Article

        

裕子「みえぬとてうかぶひと」

2018/ 12/ 14
  • タグ:白坂小梅 堀裕子 姫川友紀 片桐早苗 安部菜々 双葉杏 ◆ganja..OLI

  •                  
    シンデレラガールズ 目次

    1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/04/08(金) 21:54:08.79 ID:hT6wK8Tf0

    モバマスですよ

    Paみのあるゆるーい話だと思います。たぶんね。

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1460120048

    2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/04/08(金) 21:56:40.84 ID:hT6wK8Tf0

    小梅「そういうことしちゃ、だめ……」

    小梅「も、もう、知らない……!」プイッ

    バタン



    裕子「あうあう……」



    4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/04/08(金) 22:01:00.17 ID:hT6wK8Tf0

    ガチャ

    友紀「おっはよーございまーす。どしたの?小梅ちゃんすごい勢いで出てったけど」

    裕子「えっと、その、喧嘩して……」

    友紀「ええ?喧嘩?小梅ちゃんが?」

    5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/04/08(金) 22:04:40.44 ID:hT6wK8Tf0

    ガチャ

    早苗「おはよー。なにー?喧嘩はダメよー?」

    友紀「ユッコちゃんと小梅ちゃんが喧嘩しちゃったみたい」

    裕子「ええっ?!喧嘩なんてしてませんよ~」

    友紀「あれ?小梅ちゃん喧嘩したって」

    裕子「そうです!それで珍しく怒っちゃって」

    早苗「でもユッコちゃん一人……ん?」

    裕子「え?」

                
    PICK UP!

    6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/04/08(金) 22:10:22.23 ID:hT6wK8Tf0

    友紀「あ、もしかしてーあの子、とか?」アハハ

    裕子「わかってるじゃないですかもー」アハハ

    友紀「ごめんごめん……あれ、マジか、マジかー」

    早苗「マジかーじゃないでしょねぇちょっと何が居るの」ガクガク

    友紀「早苗さん揺らさないで脳が揺れる脳が」グラグラ

    裕子「顔色悪いですよ?」

    友紀「あたしの?」

    裕子「早苗さんの」

    早苗「あたしこういうの苦手なの知ってるでしょ友紀ちゃんはぁぁああ」

    友紀「んー?覚えてないやー。耳から入って口から出てるかな」

    早苗「なんで覚えてないのよ吐きなさいこのっこのっ」ガクガク

    友紀「だから吐いたから覚えてないんですって吐いちゃう吐いちゃう」グラグラ

    裕子「アイドルとして吐けとか吐くとかどうなんでしょう」

    友紀「本当のことだし」グラグラ

    裕子「顔色悪いですよ?」

    友紀「早苗さんの?」

    裕子「友紀さんの」

    友紀「ウッ」

    裕子「あー!早苗さんストップストップです」

    7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/04/08(金) 22:17:02.97 ID:hT6wK8Tf0

    友紀「のどがすっぱい」

    早苗「ごめんって」

    友紀「慣れてますって」

    裕子「早苗さんにも怖いものあったんですね」

    早苗「だって幽霊ってこう……折れないじゃない」

    裕子「折れない……?」

    早苗「首とか」

    裕子「おまわりさーんこの人です」

    友紀「この人おまわりさんです」

    早苗「元ね」

    裕子「あっほらおっかないこと言うから怯えちゃってるじゃないですかー可哀想に」

    早苗「何が?ねえ何が見えてるの?」

    裕子「幽霊さんも見えないでサイキックも何も無いじゃないですかー」アハハ

    友紀「そっかーユッコちゃんも見える人だったかー」

    裕子「霊視ストユッコです!」ドヤッ

    友紀「それ外では言わないほうがいいなぁ二重の意味で」

    8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/04/08(金) 22:22:25.47 ID:hT6wK8Tf0

    早苗「なんでそんなに冷静なのよぉ」

    裕子「昔から遊び相手になってもらったりしてましたし」

    友紀「早苗さんのほうがこわい」

    早苗「ッ」キッ

    友紀「アイドルがしちゃいけない顔でこっち見ないでこわい」

    早苗「フーッフーッ……?なによユッコちゃん」

    裕子「え?」

    早苗「あれ?テーブルの向こう側……でも肩ポンポンって、え?」

    裕子「してないですよ?」

    早苗「肩叩いたわよね?」

    裕子「叩いてないですよ?」

    早苗「サイキック?」

    裕子「使ってないですよ?」

    早苗「で゙も゙ぽ゙ん゙ぽ゙ん゙っ゙でざれ゙だも゙ん゙」

    裕子「あの子さんですよ?」

    早苗「あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙」ギュウウウウ

    友紀「いててて抱きつかないで腕が取れちゃう」ギギギ

    裕子「あまりにも早苗さんが錯乱しすぎてあの子まで心配してるんですよもー」

    友紀「あたしの心配もしてほしいな」

    早苗「あ゙あ゙あ゙……」ギリギリギリ

    友紀「早苗さんのおっぱいって大きいんだなぁ」ギギギパキッ

    裕子「あー!早苗さんストップストップです」

    9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/04/08(金) 22:27:21.83 ID:hT6wK8Tf0

