Article

        

高森藍子「加蓮ちゃんと」北条加蓮「久しぶりに晴れた日のカフェで」

2018/ 12/ 23
  • タグ:北条加蓮 高森藍子 レンアイカフェテラスシリーズ

  •                  
    シンデレラガールズ 目次

    1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/06/13(月) 18:17:46.33 ID:+/bFE9TB0

    ――おしゃれなカフェ――

    高森藍子「お待たせしまし――」

    鞄 < ヤァ

    藍子「あれっ、いない……」

    藍子(……前にも同じことがあったような? ってことは、もしかしてっ)ソロー

    がさごそ・・・

    藍子(あはっ、やっぱり!)

    藍子(こっそり見ようとしたら、急に加蓮ちゃんがやってきてっ。通知をちらっと見たことが、すぐにバレちゃって)

    藍子(もう昔からずっと、加蓮ちゃんにはお見通しなんですよね)

    藍子(……、…………)キョロキョロ

    藍子(…………)ソロー

    スマフォ < ナニカヨウカイ?

    藍子(…………)キョロキョロ

    藍子(えいっ)ツカミ

    藍子(……あの時と同じ。モバP(以下「P」)さんからのメッセージ。うんっ、さすがに見ちゃ駄目ですよね。見ちゃ、駄目……)

    藍子(…………)

    藍子(……………………えへ)ピッピッ

    藍子(…………)

    藍子(……………………)


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1465809466

    2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/06/13(月) 18:18:13.98 ID:+/bFE9TB0

    ――まえがき――

    レンアイカフェテラスシリーズ第23話です。
    以下の作品の続編です。こちらを読んでいただけると、さらに楽しんでいただける……筈です。

    北条加蓮「藍子と」高森藍子「カフェテラスで」

    高森藍子「加蓮ちゃんと」北条加蓮「カフェテラスで」

    高森藍子「加蓮ちゃんと」北条加蓮「膝の上で」

    ~中略~

    高森藍子「加蓮ちゃんと」北条加蓮「今年初のカフェで」

    北条加蓮「藍子と」高森藍子「晴れた日のカフェで」

    高森藍子「加蓮ちゃんと」北条加蓮「写真の話でもしながら」

    3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/06/13(月) 18:18:49.52 ID:+/bFE9TB0

    北条加蓮「やっほー、藍子」

    藍子「加蓮ちゃんっ」スマフォシマイ

    加蓮「メール? いいよいいよ、待ってるよ」

    藍子「あはは、たいしたことではありませんから……。どこに行っていたんですか? 鞄だけ、置いたままで」

    加蓮「ちょっとお店の中をぶらーっと。藍子が来るまで座って待ってるのも暇だったし、なんかこう……気になっちゃって。藍子の影響かな?」

    加蓮「……って、あれ? 藍子、気付かなかったんだ。このお店、そこまで広くないんだけどなぁ」

    藍子「ぜんぜん気付きませんでしたっ」

    加蓮「そっか。こっちからは藍子が来たのがよーく見えてたよ」

    藍子「そうなんですか? それなら、言ってくれればよかったのに――」

    藍子「……って、それって……つまり……まさか」

    加蓮「んー?」ニコニコ

    4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/06/13(月) 18:19:19.59 ID:+/bFE9TB0

    藍子「……あ、あはは、ええと、加蓮ちゃんは、カフェの内装を見ていたんですよね? そうなんです、けっこう面白いんですよ! 同じカフェって言っても場所によってぜんぜん違っててっ、それに、ここは季節によっていろいろ変わってるから、」

    加蓮「んー??」ニコニコ

    藍子「…………」アセダラダラ

    加蓮「…………」ニコニコ

    藍子「…………えへ」アセダラダラ

    加蓮「さてさて、藍子ちゃんは加蓮ちゃんに何か言うことがあるんじゃないかな?」

    藍子「……………………」オメメグルグル

    藍子「」スクッ


    <だっ!
    <あっコイツ逃げた! 逃げやがった! 店員さーん! 食い逃げ! この人食い逃げでーす!
    <まだ何も食べてません~~~~~!


    ……。

    …………。

                
    PICK UP!

    5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/06/13(月) 18:19:49.58 ID:+/bFE9TB0

    加蓮「ぜ、ぜー、ぜー……マジで、マジで逃げることないじゃん……」

    藍子「はぁ、はぁ……ちっ、違うんです、だって加蓮ちゃんが、こわくて……」

    加蓮「店員さんがっ、何事かって……他のお客さん、もっ、こっち見てたよっ」

    藍子「でも、なんだかっ、生暖かい笑顔、でしたねっ」

    加蓮「もう分かってますって、あの顔、ムカつくっ」

    藍子「……すぅー、はぁー」

    加蓮「ぜー、ぜー……すぅ~~~…………。よしっ」

    藍子「ふ~っ……あうぅ」

    加蓮「……今になって恥ずかしくなっちゃった?」

    藍子「はぃ……」

    加蓮「もー。悪いこともしてないのに謝ってばっかりで、いっつも自分を譲ってばっかりで。アイドルとしてやっていけるの? って心配になる藍子はいったいどこに行ったのよ。さすがにびっくりしたよ? いきなり逃げ出すなんて……」

