだと感じた。

    12 : ◆u2ReYOnfZaUs : 2018/06/02(土) 20:00:47.03 ID:46mQRJEn0

    高速道路を下りると、ちょうど昼ごろになっていた。

    「ここいらでお昼にしようか」

    ため息をつき、おでこをぬぐいながら奈緒が言う。

    「何たべたい?」

    「ポ……お蕎麦がいいな」

    「なに、ポォ・ソーパ?

     ポルトガル料理?」

    「おそば!」

    加蓮は奈緒からの思わぬ反撃に、

    じれったい気持ちになって、口をとがらせた。

    自分は好きなものがちょっと我慢できるようになって、

    奈緒は口が上手くなった。

    お互いに大人になった。2人は、そう思った。

    13 : ◆u2ReYOnfZaUs : 2018/06/02(土) 20:01:28.50 ID:46mQRJEn0

    スマートフォンで調べると郊外には蕎麦屋が数多く、

    選ぶのに悩んだので、いちかばちか、最寄りの店を選んだ。

    その蕎麦屋はなんとも、“風情のある”という言葉以外では、

    悪口にしかならないような外観だった。

    「……やめないか」

    「また歩くのがめんどくさいよ。

     ここにしよ」

    加蓮が戸を開くと、なんとも味のある音で軋んだ。

    「ごめんくだ…」

    初老の、眼付きのきつい店主に睨まれ、2人は言葉に詰まった。

    だが、かえってこういう場所の蕎麦が美味しいのかもしれない、

    と思い、いそいそと席に着いた。

    14 : ◆u2ReYOnfZaUs : 2018/06/02(土) 20:02:04.15 ID:46mQRJEn0

    店内の中央に長座があり、というより、長座が1つしかなく、

    その周りに座布団が無造作に置かれていた。

    正座するしかない。

    胡座をかくのは、アイドルとしての職業意識が許さなかった。

    長座の上にメニューはなく、壁の、日焼けした紙に

    これもまた味のある字で、ごにょごにょと記されている。

    ざるそばなら絶対にあるよな…と奈緒。

    かけそば、でいいのかなアレ…と加蓮。

    2人が、よく通る声で注文をする。

    店主は鼻をふん、と鳴らして動きはじめた。

    15 : ◆u2ReYOnfZaUs : 2018/06/02(土) 20:02:37.95 ID:46mQRJEn0

    沈黙が息苦しく、何か話したかったが、

    アイドルとバレると店主につまみ出されるような気がして、

    2人はお通夜のように長座にうなだれていた。

    次はもう絶対に来ない。

    足のしびれを感じはじめたころ、蕎麦がやってきた。

    ざるそばとかけそば、2つが同時に。

    ざるそばは胸がすくように香りだかく、

    かけそばは出汁の匂いが心地よい。

    いただきます。2人は自分の蕎麦に箸をのばした。

    16 : ◆u2ReYOnfZaUs : 2018/06/02(土) 20:03:25.60 ID:46mQRJEn0

    「ん!」

    一口食べて、奈緒はうなった。

    ほのかに甘みがあり、ちょうどよいコシ。

    なにより香りが豊かで、つゆがかえって余分に感じられるくらいだ。

    うまい!