    裕子「収まりました?」

    早苗「ちょっとだけ」

    友紀「痛みが収まりません」

    早苗「ごめんって」

    友紀「慣れてますって」

    裕子「怖がること無いと思うんですけど」

    早苗「そりゃ見えなくて触れなくて触られるんじゃ怖いわよ」

    裕子「でもちっちゃくて可愛いですよ」

    友紀「小梅ちゃんぐらい?」

    裕子「小梅ちゃんぐらい」

    友紀「かわいいなぁ」

    早苗「なんか物震えてるんだけどカタカタ言ってるんだけど」

    裕子「あの子さんは照れ屋さんなので」

    早苗「ううううう」プルプル

    裕子「早苗さんも照れ屋さんですかね」

    友紀「羞恥心とかあったんだ」

    早苗「ぶ゙っ゙飛゙ば゙ずわ゙よ゙」ギウゥ

    友紀「しがみつきながら言われてもなー」

    早苗「ゔゔゔゔゔ」ギギギ

    友紀「あっごめんなさい痛い痛い」

    裕子「落ち着いてくださいってばー!」

    10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/04/08(金) 22:32:09.46 ID:hT6wK8Tf0

    早苗「あたしだってね……見えて殴れればね……」

    友紀「とりあえず殴る発想アイドルとしてどうだろうなー」

    裕子「ほらーまたあの子さんが怖がっちゃってるじゃないですかー」ヨシヨシ

    早苗「ねえ何撫でてるのもおおおおお」ギュッ

    友紀「早苗さんそろそろ慣れて首しまってるから」

    早苗「あ゙だじが゙じん゙じ゙ゃ゙っ゙でも゙い゙い゙っ゙でい゙ゔの゙」ギギギギ

    裕子「何もされてないじゃないですか」

    友紀「あ゙だじも゙じん゙じ゙ゃ゙い゙ぞゔ」ミシミシ

    早苗「ゔゔゔゔ」ギリギリギリ

    友紀「ゔゔゔゔ」ギリギリギリ



    小梅「……」ガチャ

    裕子「あっ小梅ちゃん!」

    小梅「あ、あの……」

    裕子「あの子さんならここに!小梅ちゃんを待ってましたよ」

    小梅「えっと、そうじゃ、なくて……友紀さん……」

    友紀「」グタァ

    裕子「え?あ、あー!早苗さん!ストップ!友紀さん死んじゃう!」

    11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/04/08(金) 22:37:30.80 ID:hT6wK8Tf0

    小梅「ゆ、友紀さん……死体みたいな顔で、カワイイ……」

    友紀「川の向こうで北の侍が手を振ってた。あんなところに居たんだぁ……」

    裕子「早苗さんも手加減してあげてくださいよー」

    早苗「ふざけてるんじゃないの……本当に怖いの……」

    裕子「えーと、それで小梅ちゃんはあの子さんに話があるんですよね」

    小梅「う、うん……」

    裕子「ふふっ、あの子さんも話したがってましたよ」

    小梅「ちょっと……向こうで話してくるね……」



    友紀「うんうん。仲直りできそうで良かった良かった」

    早苗「何もない空間に話しかけてなければほっこりできたのに……」ブルブル

    12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/04/08(金) 22:42:59.34 ID:hT6wK8Tf0

    小梅「えへへ……みなさん……ありがとうございました……」

    早苗「いいのいいの。あたしその……ちょっと震えてただけだし。ちょっとだけね」

    友紀「あたしは死にかけただけだし」

    早苗「ごめんって」

    友紀「あたしのトラウマとして早苗さんの顔のシワぐらい刻まれたよ」

    早苗「何それぇ!あた、あたしの顔が老けてるって言いたいの?!」

    友紀「ちっとも気にしてないって事ですって」

    早苗「やだ何ちょっと照れるじゃなーい。あたしが綺麗ってこと?」

    友紀「綺麗でしょ」

    早苗「て、照れるじゃなーい!」ベシベシ

    友紀「いたいほめたのにいたい」

    裕子「何をしてんですか」

    小梅「夫婦……漫才……かな」

    13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/04/08(金) 22:48:10.87 ID:hT6wK8Tf0