    藍子「そのぉ……つい」

    加蓮「ストレスでも溜まってる?」

    藍子「もうそれでいいです……」

    加蓮「ま、いっか。いつもとは違う藍子が見れて楽しかったってことにしとこっ」スワリナオシ

    6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/06/13(月) 18:20:19.31 ID:+/bFE9TB0

    加蓮「改めて、こんにちは、藍子」

    藍子「はいっ、こんにちは、加蓮ちゃん」

    加蓮「…………」

    藍子「…………」

    加蓮「……………………」

    藍子「……………………加蓮ちゃんが悪いんです」

    加蓮「お?」

    藍子「鞄を放り投げたままで、スマートフォンも置いたままだし……そんなの気になっちゃうに決まってるじゃないですか!」

    加蓮「うん、気にさせるようにトラップ仕掛けてた」

    藍子「まんまと乗せられちゃいました」

    加蓮「こんなに分かりやすく引っかかるとはね~。来てたのって……うん、やっぱりPさんからだ」

    加蓮「私とPさんが話してるところなんて事務所で何度も見てるでしょ? それでも気になるの?」

    藍子「2人きりの時にしかしないお話とか……」

    加蓮「そんな大層な物してないけどなぁ」

    7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/06/13(月) 18:20:49.30 ID:+/bFE9TB0

    藍子「Pさんとなら、もうちょっと素直な加蓮ちゃんが見られるかな? なんてっ」

    加蓮「逆逆。Pさんだから素直じゃない自分が見せられるんだよ。もちろん、藍子にもね」

    加蓮「っと、先に注文しちゃおっか。すみませーん、店員さん……あー、うん……」

    藍子「さ、騒いじゃってごめんなさいっ」

    加蓮「……大丈夫だって。よかったね藍子。分かってもらえてて」

    藍子「なんだか誤解されている気が……」

    加蓮「でもさ、店員さん、もう藍子の大ファンなんだって。さっき聞いたよ? 藍子が私と一緒によくここに来ること、周りに話すのを何度も我慢してるって。さっき店を見てた時に聞いたんだ」

    藍子「そうなんですか? あはっ、ありがとうございます♪」

    加蓮「よかったね、藍子」

    藍子「あっ、それより注文……。決めないで呼んじゃいましたね」

    加蓮「だねー。ごめんね店員さん。いや、そんな直立不動で待たれても」

    8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/06/13(月) 18:21:19.16 ID:+/bFE9TB0

    藍子「何にしよっかなぁ」パラパラ

    加蓮「私はおにぎりだけでいいや。藍子は?」

    藍子「何か、甘い物を食べたい気分です」

    加蓮「はい、スイーツ用のメニュー」

    藍子「ありがとうございます。うーん……じゃあ、私、この豆乳ティラミスで。お願いしますっ」

    加蓮「お願いしまーす。豆乳ティラミスか~……うん? ティラティスのことかな」

    加蓮「6月限定『紫陽花傘のお団子』は注文しないんだ。一口もらおっかなって狙ってたのにな~」

    藍子「そっちにしましょうか?」

    加蓮「ううん、言ってみただけ。……体重ヤバイ?」

    藍子「違います~っ。別のカフェに行った時、注目のメニューってことで紹介されてて……食べてみたら、すっごく美味しくて!」

    加蓮「じゃあ食べ比べだね。ふふっ、カフェマスターの藍子はどっちを取るかな?」

    9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/06/13(月) 18:21:49.18 ID:+/bFE9TB0

    藍子「1つのスイーツだけで決めちゃうのは、すごく勿体無いです。それに、比べるのではなくて……前に行ったカフェには、前に行ったカフェの、ここにはここのカフェの良さがありますから」

    加蓮「そっか」

    藍子「はいっ。……でも、最近はいろいろなスイーツを食べるようになって……ううんっ、体重は大丈夫です、たぶんっ。……きっとっ」

    加蓮「レッスンしてれば太ったりしないよ。むしろ太ったりなんてできないくらいでしょ。それでも気になるなら控えたら?」

    藍子「……グルメレポのお仕事が、いっぱい来てて」

    加蓮「あー」

    藍子「美味しいことを伝えるのは、難しいことですけれど……頑張ってみたら、前にお店の人にすごく喜んでもらえちゃって」

    藍子「それに最近、ファンレターがよく届くんです。私を見てくれて、すごく美味しそうだった、お店に行ってみた……って」

    藍子「私、そういうのがすっごく嬉しくて!」

    加蓮「ふふっ。そっか。いいね、藍子」

    藍子「はいっ。体重は……きっと大丈夫です!」

    加蓮「おお、藍子がパッションしてる」

    10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/06/13(月) 18:22:19.17 ID:+/bFE9TB0

