Article

        

未央「ハッピー、ホワイトデー。しぶりん」 凛「ハッピーホワイトデー。未央」

2018/ 08/ 25
  • タグ:島村卯月 渋谷凛 本田未央 ◆YBm93b2VSc

  •                  
    目次
    1 : ◆YBm93b2VSc : 2018/03/29(木) 18:30:20.67 ID:vYlDhkEr0

    初投稿です。凛未央のSSですので苦手な方はご注意を。

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1522315820

    2 : ◆YBm93b2VSc : 2018/03/29(木) 18:31:50.25 ID:vYlDhkEr0

    3月の中頃、少し暖かくなってきたかな?なんて思いながら私は事務所へ向かっていた。いつもの道を抜けて、ビルの前。正面ホールから入ってすぐのエレベーター、は使わずに階段で上る。最近はあかねちんに影響されて私も階段を使うようにしているのだ。……余裕があるときは、だけど。事務所の玄関まで辿り着くと、中からはワイキャイと賑やかな声。いつもドタバタと騒がしい事務所だけれど、今日は一段と賑わいでいた。理由なんて考えなくても分かる。今日は3月の14日。ホワイトデーなのだから。

    未央「おっはようございまーす!」

    卯月「あ!未央ちゃんおはよう!」

     一番始めに目に止まったのは、しまむーだった。いつでも笑顔のしまむーだけど、今日はその三倍増しと言った笑顔。ふと視線を落とすと、その手にはラッピングされたクッキーが握られていた。

    未央「おっ、しまむー、それはまさか……?」

    卯月「はい!プロデューサーさんにもらっちゃいました!」

    未央「おおっ!やっぱり!いーなー、私も私も!」

    卯月「プロデューサーさん、皆の分を用意してるって言ってましたよ!」

    未央「さっすがプロデューサー!分かってるぅ!」

    3 : ◆YBm93b2VSc : 2018/03/29(木) 18:33:21.13 ID:vYlDhkEr0

     そう、あれは一ヶ月位前、2月14日の少し前の事。しまむーがプロデューサーにチョコを送りたいって言い出したのが始まりで。一人じゃ恥ずかしいからって私としぶりんも一緒にチョコを作る事になったのだった。私としまむーはレシピを見ながらあーでもないこーでもないって言いながら進めていって、しぶりんは不慣れなのか顔にチョコを飛ばしてたりして。三人で笑いながら作ったチョコを、バレンタインにプロデューサーに、せーので渡したのです。と言っても、本当に緊張してたのはしまむーだけで、私としぶりんは義理ですよって感じだったけど。それに、一番緊張したのは……。兎も角、私達含め事務所のアイドル達からもらったチョコのお返しを今プロデューサーは配っているらしい。

    卯月「でもまさかあの日、あんな事になるなんて思いませんでしたね……」

    未央「あんな事って、ああ、あれはね……」

    卯月「蘭子ちゃんと志希ちゃんのチョコが……」

    未央「うん、まさかあんな……」

    凛「……何話してるの?」

    未央「あっ、しぶりんおっはよー」

    卯月「凛ちゃんおはよう!」

    凛「うん、おはよ。……ん、それって」

    未央「あ、そうだ!忘れてた!しぶりんしぶりん!プロデューサーからクッキー貰えるんだって!」

    凛「へぇ、……もしかして、全員?」

    卯月「プロデューサーさんはそう言ってましたよ?」

    凛「凄いね、プロデューサー。私達だけでも大変なのに、きっとそれスタッフとかにも配ってるよ」

    4 : ◆YBm93b2VSc : 2018/03/29(木) 18:35:37.12 ID:vYlDhkEr0

     確かに。言われてみればあのプロデューサーの事だ。全員と言ったらもれなく全員分用意してるのだろう。こういうのって気持ちが大事なんだろうけど、流石にプロデューサーのお財布が心配になるレベルではあるのかも。