    奈緒は加蓮の方を、いや、かけそばの方を見た。

    すると、すでに半分がなくなっていた。

    「うん、うん」

    かけそばは鰹と鴨の合わせ出汁で、旨味が強い。

    具材はネギしか入っていなかったが、それでいい。

    コクのある汁の中で、ネギの風味がとても鮮やかだ。

    加蓮が顔を上げて、2人の目が合う。

    お互いに交換しようか、と思ったが店主の手前。

    2人は逆に、取られてなるものかというような勢いで、蕎麦を完食した。

    17 : ◆u2ReYOnfZaUs : 2018/06/02(土) 20:03:59.28 ID:46mQRJEn0

    追加で注文したくなるくらいの出来栄え。しかし店主の視線。

    いそいそと席を立ち、会計を頼んだ。

    あわせて1300。申し訳なさすら感じるほど安い。

    2人が店を出ようとすると、後ろから言葉をかけられた。

    「お客さぁん、ちょっと」

    低く、迫力のある声。

    店主か……店主しかいないよな…。

    なにかやっちゃったかな…。

    2人がひきつった笑顔で振り向くと、

    そこには、さきほどの不機嫌そうな顔はどこへやら、

    はにかんだような面持ちの店主がいた。

    18 : ◆u2ReYOnfZaUs : 2018/06/02(土) 20:04:30.87 ID:46mQRJEn0

    「あの…ぼく、実はお二人のファンで…」

    ぼく!

    あまりのギャップに、加蓮が吹き出しそうになり、

    奈緒は咳き込んだ。

    「えっと、えっと…」

    人違いです、とも言えず。

    ありがとうございます、と言うのも今更で。

    2人が顔を見合わせると、今度は店主がいそいそと奥の方へ行って、

    また戻ってきて、色紙とサインペンを差し出した。

    「ぼく、あの…ぼくは、その奈緒さんと、加蓮さんが、

     ちょうど孫と同じくらいの歳で…えーと。

     こんなことを頼むのは、その、申し訳ないんですけど…」

    19 : ◆u2ReYOnfZaUs : 2018/06/02(土) 20:05:14.50 ID:46mQRJEn0

    「えっと…サイン?」

    「い、いやならいやでいいんですよ本当に。

     ええ、本当に!