    藍子「あ、でも、最近、足にちょっぴり筋肉がついちゃったみたいなんです」

    加蓮「わぉ想像つかない」

    藍子「腹筋は、まだぜんぜんできないんですけれどね……」アハハ

    加蓮「だいぶ前のことになるけどさ、茜がガチな顔でPさんに相談してたよ。藍子ちゃんと一緒にトレーニングするためにはどうすればいいんですか!!! って」

    藍子「モノマネ、しないんですか?」

    加蓮「どーせ似合わないで一蹴される。一緒にトレーニングするためって訳分かんないし、Pさんぽかーんとしてたけど、まぁ要するにそういうことなんだよね?」

    藍子「ですっ」

    加蓮「あれでレッスン前の準備運動とか言うから恐れ入るよね」

    藍子「それだけでもう、クタクタになっちゃいます」

    加蓮「膝枕してもらった時に固かったらどうしよ。もうショックで立ち上がれなくなるかも」

    藍子「い、今でもそれほど柔らかくは……」

    11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/06/13(月) 18:22:49.22 ID:+/bFE9TB0

    加蓮「こう、バランスの良さってものがあるの。もし膝に変な筋肉ついてたりしたらスイーツ食い倒れツアーを開催するからね。お肉がつくまで食べさせるからね」

    藍子「じゃあその時は、いろんな場所に連れていってくださいねっ」

    加蓮「いや藍子の方が知ってるでしょ」

    藍子「加蓮ちゃんなら、おしゃれなお店とかいっぱい知ってそうです」

    加蓮「庶民派アイドルを捕まえて何を言うかー。…………うん、分かった無言で小首を傾げるのはやめよっか」

    加蓮「オシャレなお店か。でもホントのところ、あんまりそういうのはないよ? 私だって16歳だし、大人が入るようなお店はちょっと……なんか格式張ってるとことか変に静かなとこは苦手だし。それならジャンクフードでも食べ歩きした方が楽しいもん」

    藍子「残念っ。私の知らないこと、いっぱい教えてくれそうなのに」

    加蓮「んー……藍子ってさー……っと、店員さんもう来た」

    藍子「ありがとうございます! わぁ……美味しそうっ」

    加蓮「可愛い色してるよね」

    藍子「ですねっ」

    12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/06/13(月) 18:23:19.25 ID:+/bFE9TB0

    加蓮「一口もらっていい?」

    藍子「どうぞ。あ~ん♪」

    加蓮「あーん」

    加蓮「……よし、私はおにぎりでいいや」

    藍子「それなら残りは、私が頂いちゃいますね。あ、おにぎり、1つください!」

    加蓮「はいはい。あーん」

    藍子「あむっ♪」

    藍子「……さ、さすがに口の中が、ちょっと変な感じ……」

    藍子「でも、甘いティラティスと塩辛いおにぎり、ぜんぜん違う味で、バランスはいいのかも。それにこのおにぎり、ぎゅってしっかり握られててすっごく美味しいです!」

    加蓮「…………見て藍子。あっちで店員がすっごいニコニコスマイル」

    藍子「えへへっ♪」


    13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/06/13(月) 18:23:49.24 ID:+/bFE9TB0


    加蓮「甘いのを食べると胃が死ぬ」

    藍子「苦い味が混じっていれば、大丈夫なんですよね? 抹茶とか、珈琲とか」

    加蓮「最近は珈琲ゼリーが美味しいんだよねー。ってPさんに話したら若い子の趣味じゃないって言われた」

    藍子「もしかして、ちょっと前にPさんのほっぺたが赤くなってたのって……」

    加蓮「大丈夫大丈夫、グーでやっただけだから」

    藍子「パーじゃなくて!? いや、パーでもダメですけど!」

    加蓮「そしたらPさん、すっごく軽くデコピンしてきてさ。ホントにぜんぜん痛くはなかったんだけど、それからなんかニコニコしてんの。こういう男同士のケンカっぽいのもいいな! って。うん、第二撃」

    藍子「なんだか、マンガでありそうな……熱血? ですね」

    加蓮「絶対私のキャラじゃない。Pさんがさー、最近なんか生意気なんだよね。流行くらい調べてます、みたいな顔で、ドヤ顔であれこれ言ってくる」

    藍子「そうなんですか?」

    14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/06/13(月) 18:24:19.62 ID:+/bFE9TB0

    加蓮「しかもだいたい間違えてないから侮れないし。そういうとこ、相変わらず真面目でいいんだけどさ……」

    加蓮「真面目すぎるんだって。なんで尽く女の子扱いから外れるかな。後で聞いてみたら、素直に怒られたのが嬉しかったって。もうホントに意味分かんないよね。本音を隠したりなんて……昔じゃないんだから」

    藍子「Pさんはきっと、加蓮ちゃんがいろんな表情を見せるから、不安になっちゃったんですよ」

    加蓮「素直でいなくて済む貴重な相手でーす。でさ、スイーツブームに乗れなくてちょっと寂しかったりするんだ」

    藍子「甘さ控えめ、って最近はあまりありませんよね」

    加蓮「頑張ってカロリーを抑えつついかに甘味にするか。そしてクリームだばー、シュガーだばー。いや、分かるけどさ。みんなそういうのが好きだもんね」

    藍子「見ているだけで胸焼けしちゃいそうです」

    加蓮「……ちょっとは身体が弱い子にも配慮しろー! 胃が死ぬんだー!」ジタバタ

    藍子「きっとそのうち来ますよ、甘さ控えめスイーツブームっ」

    加蓮「絶対来ない。知ってる。ってことで藍子、私の分まで流行りのスイーツをいっぱい食べてください。そしてめいいっぱい美味しそうな顔をしていてください。私からのお願いです」