    P「まっ、伊達にそのいっぱいいるアイドル達のプロデューサーじゃ無いって事だな」

    未央「うわっ、びっくりした!急に現れないでよ!」

    P「何だよー、そんな言い方するんだったら未央にはあげねーぞ?」

    未央「うわうわ嘘嘘!冗談だってば!」

    凛「未央……」

    P「現金な奴だな……、まあいいや、ほれ、三倍じゃ無いがお返しだ」

    未央「わーい!ありがとっ、プロデューサー!」

    凛「ん、ありがとねプロデューサー。……その、大丈夫なの?」

    P「ん?ああ、気にすんな。さっきも言ったが俺はおかげさまでそれなりに給料をもらってんだよ。それを返すのにケチケチするなんておかしいだろ?それに、ホワイトデーってのは見栄を張る日だしな」

    卯月「見栄を張る日、ですか?」

    P「そうだ。ホワイトデーはな、好きな人や今までお世話になった人に見栄を張って、良いように見られるための日なんだ」

    未央「へえ、そんなもんなの?」

    P「おう、そんなもんだ」

    凛「ふふっ、でもプロデューサーの言う事、何となく分かる気がするかも」

    P「うむうむ、凛は男心が分かってるようだな。っと、本題を忘れるとこだった」

     と、言うとプロデューサーはスケジュールの確認を始める。

    P「今日NGは午前がレッスンで、午後からはプレゼントの確認作業に入ってもらう」

    未央「プレゼントの確認?」

    P「今日はホワイトデーだろ?ファンの方々から大量にお菓子やら花やらが来てるんだ。それを仕分けてどれだけ来てるかをリストアップしてもらう」

    卯月「そんなに沢山来てるんですか?」

    P「おう、お前達の努力の結果だ」

    凛「去年までは、そんなに多くなかったよね」

    未央「って言っても、前も持って帰れる量じゃ無かったけどね」

    P「……正直、去年の比じゃない。あれからの一年間でNGは一気にメディア露出が増えたからな。個人での仕事も多くなってきたし」

    卯月「私、嬉しいです!去年よりもっともっと私達を応援してくれるファンの人達が増えてくれたって事ですよね!」

    P「まあ、そういう事だ」

    未央「だったらやっぱり、私達がちゃーんと見てあげないとだね!」

    凛「そうだね、私達の手に負えない量って訳じゃ無いんでしょ?」

    P「何とかな。んじゃ、任せたぞ」

    卯月未央凛「「「はーい」」」

    5 : ◆YBm93b2VSc : 2018/03/29(木) 18:44:16.33 ID:vYlDhkEr0

     それから。午後になって、届いてるプレゼントが置いてあるって言う部屋に行くとびっくり!20人は一度に使えるようなレッスンスタジオいっぱいに積み重なった箱達が私達をお出迎えしてくれたのだから。一先ずNG宛てに来てる物をチェックして、それから個人宛の物を見ていく事にした。しばらく経って、何とか一通り目を通し切って、窓を見るともう日が赤くなってきた頃。

    未央「おーわりっ!っと、そっちはどーお?」

    凛「うん、こっちも終わったよ」

    卯月「うう……、まだまだあります」

    未央「あー、しまむーは私達みたいに大雑把じゃ無いからねぇ」

    凛「ちょっと未央、達ってどういう意味?」

    未央「いや~、だって、ねえ?」

     たぶんこの中で一番多く来てるのがしまむーだ。次がしぶりんでその次が私。私にも結構な量が来てたけど、ぱっと見て差が分かるくらい2人へ宛てられたプレゼントは多かった。