     私はお二人に会えただけで本当に」

    なんとも歯切れの悪い調子で、店主が話す。

    耳まで赤くなっている。

    「サインくらい、いくらでも書いて上げますよ」

    加蓮が堪えきれず笑いながら、サインペンと色紙を受け取った。

    20 : ◆u2ReYOnfZaUs : 2018/06/02(土) 20:05:46.92 ID:46mQRJEn0

    「ごちそうさまでした」

    奈緒がそう言って戸を閉める間際、ふと、店主の寂しげな顔が見えた。

    孤独の色が染み込んだ顔。他人事ではない気がした。

    「いこうか」

    「うん」

    けれども、それをどうしようもない。

    自分、自分達が彼を救うなどという大それた気持ちにもならなかった。

    プロダクションの広報部やメディア、ファンが煽り立てるほど、

    アイドルは敬虔で慈悲深い生き物ではない。

    やりたいことを少し、やりたくないことを結構して、

    アイドルでいつづけた2人は、それを知っている。

    21 : ◆u2ReYOnfZaUs : 2018/06/02(土) 20:06:18.74 ID:46mQRJEn0

    車がまた動き出す。

    神社はほど近いところにある。

    「ヨユー?」

    加蓮が尋ねる。

    「余裕余裕」

    苦々しい顔をして、奈緒が答えた。

    その神社は小さく、人気が少ない場所にある。

    それでも、そこそこに綺麗にされていて、

    名前のある神宮などよりも閑静な分、

    かえってご利益があるように感じられた。

    22 : ◆u2ReYOnfZaUs : 2018/06/02(土) 20:06:52.79 ID:46mQRJEn0

    「まずは手を…」

    手水舎に入ると、水盤にはうすく氷が張っていた。

    かといって素通りするわけにもいかず、

    ひーひー言いながら、手と口を清める。

    新春に滝行をやらされたアイドル達もいるので、

    それに比べたら、と2人は自分に言い聞かせた。

    「ほら奈緒、足洗わなきゃ」

    「しょうもない嘘つくな」

    「昔はその嘘に付き合ってくれてたじゃん」

    「“だまされてた”を美化したら、そうなるな」

    23 : ◆u2ReYOnfZaUs : 2018/06/02(土) 20:07:28.43 ID:46mQRJEn0

    ハンカチで手を拭い、手水舎を出る。

    本殿は、うっすらと古い書物のような匂いがして、

    初めての場所なのに、2人をなつかしい気持ちにさせた。

    頭を軽く下げ、賽銭箱に近づく。

    「課金額は?」

    「課金言うな……明るいドライブライフのために」

    奈緒は財布から一万円札を取り出して、賽銭箱にすべり込ませた。

    加蓮はその様子を一瞥したあと、財布をひっくり返して、

    有り金を賽銭箱にすべて流し込んだ。

    「お前マジか…信じられないくらい信心深いじゃないか」

    「これで足りればいいんだけどね」

    24 : ◆u2ReYOnfZaUs : 2018/06/02(土) 20:08:01.82 ID:46mQRJEn0

    それから鈴を鳴らし、柏手を二回。

    奈緒は、頑張れ神様と念じた。

    加蓮は、ただ生きていたいと、そう願った。

    25 : ◆u2ReYOnfZaUs : 2018/06/02(土) 20:08:30.73 ID:46mQRJEn0

    最後に一礼をして、本殿から離れる。

    次はお守りだ。

    「とりあえず交通安全を……って」

    ここは交通安全を願う神社だったが、お守りは

    商売繁盛、無病息災、恋愛成就、安産と各種取り揃えられていた。

    「神様もワンオペの時代か…」

    「労基法は適用されるのかな」

    2人の冗談を気にもとめず、巫女はにこやかに、お守りを売ってくれた。

    26 : ◆u2ReYOnfZaUs : 2018/06/02(土) 20:08:59.29 ID:46mQRJEn0

    「まっすぐ帰っていいか」

    「うん」

    お祓いの済んだ車に乗り込むと、シートがやや冷たく感じた。

    エンジンをかけると、神社が静かな分、駆動音が大きく聞こえる。

    「やっぱり」

    加蓮が言った。

    「少し遠まわりをして帰ろうよ」

    「わかった」

    車体がゆっくり動き出す。

    「そういえば、加蓮は何をお願いしたんだ?」

    「世界平和」

    「うそつけ」

    奈緒に突っ込まれ、加蓮は下唇を指でもんだ。

    27 : ◆u2ReYOnfZaUs : 2018/06/02(土) 20:09:31.30 ID:46mQRJEn0

    「ふつーに健康をお願いしたよ。

     ずぅーっ、とアイドルでいられるように」

    「ずっとって……まさか死ぬまで」

    奈緒はとっさに口を噤んだ。

    加蓮の過去が、そうさせた。

    当の本人は大して気にした様子もなく、答えた。

    「いいじゃん。

     今年のもくひょー、“死ぬまでアイドル”」

    28 : ◆u2ReYOnfZaUs : 2018/06/02(土) 20:10:01.47 ID:46mQRJEn0

    奈緒は路肩に車を寄せて、エンジンを止めた。

    冗談に聞こえなかった。

    「加蓮」

    真剣な声で呼ばれた加蓮は、息をのんで、

    おまじないのように奈緒の手を握った。

    「ずっと」

    奈緒は加蓮の手を握りかえして、言った。

    「ずっと、アイドルでいるよ。

     あたしも……」

    「うん」

    エンジンも暖房も止まって、車内は静かだった。

    それでも2人は、静けさを苦痛には感じなかった。

    孤独が遠ざかっていく足音が、どこかから聞こえるような気がした。

    29 : ◆u2ReYOnfZaUs : 2018/06/02(土) 20:10:26.05 ID:46mQRJEn0
    おしまい

    30 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2018/06/03(日) 09:44:34.54 ID:xwDLyOq9o
    いい意味でうーんってなった
    31 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2018/06/04(月) 15:05:22.42 ID:lbTj9rlG0
    奈緒のことだからアニメに影響されて86買ってそうだと思ってたらちがった




    おすすめ記事
    アイドルマスターシンデレラガールズの関連記事
                
                                      

    コメント

            

            

     

    ブログパーツ

    最新記事