    藍子「はーいっ」

    加蓮「…………そんで太れ」

    藍子「……何かぼそっと付け加えませんでしたか?」

    15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/06/13(月) 18:24:49.21 ID:+/bFE9TB0

    加蓮「筋肉がつくよりお肉がついた方が。あ、ううん、今のままでぜんぜんいいんだよ? 思いつめなくていいからね?」

    藍子「…………」ペタペタ

    加蓮「寂しそうな顔で膝をぺたぺたすなっ」

    藍子「でも――」

    加蓮「ああもう……。肉付きのいい子ならアンタじゃなくてもいるでしょ? でも私は藍子に膝を貸して欲しい。藍子だからいいの――もういい!? なんか急にこっ恥ずかしくなってきたんだけど!?」

    藍子「……ふふっ、ありがとうございます、加蓮ちゃん」

    加蓮「もー。さっきまでスイーツの話をしてたのになんで急にこんなマジな話……」

    藍子「……♪」モグモグ

    藍子「ごちそうさまでした」テヲアワセル

    加蓮「珈琲でも飲む?」

    藍子「ううん、今はお腹がいっぱいです。カロリー抑えめでも、けっこうお腹にたまっちゃうみたいで」

    加蓮「その辺もダイエットに最適なんだよね。……ふふふ、ダイエット。ふーん、ダイエットねぇ……」ククク

    藍子「か、加蓮ちゃん?」

    加蓮「ダイエットしたければ軽い怪我でもして1日くらい病院にお世話になってみるといいと思うよ。病院食っていう超マズイご飯を食べたらダイエットするなんて馬鹿馬鹿しい発想消えてなくなるから。ふふ、ふふふ」

    藍子「加蓮ちゃんが悪役っぽい顔で笑ってる……!」

    加蓮「もっと食べようキャンペーンとか興してダイエットという風習をこの世界から消――あ、駄目だ、私がそんなに食べられない」

    加蓮「よし、藍子」

    藍子「加蓮ちゃんのお願いでもそれは嫌ですっ」

    加蓮「くそう」

    16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/06/13(月) 18:25:19.14 ID:+/bFE9TB0

    藍子「逆に、ちょっと食べるだけでいっぱいカロリーが摂れるものを探してみましょう」

    加蓮「アイス。よーしこの夏はアイスをいっぱい食べるぞーっ」

    藍子「おー♪」

    加蓮「…………いや、なんか違う気がする……」

    藍子「?」

    17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/06/13(月) 18:25:49.14 ID:+/bFE9TB0

    加蓮「美味しい物を食べられない人生って9割損してるよね。そして甘ったるい物を食べられない私は6割は損してる」

    藍子「じゃあ、他のところで得しないと駄目ですねっ」

    加蓮「前向きー」

    加蓮「…………」

    加蓮「……いーよ。その分、藍子がいるから幸せだし」

    藍子「ふぇっ?」

    加蓮「ん?」

    藍子「あ、ええと……あ、あはは、それならよかったです。私も加蓮ちゃんと一緒で幸せですっ」

    加蓮「そっか」

    藍子「…………」

    藍子「…………怒らないでくださいね?」

    加蓮「うんうん」

    藍子「ちょっぴり不気味です」

    加蓮「やっぱり?」

    18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/06/13(月) 18:26:19.47 ID:+/bFE9TB0

    加蓮「1回マジモードに入ったんだからさ、どうせだからいつもなら絶対言わないこととか」

    加蓮「……でも不気味ってひどくない? 素直に気持ちを伝えろって言うの藍子なんだよ? なのに素直になったら不気味って、それひどくない?」

    藍子「ごめんなさいっ。でも、嬉しかったのは本当ですから!」

    加蓮「ひどいなー、ひどいなー」

    藍子「うぅ……どうしたら、機嫌を治してくれますか?」

    加蓮「さー。……すみませーん、珈琲お願いします。藍子は飲み物、いいんだよね?」

    藍子「あ、はい、大丈夫です」

    加蓮「ん、お願いします。……スイーツの話をして、ついでに藍子がティラティスなんて食べるから。雰囲気酔いじゃないけどそんな感じだね、きっと」

    藍子「ですね。……それなら、甘い物を用意してゆっくり食べれば、雰囲気に酔って加蓮ちゃんは素直になる……?」

    加蓮「夜になって布団に入ってジタバタしたくないのでやめて」

    藍子「その時は、私が側にいますねっ」

    加蓮「逃げ場がない!」


    19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/06/13(月) 18:26:49.61 ID:+/bFE9TB0