    未央「それなのにしぶりんは私と同じぐらいに終わってるんだもん」

    凛「私は手紙とかを別にしてるだけだよ。長いのは後で読もうと思って」

    未央「なるほど、そんなカラクリが……」

    凛「言うほどの事じゃないでしょ。それで卯月、終わりそう?」

    卯月「うーん、まだかかりそうですし、2人は先に帰ってても大丈夫ですよ?」

    未央「えー!別にちょっとぐらい待ってるよ、ねえしぶりん?」

    凛「……そんなに、かかるの?」

    卯月「はい、まだ3分の1は残ってて……。遅くなったらプロデューサーさんに送ってもらいますから」

    凛「そっか、じゃあ先に帰ろっか未央。それじゃまたね、卯月」

    未央「え?あ、ちょ、ちょっと待って!そ、それじゃねしまむー!」

    卯月「はい!また今度!」

     しまむーに挨拶して、先に出て行ったしぶりんを慌てて追いかける。それにしてもどうしたんだろう。いつもなら遅くなっても待ってるはずなのに。そう思いながら角を曲がったところで、しぶりんは私の事を待ってくれていた。

    8 : ◆YBm93b2VSc : 2018/03/29(木) 19:05:18.50 ID:vYlDhkEr0

    未央「もー、急に出て行くんだからびっくりするじゃん!別に急ぎの用事があったわけじゃ無いんでしょ?」

    凛「カバン」

    未央「え?」

    凛「卯月のカバンに入ってる物、見たでしょ?」

    未央「……あー、うん、まあね」

     朝しまむーに会った時、近くのソファーに置いてあったしまむーのカバンからは、包装された箱がちらりと見えていた。あれが何か分からないほど鈍感な私じゃ無い。あれはプロデューサーが個人的にしまむーに渡した物だろう。そこまで思い出して、何となくしぶりんが言いたい事が分かってきた。

    凛「二人っきりにしてあげないと、でしょ」

    未央「そうだね。……んふふ、しぶりんってばキザだな~」

    凛「もう、茶化さないでよ」

     そう言いながら、2人で歩いて帰る。と言っても乗る駅は違うからすぐ分かれちゃうけど。2人でもらったお菓子を食べつつ、プレゼントの話をする。どうやらしぶりんの方はネックレスやイヤリングみたいな物ももらっていたらしい。私の方は殆ど無かったなぁ。……あれ、何でだろう。しぶりんと話す内に、少し気分がざわつく。もしかして嫉妬してるのかな。確かにしぶりんよりはもらっている数は少ないのかも知れないけど、数がどうこうで嫉妬したりするほど狭い心じゃないつもりなんだけどな。アイドルに成り立ての頃ならともかく。

    凛「……?どうしたの?未央」

    未央「へぇっ!?い、いや、何でもないよ!ちょっと考え事しちゃって」

    凛「未央が考え事って……ふふっ」

    未央「あっ、ひっどーい今笑ったでしょ!」

    凛「笑ってない、笑って……ふふふっ」

    未央「あーっ!また笑ったなーっ!この、こうしてやる!」

    凛「あ、やだ、ちょっと、未央!うふふっ、やめてってば、ふふっ、ごめんって」

    未央「そんなに笑いたければ笑わせてあげるよーっだ!」

    9 : ◆YBm93b2VSc : 2018/03/29(木) 19:07:02.29 ID:vYlDhkEr0

    こんな風にしていると、少しもやもやしてた気持ちが晴れるようだった。うん、変に考え込むのはやっぱり性に合わないみたいだ。そして暫く、ここがもう既に事務所の敷地から他人も通る往来になっているのに気付くまでじゃれていたら、しぶりんが一つ、マカロンの入った袋を渡してくれた。

    凛「これ、未央が好きそうだと思ったからあげる」

    未央「え、いいの?」

    凛「まあね。それじゃ、私こっちだから」

    未央「うん!これありがと、まったねー!」

     そう言って、しぶりんと別れる。心の隅っこにまだもやもやがいる気がするけど、気にしない事にした。気分を変えるために、しぶりんにもらったマカロンを食べながら帰る事にしよう。

    10 : ◆YBm93b2VSc : 2018/03/29(木) 19:10:41.07 ID:vYlDhkEr0

    未央「そう言えば、さっき別れるときのしぶりんも何か変な表情だったなー」

    未央「やっぱしまむーの事気にしてるのかな、ってうまっ!このマカロン超おいしいじゃん!どこのだろ……、いや、これ手作りな気がする。袋もロゴとか無いし。でもいいのかなー、こんなの私が食べちゃって。きっとしぶりんのファンが心を込めて作ったんだと思うんだけど……」

