Article

        

早苗「かんぱーい!」

2018/ 12/ 18
  • タグ:川島瑞樹 安部菜々 片桐早苗

  •                  
    シンデレラガールズ 目次

    1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/10/30(日) 20:50:56.36 ID:2x7623tUo

    瑞樹「かんぱーい!」


    菜々「……」


    早苗「ぷはー! やっぱり仕事の後に飲むルービーはたまんないわねー♪」


    瑞樹「あ、この唐揚げ美味しい」


    菜々「……」


    早苗「プロデューサー君も呼んだほうがよかったかしら」


    瑞樹「女子会しようって言ったのは早苗ちゃんでしょ」


    菜々「……」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1477828256

    2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/10/30(日) 20:51:56.03 ID:2x7623tUo

    早苗「どうしたの菜々ちゃん?」


    瑞樹「ドライのほうがよかった? ごめんなさいね。この店キリンしか置いてないみたいなの」


    菜々「いや銘柄の問題じゃなくて! なんで私まで……」


    瑞樹「あ! 菜々ちゃんひょっとしてハイボール派?」


    早苗「かー! まったく最近の若いもんは!」


    菜々「じゃなくて! 私一応17歳のJKっていう、その、あれじゃないですか!」


    瑞樹「もー。こんなときくらいその設定忘れなさいよ」


    菜々「設定って言わないでください!」


    早苗「じゃあソフトドリンクにする?」


    菜々「……」


    菜々「……」


    菜々「生で」


    早苗「^^」

    3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/10/30(日) 20:52:43.32 ID:2x7623tUo

    瑞樹「ナナで……ふふっ」


    早苗「楓ちゃんでももっと面白いこと言うわよ」


    瑞樹「えーそうかしら」


    菜々「……もしファンやマスコミに見つかったらどうしましょう」


    瑞樹「17歳設定なんて、どうせバレバレだから大丈夫よ」


    菜々「うそぉ!?」


    瑞樹「って言うのは冗談で、変装してるから大丈夫よ」


    早苗「もーいいから飲め飲めー!」

                
    PICK UP!

    4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/10/30(日) 20:53:21.45 ID:2x7623tUo

    早苗「すみませーん! 瓶ビール2本とグラス3つください!」


    菜々「瓶? ジョッキじゃなくてですか?」


    早苗「なーんか、瓶ビールってジョッキとはまた違った感覚で飲めて好きなのよねー」


    瑞樹「わかるわ」


    菜々「グラス空けるとすぐ注がれちゃうから、ジョッキのときより多く飲んじゃうんですよ~」


    瑞樹「わかるわ」


    早苗「……」


    早苗「この中だったら私が一番美人よね」


    瑞樹「わからないわ」


    早苗「そこは『わかるわ』って言うとこでしょ!」

    5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/10/30(日) 20:54:08.67 ID:2x7623tUo

    ……


    早苗「みんなビールの銘柄ってなにが好き?」


    菜々「プレミアムモルツですかねー」


    瑞樹「ギネスかしら」


    早苗「お洒落ぶってー! やっぱドライでしょドライ! ドゥルルルルルァァァァイ!」


    瑞樹「ほかのお酒だとどう? 例えばカクテルとか」


    早苗「カクテルぅ~? ……シャンディガフとか、レッドアイとか?」


    瑞樹「ビールばっかりね」


    早苗「あいらぶびあーの精神よ! 生が一番だけどね。――あ、お兄さん。瓶ビール3本追加で」

    6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/10/30(日) 20:54:46.94 ID:2x7623tUo

    瑞樹「菜々ちゃんは?」


    菜々「飲んだことないですけど、XYZが飲んでみたいです」


    早苗「なにそれ? なんだー? 菜々ちゃんもお洒落ぶってるのかー!?」


    瑞樹「珍しいの知ってるのね。見た目よりそこそこ強いわよあれ」


    菜々「あの……シティハンターで見ました」


    瑞樹「あー」

    7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/10/30(日) 20:56:12.92 ID:2x7623tUo

    ……


    瑞樹「女子会と言えば恋バナよ、恋バナ!」


    瑞樹「菜々ちゃんは誰が好きなの?」


    菜々「いや! 私はアイドルですから! 恋愛は御法度ですから!」


    瑞樹「私たちもアイドルなんだけど」


    早苗「じゃあじゃあ! みんな知ってる人だと、誰がタイプ?」


    菜々「えー!」


    瑞樹「それってだいぶ絞られるんじゃあ……」

    8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/10/30(日) 20:57:19.74 ID:2x7623tUo