    □ ■ □ ■ □

    加蓮「珈琲ありがとー。……え? ティラティス? あー……どうなんだろうね、藍子」

    藍子「豆乳クリームを使ったティラミスが、ティラティスって言う……のかな? 別のカフ――じゃなくてっ、別のお店で見たことがあるんですっ」

    加蓮「テレビとか見てみると分かりやすいんじゃない? ……店員さん、そこまで必死にメモ取らなくても……」

    加蓮「藍子、いろいろ教えてあげたら? なんかこれもう店員さんより藍子の方がカフェに詳しいんじゃ――」

    藍子「きゃっ。な、泣きつかれても困りますっ。私はただカフェが好きなだけで……うぅ、それでいいなら、今度、お店のメモとかでいいなら……」

    加蓮「ふふっ」

    20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/06/13(月) 18:27:19.21 ID:+/bFE9TB0

    加蓮「……今日2度目の超ニコニコスマイルであっち行っちゃったよ」

    藍子「なんだか……いいんでしょうか?」

    加蓮「いいっていいって。珈琲美味し~」ズズ

    加蓮「次にカフェに来る楽しみができたね。次か、その次か。どんな変化が待ってるかな?」

    藍子「……ふふっ。どんな変化なんでしょうね?」

    加蓮「ね。抜け駆けして1人で来て、藍子にドヤ顔で教えちゃおっかなー」

    藍子「駄目です」

    加蓮「……うん、ごめんごめん。そんなマジ顔されるとは思わなかった。分かってる、ちゃんと藍子も誘うよ」

    藍子「楽しみにしていますね。あっ、コーヒー、一口だけもらってもいいですか?」

    加蓮「どーぞ」

    藍子「ありがとうございます……♪」ズズ

    21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/06/13(月) 18:27:49.45 ID:+/bFE9TB0

    藍子「はい、加蓮ちゃん」カエス

    加蓮「ん。……ご飯とかスイーツならあーんって食べさせてあげられるけど、飲み物でそれやると大惨事になりそうだよね」ズズ

    藍子「服にこぼれちゃいますね。あと、テーブルとか、鞄にも」

    加蓮「……口移し?」

    藍子「ええっ」

    加蓮「あはは。どう? 試しにちょっとやっ」

    藍子「そっそういえば加蓮ちゃん! ちょっと前に何か言いかけてやめちゃいましたよね! あれって何だったんですか!?」

    加蓮「……ふふっ。何か言いかけてやめちゃった? ……そんなことしたっけ?」

    藍子「ほら、おにぎりを注文した後に……私といえば、って言いかけて、そうしたら店員さんが来ちゃったから、聞きそびれたんです」

    加蓮「んー、何言おうとしたんだろ? ちょっと思い出せないや。ま、たいしたことじゃないと思うよ」

    藍子「そんなことはないはずですっきっととっても大切なことですから思い出してくださいほらほらっ!」

    加蓮「そこまでゴリ押ししなくても、話を蒸し返してからかったりしないってば」

    22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/06/13(月) 18:28:19.29 ID:+/bFE9TB0

    加蓮「なんていうかさ、ホントに大切なこと以外は執着しないように決めたんだ、私」

    藍子「執着しない、ですか?」

    加蓮「うん。前のこと、昔のこと、いちいち掘り返したりこだわってたりしたらまた変な話になっちゃうもんね。それよりは、ほら。1分で脱線させて、いろんな方向に行く方が楽しいかな? って」

    藍子「へぇ……」

    加蓮「なので藍子の言う何かを言いかけた時の話はさっぱり覚えてませーん。藍子もすっぱり忘れることだね」

    藍子「むぅ。ちょっと気になっちゃいます。今日は眠る時間が遅くなっちゃうかもしれません」

    加蓮「大変だー」

    藍子「その時は加蓮ちゃん、お話に付き合ってもらえますか?」

    加蓮「それ以上に気になるような話を振ればいいんだね?」

    藍子「それじゃあ余計に寝不足になっちゃいます!」

    加蓮「あははっ。まるで身体のどこかが痒いから、手を抓って痛みで誤魔化すみたいな物だね」

    藍子「あれ、あんまり誤魔化せませんよね……」

    23 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/06/13(月) 18:28:49.27 ID:+/bFE9TB0

    加蓮「痒いって言えば……そろそろまた蚊がウザい時期になるなぁ」

    藍子「蚊取り線香を出さなきゃ。眠る時に蚊の音が聞こえたら、大変ですっ」

    加蓮「あるある。あれもうホントにウザいっていうか寝れなくなるよね」

    藍子「じゃあ、その時は私がお話に付き合いますねっ」

    加蓮「だいぶイライラしてるだろうから藍子に八つ当たりしまくるよ?」

    藍子「いいですよ?」

    加蓮「……サラッと来たね。そのこころは」

    藍子「加蓮ちゃん、機嫌のいい時は冗談ばかりなのに、本当に辛い時には何も話してくれませんから。それなら、八つ当たりでもなんでも聞かせて欲しいです」

    藍子「……って、前から言い続けてるのに、私、加蓮ちゃんのお悩み相談とか、ぜんぜん聞いたことがない気がします」ジトー

    加蓮「アンタは私に悩んでいて欲しいの?」

    藍子「そうじゃないですけれど……」

    24 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/06/13(月) 18:29:19.26 ID:+/bFE9TB0