     そう思えるほどこのマカロンは美味しかった。上手く言葉には出来ないけれど、なんかこう、愛情のようなものがたっぷり含まれてる気がする。

    未央「あ、手紙入ってるじゃん。読んで良いのかな、これ。気を遣ってちゃんと袋に分けてあるし……。ええい、気になるし見ーちゃおっ」

    未央「……」

     結果として。私はこれを見るという判断をした私を褒めてあげたいと同時に、私の鈍感さに少しの怒りを覚えた。私が気付かなかった事は三つあって、一つ目は、渋谷凛というアイドルは真面目で、少なくともファンからのプレゼントを少しも手をつけずに誰かへ渡すような事はしないという事。二つ目に、しぶりんはキザな人間であるという事。そして、しぶりんは誰かの気持ちにすぐ気付くのだという事。
    ……。私はいても立ってもいられず、取り敢えず近くのコンビニまで走り出した。

    『未央へ
      バレンタインのチョコ、ありがとう。何となくだけど気持ちが伝わってくるようだったよ。だから、私もお返しを用意しました。ここに込めた気持ち、伝わるかな。未央は、きっと分かってくれると思ってます。それじゃあ、きっと当日は言えないだろうからここで。

     ハッピーホワイトデー。  凛』

    11 : ◆YBm93b2VSc : 2018/03/29(木) 19:13:39.74 ID:vYlDhkEr0

    急げ、急げ、急げ。まだ、間に合うはずだから。そう信じて私は駅の前まで走り抜けた。ああもう、しぶりんは既に改札を抜けてしまっている。だったら、

    未央「しっ、ぶ、りーーーーーん!!!!!」

     周りから凄い見られてる。気にしない。しぶりんも声にびっくりして、驚いた表情でこっちに振り返る。しぶりんに気付いて貰えたら、それでいい。ここまで走ってきたから息が切れて、膝が崩れる。でも、これだけは。これだけは今日、顔を見て言いたかったから。私はキャンディーをしぶりんに放り投げて、彼女がしっかり受け止めたのを見届けて、彼女に届ける。

    未央「ハッピー、ホワイトデー。しぶりん」

     そう言うと、しぶりんは少し恥ずかしそうに、こっちをみて

    凛「ハッピーホワイトデー。未央」

     と返して人混みへと消えていった。周りの人達も、何も無かったかのように流れていく。そんな中で、私だけが一人駅前に残されたように佇んでいた。ああ、さっきから私の顔が熱いのは。鼓動がライブの後より早いのは。きっとここまで走ってきたせいなんだ。そんな誰にも聞こえないような言い訳をして、私のホワイトデーは終わったのだった。

    ――
     電車に揺られながら、手元のキャンディーを弄ぶ。まさか未央が走って追ってくるなんて思いもしなかった。もし間に合わなかったらとか考えないんだろうか。全く、未央はいつもそうだ。……ああもう。ずっと未央の事を考えている。ああ、さっきから私の顔が熱いのは。鼓動がライブの後より早いのは。きっと3月にしては暖かいのに、コートを着ているからなんだろう。そんな誰にも聞こえないような言い訳をして、私のホワイトデーは終わったのだった。

    12 : ◆YBm93b2VSc : 2018/03/29(木) 19:17:28.26 ID:vYlDhkEr0
    短いですがお終いです。
    ホワイトデーに間に合わず。3月中だから許して。
    それでは。

    14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2018/03/30(金) 00:09:42.10 ID:RfFj2O/8o
    りんみおは最高。
    15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2018/03/30(金) 06:06:48.82 ID:P03TcEEnO
    三月終盤なのに中旬とは



    未央「ハッピー、ホワイトデー。しぶりん」 凛「ハッピーホワイトデー。未央」
    https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1522315820/
                             
                                      

    コメント

            

            

     

    ブログパーツ

    最新記事