    早苗「共通の知り合いじゃなくて、みんなが知ってる人ね。男性アイドルとか居るじゃない」


    瑞樹「ああ、なるほど。因みに早苗ちゃんは誰がタイプ?」


    早苗「あたしはやっぱり天ヶ瀬冬馬かなー。格好いい」


    瑞樹「315プロの? 以外ね。ああいう軟派な感じは駄目なのかと思ってたわ」


    早苗「天ヶ瀬冬馬は硬派も硬派! ド硬派よ! 軟派なのは伊集院北斗ね」

    9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/10/30(日) 20:58:01.67 ID:2x7623tUo

    瑞樹「Jupiterって、元は961プロに居たのよね?」


    早苗「社長と馬が合わなくてケンカ別れしたらしいわよ」


    早苗「それからの頑張りとか知ってると、応援したくなっちゃうのよね~」


    瑞樹「わかるわ。私たちも頑張らないとね」


    早苗「そうね」


    早苗「……」


    早苗「今日が最高のスタート!」


    瑞樹&早苗「だぜっ!」


    早苗「あはははは! ハモった!」


    瑞樹「くふふふふ! だって振りだったでしょ」

    10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/10/30(日) 20:58:48.98 ID:2x7623tUo

    菜々「……」


    瑞樹「菜々ちゃん?」


    早苗「ひょっとしてよく知らない話題だった? ごめんね」


    菜々「プロデューサーさん」ボソ


    早苗「え?」


    菜々「気になる人……」


    瑞樹「……」


    早苗「……」


    瑞樹「この話はやめましょうか」


    早苗「そうね」


    菜々「そんな、なんでですか! お二人も教えてくださいよー!」


    瑞樹「……」


    早苗「……」


    菜々「ふえぇぇ~ん!」

    11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/10/30(日) 20:59:35.06 ID:2x7623tUo

    ……


    瑞樹「あら、もうこんな時間」


    菜々「そろそろお開きですかね」


    早苗「なにー! まだ飲み足りないぞー! 二軒目だー二軒目ー!」


    瑞樹「はいはい。明日も仕事でしょ」


    菜々「すみませーん! お会計お願いしまーす!」


    男店員「はーい! あれ、君……」


    菜々「えっ!?」ギクッ


    男店員「君可愛いねー! 俺そろそろバイト上がるんだけど、二軒目とかどう?」


    菜々「は、はぁ……」ホッ

    12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/10/30(日) 21:00:09.76 ID:2x7623tUo

    瑞樹「ちょっとぉ! この美人を差し置いて!」


    早苗「そうだそうだ! 菜々ちゃんは渡さないぞー!」ギュ


    菜々「ちょ、ちょっと! この状況で名前呼ばないでくださいよ!」


    早苗「えー! じゃあウサミ――」スパーン!!


    早苗「いったぁ……どこから出したのそのハリセン……」


    菜々「まったくもう!」


    男店員「あ、あのぉ……」


    菜々「お兄さんも! 仕事中なんですから、お客さんナンパしちゃだめでしょ!」


    菜々「もう遅いんですから。バイトが終わったらまっすぐ家に帰って、お風呂入って、歯磨きして寝る!」


    菜々「わかりましたか!?」


    男店員「は……はい」


    瑞樹(まるでお母さんだわ)

    13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/10/30(日) 21:00:50.59 ID:2x7623tUo

    ……


    菜々「では私はここで。早苗さん、大丈夫ですか? ちゃんと帰れます?」


    早苗「うぅ~……頭痛い」


    菜々「もう。飲み過ぎですよ」


    早苗「この頭痛は本当にお酒だけなのだろうか」


    瑞樹「早苗ちゃんは私が送っていくわ」


    早苗「かたじけない」


    瑞樹「今日はありがとね。また明日」


    菜々「はい! ありがとうございました!」


    早苗「バイバイ~イ」ヒラヒラ

    14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/10/30(日) 21:01:39.22 ID:2x7623tUo

    ……


    ◆翌日◆


    菜々「おはようございますぅ……」


    瑞樹「いたたた……」


    P「二人ともどうしたんですか? 風邪?」


    菜々「二日酔いです……」


    瑞樹「昨日、早苗ちゃんの三人で飲んで……」


    P「はぁ……まったく、なにやってんですか社会人が……」

    15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/10/30(日) 21:02:10.01 ID:2x7623tUo

    P「あれ、そう言えば早苗さんがまだ来てないな」


    トゥルルルルルル


    P「はい、もしもし」


    早苗『あぁ~、プロデューサー君? ごめん。今日二日酔いで無理……』プッ


    ツー ツー ツー …


    P「」


    翌日、3人はこっぴどく怒られました。


    おしまい。

    16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/10/30(日) 21:03:03.78 ID:2x7623tUo
    以上。山なし落ちなしの三人の日常でした

    読んでくださってありがとうございました
    依頼出してきます



    おすすめ記事
    アイドルマスターシンデレラガールズの関連記事
                
                                      

    コメント

            

            

     

    ブログパーツ

    最新記事