    加蓮「ん。……まぁ藍子だから……」

    藍子「?」

    加蓮「なんでも。……薄着だと蚊に刺されやすいよね。近づいてきた蚊が絶滅するようなスプレーとか無いかなぁ」

    藍子「しっかり準備しても、噛まれる時には噛まれちゃいますよね」

    加蓮「病弱キャラを活かして長袖でひと夏を過ごす」

    藍子「暑すぎて、倒れちゃいそう……」

    加蓮「もしくは特殊能力」

    藍子「マンガのお話ですか?」

    加蓮「うんうん。こう、近づいた生物をみんな弱らせる……みたいなの、どう?」

    藍子「でも、特別な誰かは近づいても平気なんですよね。それとも、平気なフリをしているだけなのかも」

    25 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/06/13(月) 18:29:49.19 ID:+/bFE9TB0

    加蓮「もし私がホントにそうなったら――ああうんいいや、だいたい想像つくし……」

    加蓮「じゃあ藍子がそうなったらどうする? こう、身近な人がさ、藍子に近づいたらみんな苦し」

    加蓮「――ああうん分かったゴメン。あからさまに悲しそうな顔しないで」

    藍子「想像なら、もっと幸せな物にしましょう。ほらっ、逆に、加蓮ちゃんに近づく人がみんなぽかぽかする、なんて」

    加蓮「まるで魔法みたいだね。や、どっちも魔法か……。魔法使いか、魔女か」

    藍子「いい魔女だってきっといますよ。森の奥に住んでいて、のんびりしていて……ときどきやってくる旅人さんに、スープをごちそうするんです」

    加蓮「スープには睡眠薬が。無防備に口にした旅人は哀れ――」

    藍子「きっと魔女さんは、旅人さんがお疲れだって思って気を遣ったんですね!」

    26 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/06/13(月) 18:30:19.18 ID:+/bFE9TB0

    加蓮「ベッドに寝かせた魔女は、しかしここ数ヶ月、新鮮な人間を食べていないことに気がつく。つい魔が差してしまった魔女は、」

    藍子「気持ちよさそうに眠っている旅人さんの顔を見て、考えなおすんです」

    加蓮「このままでは衝動が収まらない。ふらりと家を出た魔女。しかしそこで旅人が目覚める」

    藍子「魔女がいないことに気がついて、辺りを探しまわるんです。湖のほとりで、苦しそうにしている魔女を発見しました」

    加蓮「大丈夫ですか? と何の備えもなく近づく旅人へ――」

    藍子「大丈夫、って無理して笑います。でも旅人さんは、すぐに様子がおかしいことに気がついて」

    加蓮「殺されるくらいならいっそ先に殺してしまえ」

    藍子「って、親に教えてもらっていた旅人さんですけれど、あまりに我慢強く笑う魔女さんにほぐされて」

    加蓮「長きに渡る旅に嫌気が差し死のうとフラフラしていたことを思い出した旅人は、自分の肉ならいくらでも食べていいと」

    藍子「でも魔女は、それをゆっくりと断ります。それから、旅人さんが頑張って生きられる道を探すんです。長い長い旅が始まって、最後には、魔女も旅人さんも幸せに暮らしましたとさ。めでたしめでたしっ」

    加蓮「…………」

    藍子「…………」ニコニコ

    27 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/06/13(月) 18:31:19.40 ID:+/bFE9TB0

    加蓮「…………」

    藍子「…………」ニコニコ

    加蓮「……なんかさー」

    藍子「?」

    加蓮「藍子とこうしてカフェで一緒にのんびりできてることが、すっごく不思議な気がしてきた」

    藍子「似ていて違うから、楽しいんですよ。きっと」


    28 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/06/13(月) 18:31:49.17 ID:+/bFE9TB0


    加蓮「すっかり晩ご飯の時間」

    藍子「晩ご飯のお時間になっちゃいましたね」

    加蓮「人生について語ると長くなっちゃうねー」

    藍子「……人生についてなんて語っていましたっけ?」

    加蓮「ハッピーエンドが好きかバッドエンドが好きか、的な?」

    藍子「加蓮ちゃんだって、本当はハッピーエンドが好きなくせに」

    加蓮「好き嫌いと合う合わないは別だよ。ポジティブが好きなネガティブ思考だっているでしょ? さて、ご飯は何にしよっか」

    藍子「さっきティラティスを食べたから……今度は、辛い物が食べた――」

    加蓮「ほほう」キラン

    藍子「わ~っ今の無し、今のは無しですっ。普通の定食でいいです!」

    29 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/06/13(月) 18:32:19.53 ID:+/bFE9TB0

    加蓮「"限界を超えた"激辛ラーメンだって。一言コメント・ラーメン屋には負けない辛さ!。さ、挑戦してみよっか?」

    藍子「嫌です、絶対に嫌ですっ。私は普通のでいいんです。そんなに気になるなら加蓮ちゃんが食べてください!」

    加蓮「晩ご飯の時間なんだし、動けなくなったら藍子にもここにも迷惑かけちゃうから止めとくよ」

    加蓮「っと、連絡しとかなきゃ――あ、メールが来てる。うん、相変わらず分かってるって文章だね……お母さんったらウザいなぁ」

    藍子「じゃあ、私も――」ガサゴゾ

    藍子(あっ……Pさんからメッセージが来てる。ここに来た時に送った文章の、返信――)