    友紀「……そういえばさ、結局小梅ちゃんとあの子ちゃんってなんで喧嘩してたの?」

    早苗「ああ、そういえば聞いてなかったわね」

    小梅「えっと……あの子が、ワンちゃんを拾ってきちゃって……それで誰が面倒みるのって」

    早苗「まぁもちろん普通のワンちゃんじゃないのよね……」

    友紀「あたしも昔拾ってきて怒られたなぁ」

    早苗「霊を?」

    友紀「霊でなくて」

    裕子「でも仲直りできたみたいで良かったです!」

    早苗「それで2人と1匹仲良しで一件落着かなぁ」

    友紀「これでまぁ早苗さんもやっと落ち着けるかなー」

    小梅「1匹……じゃ、ないよ?」

    早苗「え?」

    小梅「いっぱいね、ちょこちょこしてて……カワイイ、よ?」

    友紀「なに?野球できるぐらい?」

    裕子「うーん1チーム組めるぐらいなら」

    友紀「うわぁ」

    裕子「初めてきた場所だから興味津々ですね」

    早苗「ゔゔゔゔゔ」ギュウウ

    友紀「あーもぉおおお抱きつかないでもおおおお」

    14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/04/08(金) 22:53:02.97 ID:hT6wK8Tf0

    小梅「あ……もうこんな時間……えっと……そろそろ暗くなっちゃうから……帰ります……」

    裕子「ムム、確かにサイキック帰宅タイムですね。一緒に帰りましょう!」

    友紀「ほらー小梅ちゃんたちがワンちゃんたち連れてってくれるからー。後はあたしたち二人だって」

    早苗「ようやく落ち着けそうね……」



    小梅「?二人、じゃ……無いよ……?」

    早苗「え」

    小梅「あの子、とか……ワンちゃんたちじゃ、なくて……もう一人……居る、よ」

    早苗「え」

    裕子「それでは、お疲れ様です!」

    小梅「お疲れ……さま……です」バイバイ



    ガチャ バタン



    早苗「あっちょ」



    早苗「え?」

    友紀「……早苗さーん。あたしも帰って「ん゙ん゙ん゙ん゙ん゙」駄目だよねー……」

    15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/04/08(金) 22:57:53.06 ID:hT6wK8Tf0

    早苗「も゙じも゙じ瑞゙樹゙ぢゃ゙ん゙今゙夜゙泊゙め゙で」

    早苗「久゙じぶ゙り゙に゙楓゙ぢゃ゙ん゙どゆ゙っ゙ぐり゙じだい゙っ゙で何゙」ギュウウウ

    早苗「切゙ら゙れ゙だ」

    友紀「あーはいはいそっとしといてあげようね」

    早苗「友゙紀゙ぢゃ゙ん゙ヴヂに゙来゙で」

    友紀「えー」

    早苗「びどり゙じ゙ゃ゙寝゙れ゙な゙い゙」

    友紀「わかったから降りて自分で歩いて」

    早苗「腰゙が゙抜゙げぢゃ゙っ゙だ」

    友紀「じゃあもうおんぶでいいです……」



    ガチャ バタン



    「……」



    16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/04/08(金) 23:01:57.89 ID:hT6wK8Tf0

    ガチャッ

    菜々「お疲れ様でーす!あれ、誰もいない……」

    杏「ん……」ムクッ

    菜々「あっおはようございます!杏ちゃんまた寝てたんですか?」

    杏「うん、いや、まぁ、起きてたといえば起きてたけど……」

    菜々「もー、あんまりごろごろしてると夜ねれなくなっちゃいますよ」

    杏「……菜々ちゃん、今日泊まりに行っていい?」

    菜々「えっ?明日はお仕事も無いですから大丈夫ですけど……おうちまで1時間かかりますよ?」

    杏「いいからいいから。杏にだって一人が寂しい日ぐらいあるんだよ。ふふふ」

    菜々「もー、杏ちゃんはあまえんぼですね♪」

    バタン

    17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/04/08(金) 23:05:21.72 ID:hT6wK8Tf0
    という感じでおしまいおしまい

    Paみあったかな、なかったかな。
    読んでくれた人がいたらありがとう。次があったらよろしくおねがいしますね。

    18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/04/08(金) 23:05:46.93 ID:O1YKj1QgO
    おつ!
    19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/04/08(金) 23:11:34.06 ID:qi8V9u/FO
    杏ちゃんが全部持ってった感あるけど
    ユッキのごまかし方がうまくて笑った




    おすすめ記事
    アイドルマスターシンデレラガールズの関連記事
                
                                      

    コメント

            

            

     

    ブログパーツ

    最新記事