    藍子(…………)「と、私のところにもお母さんからメールが来ちゃってます」

    加蓮「連絡寄越さなかった罰としてゆるふわ時間半分カット! みたいな?」

    藍子「だ、だめですっ、それをカットされたらもう生きていけませんっ」

    加蓮「……かなり冗談で言ったけどそういうものなの? ゆるふわ時間って」

    30 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/06/13(月) 18:32:49.16 ID:+/bFE9TB0

    藍子「うぅ……そんなこと言われると、メールを確認するのが怖くなっちゃって……加蓮ちゃん、私の代わりに見てくれませんか?」スマフォワタス

    加蓮「はいはい」ウケトル

    加蓮「どれどれ――」(……ん? 何のメッセージ? 差出人は……Pさん?)

    加蓮「藍子?」チラッ

    藍子「……?」

    加蓮「…………??」シセンオトス

    加蓮(『そこまで言うなら藍子に任せてみるよ。加蓮が無理しそうにしてたらすぐ止めてくれよ?』)

    加蓮(…………んー?)

    加蓮(っと、藍子のお母さんからのメールはっと)ポチポチ

    加蓮「ん」スマフォカエス

    藍子「あの、お母さんからのメールにはなんて……」

    31 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/06/13(月) 18:33:19.30 ID:+/bFE9TB0

    加蓮「なんか今度、私を連れて来て欲しいんだって。そっか、そういえば藍子の家ってほとんど行ってないから……またどうせアレでしょ、私のことを言いふらしてるんでしょ?」

    藍子「言いふらすなんて。加蓮ちゃんのことを、いろいろな人に知ってもらいたいだけですっ」

    加蓮「吹聴なんてしなくてもさー、ほら、テレビとかに出てるんだし私」

    藍子「それだけじゃなくて……アイドルの加蓮ちゃんだけじゃなくて、私の側にいてくれる女の子のことを、ちゃんと知ってもらいたくて」

    加蓮「はあ」

    藍子「……加蓮ちゃんのことを教えてあげると、お母さんもお父さんも、クラスメイトも、みんな、少し意外だって言うんです。イメージじゃない、って」

    加蓮「私のこと?」

    藍子「はい。そういう人には見えないって……もちろん、いい意味でですよ?」

    加蓮「……キャラ作ってる訳じゃないんだけどね。悪く言われてないならいいのかな」

    32 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/06/13(月) 18:33:49.38 ID:+/bFE9TB0

    藍子「ふふっ♪ あ、それで、お母さんからのメールに書いてあったの、それだけですか? ……お、怒ってたりは」

    加蓮「やれやれまたかって雰囲気だったけど、怒ってはないと思うよ。……っていうかうちのお母さんと同じような反応してたからたぶん大丈夫なんじゃないかな? 呆れられてるとは思うけど」

    藍子「うぅ、やっぱり。最近、そういうことがちょっぴり多くなっちゃって……」

    加蓮「前にアルバムの話をした時も呆れられたって言ってたね」

    藍子「それと、アイドルのことで――」

    加蓮「は?」

    藍子「へっ?」

    加蓮「……?」

    藍子「あ、ううん……加蓮ちゃん、なんだか今、すごく怖い顔になっちゃった気が……?」

    加蓮「あ、あぁ、あはは……。ごめんごめん。いや、アイドルの仕事とかさ、何か文句言われたのかなぁって反射的に思っちゃって……うん、ちょっと過剰になっちゃってた。ごめんね?」

    藍子「いいえ、大丈夫ですっ」

    33 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/06/13(月) 18:34:19.21 ID:+/bFE9TB0

    藍子「呆れられたのは……その、アイドルのお話とかしていると、つい、力が入りすぎちゃうことがあって」

    加蓮「藍子はたまに弾けちゃうもんねー」

    藍子「でも、お母さん、なんだか嬉しそうなんです。一生懸命になれることが見つかって、良かったね、って言ってくれました!」

    加蓮「おめでと、藍子」

    藍子「あと……加蓮ちゃんや、Pさんのお話をした時……同じようになっちゃって」

    加蓮「うん」

    藍子「からかわれちゃいました。そんなに好きなのか、って」

    加蓮「……ってことは」

    藍子「大好きですっ、って言ったら、なぜか頭を撫でてくれて。ふふっ、身の回りの、ちょっぴり不思議なお話です♪」

    加蓮「……うん、私にも今この瞬間に身の回りの不思議なお話が1つ生まれたよ」

    藍子「?」

    34 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/06/13(月) 18:34:49.59 ID:+/bFE9TB0

    加蓮「さ、晩ご飯晩ご飯。何なら今から藍子の家に行く? 迷惑じゃなかったら、だけどね」

    藍子「ううんっ、今日はここで晩ご飯を食べるんです♪」

    加蓮「はーい」パラパラ

    藍子「…………」

    藍子「……むー」

    加蓮「?」

    藍子「加蓮ちゃん、前にも同じことを言った気がします。ここで一緒にご飯を食べることが、そんなに嫌なんですか?」プクー

    加蓮「前? ……言ったっけ?」

    藍子「ぶー」プクー

    加蓮「…………」


    35 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/06/13(月) 18:35:19.26 ID:+/bFE9TB0


    加蓮「さーて今日は家でご飯食べよーっと。お母さん、今から頼んだらご飯作ってくれるかなー?」スクッ

    藍子「なんでそうなるんですか加蓮ちゃんのばかぁ!」

    36 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/06/13(月) 18:35:55.97 ID:+/bFE9TB0
    おしまい。
    読んでいただき、ありがとうございました。

    37 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/06/13(月) 21:01:59.87 ID:6Ep2fPAM0
    乙、できれば過去作のurlかトリ付けて欲しい
    38 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/06/13(月) 21:24:52.96 ID:G3JoYleHO
    乙です。
    そろそろ番外編で店員ちゃんが出てきてもおかしくない


    39 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/06/13(月) 22:04:28.21 ID:+/bFE9TB0
    読んでいただきありがとうございます。そして、いつもコメントありがとうございます。
    コメントはまとめて頂いた所の物を含めて可能な限りぜんぶ見てます。見ながらニヤニヤしてます。感謝です。


    >>37
    過去作のタイトル一覧で勘弁してくだせー

    ――過去作一覧――
    <単発:短いお話>
    北条加蓮「菜々ちゃん、ちょっと学校の宿題を教えてよ」

    北条加蓮「マイアイドル?」

    北条加蓮「一番の宝物」

    喜多見柚「もちつもたれつ!」

    北条加蓮「普通の、9月5日」

    モバP「街路樹に銀杏色が視える頃」

    北条加蓮「今月のカバーガール?」

    北条加蓮「あっという間の」安部菜々「1年でした!」

    安部菜々「12月10日に生まれたもの」

    北条加蓮「藍子に『メルヘンデビュー!』を踊らせてみた」

    高森藍子「菜々さんへの誕生日プレゼントが思いつかない……」


    <単発:短くないお話>

    道明寺歌鈴「もしも藍子ちゃんと加蓮ちゃんが逆だったら」

    モバP「Y.Oちゃん談義」相葉夕美「岡崎泰葉ちゃんだよね?」

    高森藍子「蓮の華と鈴の音が、小さな小さな花へと届く」

    綾瀬穂乃香「もし柚ちゃんのプロデューサーが加蓮ちゃんだったなら」


    <単発:続き物っぽいもの>
    高森藍子「お酒が飲める歳になって」

    北条加蓮「お酒が飲める歳になって」

    安部菜々「いつか来る試練……!」

    高森藍子「隠されてしまったらいいのに……!」

    北条加蓮「……叫ぶことがない!」

    高森藍子「賑やかな冬になりそうですっ」

    安部菜々「空想を」北条加蓮「現実にする人」

    道明寺歌鈴「藍色!」北条加蓮「思い出達」相葉夕美「お花っ」

    相葉夕美「CDデビューのメンバーに私の名前がないんだけど!?」


    <シリーズ連載中:レンアイカフェテラスシリーズ>
    北条加蓮「藍子と」高森藍子「カフェテラスで」

    高森藍子「加蓮ちゃんと」北条加蓮「カフェテラスで」

    高森藍子「加蓮ちゃんと」北条加蓮「膝の上で」

    北条加蓮「藍子と」高森藍子「最初にカフェで会った時のこと」

    高森藍子「加蓮ちゃんと」北条加蓮「たまにはジャンクフードでも」

    北条加蓮「藍子と」高森藍子「今度は、室内の席で」

    高森藍子「加蓮ちゃんと」北条加蓮「今度は、室内の席」

    高森藍子「加蓮ちゃんと」北条加蓮「誕生日の前の日に」

    北条加蓮「藍子と」高森藍子「あなたの声が聞こえる席で」

    北条加蓮「藍子と」高森藍子「膝の上で にかいめ」

    高森藍子「加蓮ちゃんと」北条加蓮「いつもの席で」

    高森藍子「加蓮ちゃんと」北条加蓮「涼しいカフェテラスで」

    北条加蓮「藍子と」高森藍子「10月下旬のカフェで」

    高森藍子「加蓮ちゃんと」北条加蓮「11月のカフェで」

    高森藍子「加蓮ちゃんと」北条加蓮「温泉にて」

    北条加蓮「藍子と」高森藍子「いつものカフェで」

    北条加蓮「藍子と」高森藍子「記念パーティー前の時間を」

    北条加蓮「藍子と」高森藍子「あたたかなカフェで」

    北条加蓮「藍子と」高森藍子「膝の上で さんかいめ」(投下時の表記は「膝のうえで」)

    高森藍子「加蓮ちゃんと」北条加蓮「今年初のカフェで」

    北条加蓮「藍子と」高森藍子「晴れた日のカフェで」

    高森藍子「加蓮ちゃんと」北条加蓮「写真の話でもしながら」

    高森藍子「加蓮ちゃんと」北条加蓮「久しぶりに晴れた日のカフェで」←New!!



    おすすめ記事
    アイドルマスターシンデレラガールズの関連記事
                
                                      

    コメント

            

            

     

    ブログパーツ

    最新記事